My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


センチュリーライドの参加記念品



雨で中止になった2014ライドについてのもろもろが、先日主催者から送られてきた。

毎年走行時に車体に付けるゼッケンと、これも毎年もらっている完走証。
記念品として地元産のコースターも付いていた。

私も年3回ほど違うジャンルの大会を運営する側に入っているが、今回のように当日ジャッジを迫られる局面は滅多にない。
あてにならない最近の気象予報の中、主催者側も苦労されたことと思う。
ともかく、来年は開催されることを祈りたい。

あれだけ励んでいたヒルクラ練習はどうなったかというと、レース予定日であった8月第1週以降、全国的にもそうだが延々と土日は天気が悪く、走りたくても走れない状況が続いていた。

この3連休は天気は申し分なかったが、初日と2日目が野球観戦で、さすがに3日目は動く体力はなかった。
来週からは天気さえよければ2〜3時間でも走りたい。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




今週もヒルクラ無し



土曜日はほとんど雨が降ってなくて、さほど風もなかったんで結果論で走れなくもなかった。
日曜日は昼からは快晴だったが、山岳派なので、いろいろ落ちていたり、山側から水も出ているだろうから、走れっこない。

画像は土曜日の台風が来る前にさかんにNHKで流されてた映像。
別に地区の人と知り合いというわけではないが、毎週のように行くところだけに心配。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




四国近辺の自転車の大会


2014年


○四万十・足摺無限大チャレンジライド 2014年3月1日・2日


○ツールドにし阿波(阿波池田) 2014年5月25日


○土佐センチュリーライド 嶺北・いの大会(土佐町) 2014年8月3日(受付6月上旬〜)


○石鎚山ヒルクライム(久万) 2014年8月31日(受付5月26日〜)


○淡路島ロングライド150(明石海峡公園) 2014年9月15日(受付5月10日〜)


○四万十ドラゴンライド(四万十市) 2014年10月12日・13日(受付7月24日〜)
書いた人 nippon | comments(0) | - |




2014土佐センチュリーライド 嶺北・いの大会中止

中止になりました。

うーん、この天候ではやむなしですね。

寝ますw

書いた人 nippon | comments(0) | - |




だから前日調整は








明日は、センチュリーライド当日。
この天気でもう気持ちは萎え萎えだが、とりあえず現地まで行ってみるつもり。
7:30に最終判断らしい。
開催でも参加キャンセル多いだろうなあ。


で、7月はアホみたいに忙しかったんで、結局intermax号の最終調整は前夜に。
2年前ほど切羽詰まってないとは言え、精神的ダメージは十分です。

ハンドルをITM420mmアナトミックから3Tアナシャロ400mmに交換。
当然バーテープ交換

走行速度を仲間と合わせないといけないので、サイコンをやっと装着。
これ久しぶりだとメーター側のボタン押してやらないと自動検知しないということに15分くらい経過後気づいた。
あまりに反応しないんで、フォークに付けるほうの電池が無くなったのかと思ったわ。

試走の結果、ポジション的にはかなり乗りやすくなったと実感。
ただ、ディレーラー調整に失敗していてフロントがやばい。
明日現地調整だわorz

てゆうか早く寝ないと。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140729

昨日、春野球場へは自転車で山越えして行く予定が、oebea号の前のタイヤに空気がどうしても入らず、プレーボールに間に合わなくなるためやむなく自動車で。
最終調整も兼ねてと考えていたので、少し予定が変わった。


本日は午後の会議が16時前に終了し、その後特に用もなかったので、これ幸いと山に向かい、いつもの大日神社までを1本。
3連休を最後に負荷の高い練習はしていないため、脚はよく動く。
峠までとも思ったが、家からはボトル1本しか持っていけず、ドリンク不足のためよした。


夜、やっと念願のアミノバイタル500ml用が買えた。
ドラッグストアでも置いていないところが多く、以前買ったところに先週行ったらアホみたいにコーナー整理してて買えずじまいだった。
溶かさずにそのまま飲むスティックタイプのは結構置いているので、このドリンクタイプはポカリやアクエリとかぶっててかつ値段も高いのであまり売れないのかもしれない。
私自身、違いも実感してはないのだが、なんかアミノ酸って良さそうな感じってことと、1袋が500ml用なので買っている。

今日買ったお徳用は20袋入で1800いくらだったんで、単価は90円くらい。
150円のペット買うよりは安いからいいんじゃない。


しかし、ここのところ無理矢理自転車という趣味を生活に取り入れてるので、時間的なしわ寄せが多くてキツイのなんの。
結局睡眠時間を削ってる有様で、息入れているヒマがない。
自転車に乗るのは好きなんだが、来年は5〜7月の過ごし方をうまく整理しないと自分がしんどいな。



<本日の練習>
4.9km 5.5%



宗安寺の下流の堰 18時でもまだ泳いだりしてる


今日買ったアミノバイタル 500cc用
書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140727

今日も暑そうで、早朝に目覚めたものの2時間ほど逡巡したあげく、
「一人だし、イヤになったらすぐ帰ればいいや」
ということで出発。

朝9時前だったが、まだ平地をゆっくり走ってる時点から汗が落ちる。
結果から言うと、大日神社まで、4.9km 5.5% を一本で終了。
暑くて体はしんどいが、脚は正直で練習した分、勝手に上がっていく感じ。
合計2時間ほどであったが、最後のほうは調子が出てきたりしていた。


いつもの大日神社


いつもの大日神社前

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日はヒルクラ無し20140726

この高温注意報で亡くなっている人もいる中、坂上りはちょっと。
ライドの最終準備もあり、買い物を少々。

バーテープは、ハンドルを元の仕様に戻すのに必要。

ボトルゲージはミノウラのスチールやつを両方つけていたが、ダウンチューブのほうが、すそ幅の広い綿パンのすそで何度も引っかけてしまい変形。
ボトルが落ちるほどではないが、スパっと入らないのが気になるので、定番チウッシエリートに。
orbea用なんで重さよりミノウラとの形状整合重視。

PIのソックスは、裏に滑り止めがついているということで買ったが、ホムセンで買ったのよりゴムの面積が少ないような(´・ω・`)


書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140721

フツーに真夏の炎天下でしたな。

昨日ポジション再調整し、今日は調整を入れながらの走行。
前日よりも遙かに乗りやすい状態で快適快適。

今日も行川コースで、2回目は水場のある峠手前のロータリーまで、この3連休で初めて到達。
ここは最近ゴミが多いので、土木事務所に苦情入れようと思っていたら綺麗になってたw

さっきまでバリバリ運動していた筋肉を即冷やすというのは、個人的にはあまりないんで、ここでこれがものすごく、人間の本能的な部分で快感なんだとわかる。
(注:この方法は汗をかきにくくなるとか賛否両論あります)
マラソンやっていた頃も、途中でももに水かけたりしてたが。
普段タンスの隅に転がっているリストバンドは、このときばかりはものすごく役立つ。
水を含ませて、首の後ろにあてれば一気に体温急降下&回復したような気になる。
この水による冷却効果はかなり大きくて、つい3回目も上りました。
半分までだけど。

この3日間
「ひとり熱中症だけは避けよう」
と思っていたんだが、今日の冷却効果を見ると、給水だけでは不十分のようだ。
オーバーワークになりすぎないように、どこかで体温を上げすぎないよう休憩を取る必要があると痛感。
競技者じゃないので、ノンストップで上ったからって、どうってことないんだから。


スペシャのクッション付きグローブは、「クッション無しよりマシ」以上の効果はありました。
今後はこればっかりになりそう。


<今日の練習>

4.9km 5.5%

5.5km 5.6%

2.7km 4.9%


水浴び場


いつもの峠から


そのアップ





宗安寺 今日は人大杉
書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140720

今日も暑かった。

とりあえず前日と同じ仕様で出発したが、やはりポジションの合ってない自転車に乗るのは苦痛。
入りから気が重かった。

行川・森商店〜大日神社 5.5% 4.9kmを1本。
下ってきて、2回目を上り始めたが、暑さのせいか予想外に脚にきていて、これ以上自分に無理を強いたら、自転車に乗ることを嫌いになりそうなので退却。

前日、少し夕寝をしたのはよかったが、珍しく夜寝付けず睡眠時間が短かった。
睡眠も大事な練習のひとつだ。


夕方、実家へパーツほかを取りに行って、可変式ステムに戻し、ハンドル位置を近め・高めに調整して終了。

前傾が少ないとか、見た目なんかどうでもいいんです。
そこまで求められる展開は皆無だし。
私が快適に乗れないと、楽しくない、意味がない。







昔マラソンしていたときに飲んでいたエネルゲンをボトルに入れていたが、最近入手が困難に。
やむなく今シーズンからあまり値段が変わらないアミノバイタルにした。
で、残量が少なくなったので、めったに市中に買い物に行かない私がドラッグストアに行ったら、3連休の間の夕方というのに、サプリコーナーの改装をやっているという意味不明さで買えず。
んなこた平日午前中にでもやれよ。
よ○やドラッグはヴァカなのか?!

前回購入時の写真




明日の密やかな楽しみとしては、スペシャの新グローブ。
現在使っているのがかなりボロボロになってきたので、手のしびれ防止も兼ねて、クッション付きにしてみた。




<今日の練習>
4.9km 5.5%
書いた人 nippon | comments(0) | - |




カーボンフレームのヘッドセット小物組み立て



コラム周辺の具合がおかしくて、いろいろネットで調べたが、はまる情報がないので、仕方なく自分でやることに。


私のヘッド回り部品は至ってシンプルで大まかには4点。
・上ワン(左上下)
・下ワン(左上下)
・玉押し?(右上)
 ※画像と少し違うかも
・カーボン製トップカバー(右下)

細かく言えば、トップカバーにはダストシールと呼ばれる薄いラバーが付いてたりする。


下ワンは最初からステアリングコラム(ヘッドチューブの中に入る部分)の下のほうに入っている(遊動状態)ので、よほどフォークをどうにかしない限りは抜けない。
よって問題は上のパーツ。
ヘッドキャップは一番上だから除外。
となると、上ワンと玉押しのみだ。

結果から言えば、この2枚セットが完全に逆だった・・・・・・
上ワンなんか向きでわかりそうなもんだが、フォークが抜けた後、とりあえずパっと差し込んで、
「先にハンドル合わせとかをすませて、後で確認しようっと」
となり、そのままになってしまったパターンか。
何はともあれ、ショップに行かないといけないかと思っていた心配事が立ち去ってくれた。


下がintermax号から外した、フォークを差してからはめていくもの。
(下ワンはフォークを差した時点で、すでにヘッドチューブの下)
左端から順にはめていく。
・上ワン
・玉押し(割れ目あり)
 ※上ワンに玉押しをはめ込む感じ。
・カーボン製トップカバー
・スペーサー

で、この上にステムを取り付け、さらにトップキャップをはめて終了。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140719




今日は、出がけは風もあって、楽勝かなと思ったが、湿度が高かったせいかまったく期待は裏切られた。
じわじわと体力を奪われる感じ。


そろそろ8月3日の本番に向けて最終ポジションを確定させたくて、昨夜ハンドル回りを変更。

・ステムをUNOの可変式からノーマルスタイルへ
・ハンドルを400mmアナシャロから420mmアナトミックへ

で、これがド裏目
麻雀で「切ったら来た」みたいな。

5キロほど走った時点で
「いややっぱりこれはないわー」
と。

何よりブラケットが遠い遠い。
最初に嶺北走ったときとほぼ同じ状態。
ステムは、先週可変式をストレート状態で使っていたので、この部分だけでは1、2センチ長くなった程度だろう。
加えて、ハンドル幅が広くなることにより距離も遠くなることも考慮してはいたが、思ったより差が大きかった。
ある程度、あちこちの標準データに基づいてセッティングしているのだが、
私の場合、
・前傾イヤだ
・ハンドル狭くても別に呼吸に関係ない
・こんなだから下ハンしっくり持てるパターンがなかなかない
ということらしい。

加えて、走行中のコラム付近の異音。
先週も走行中、
「取り回し固いなあ。カーボンだから?」
と思っていたところだった。
昨夜、作業をしている間、うすうす気づいてはいたが、先週はなかった異音までとなると、どうも余計に状態を悪くしてしまったらしい。

走りながらいろいろ考えていたが、ここまでの違和感なら試走時に気づいているはず。
心当たりがあると言えば、可変式ステムに交換していたときにフォークが自重で抜けてしまい、ヘッドパーツが散乱したこと。
となると、また部品を無くしたのか?!

そんなこんなで、暑さとバイクの状態の悪さと心配とで気が乗らず。
行川・森商店〜大日神社 5.1% 4.3kmを2本で終了。
これねえ、結構キツイよ。
梅ノ木の坂とはホントに大違い。


<今日の練習内容>
5.1% 4.3km 2本
書いた人 nippon | comments(0) | - |




フルクラム レーシング3 を使ってみて

諸事情あって、実際いいのかどうかは、まだ先。
8/3のライドの後、ホイール変えて走ってみてからか。


最初からいいホイールしか体験してないので、グワッとよくなった感はあまり無いだろうし。

スタートは、ボントレガーRACELITEでリムが青のモデル。
当時の販売価格は不明だが、2013モデルは前後で69,000円とレーシング3と遜色ないグレード。

RACELITE系の印象は、とにかくハブがよく回る。
特に朝のアーケードの中では、ほとんどこぐ必要がないくらい。
一度も手入れもしていないが、劣化している感じはない。

それも含めて、RACELITE2組と、RACE X LITEを1組、これらが体験したホイール。
RACE X LITEは、非カーボンのハイエンドモデル(多分)なので、レーシング1に近い感じか?


先週、実際に乗った印象として、ハッキリ言えるのは、
ボントレガーRACELITEと遜色はない
ってこと。

実際、intermaxのフレームとボントレガーの組み合わせでは、あまり距離を乗っていないので、何とも・・・ってとこだが、パフォーマンス的に落ちている気はしない。

回転は、フレーム取付時に手回しした際はみょうに固くて
「ハズレ?!」
とビビったが、実走ではこなれてきたのか悪いとは思わなかった。
上りがすこしきつくなるとこでダンシングするとスイッスイッ感はある。

ただこの感覚は、このところの集中的な乗り込みで、自力が付いている部分もあるかもしれんし、orbeaよりフレームはかなり軽いし、パーツはアルテからデュラでその辺でのパフォ向上もあるかもしれんし。

まあそんなこんな事情ではっきり結論までは。。。。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




VETTA ナイトビジョン 3L その2

先日購入したTOPEAKのフロント用ライトをintermax号に付けようと思いきや、大きいサイズのハンドルには対応してないんだなこれが。
まったくネジが届く気配がない。

で、愛用しているVETTA ナイトビジョン 3Lが、ネジ式ではなくロックタイ方式で大きさ自在のためそちらを取付。

TOPEAKは入れ違いでorbea号へ。
こちらは別のライトのものだが、調節可能なゴムで固定するヤツがあるので、ライトのボディの大きさは無関係。
ゴムだけでは衝撃で飛ぶことがあるので、ロックタイをクロスでかましておけば万全だ。

VETTA ナイトビジョン 3Lは、単4電池なので入手が安価かつ容易なところがいい。
これってすごく重要で、CR123Aとかは電池に気を遣わなくてはならず、本末転倒である。
光量は強いってほどではないが、まぶしすぎずいい案配。
もう4年使ってるのか。
今も売ってたら絶対買う。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




フルクラム レーシング3にシマノのスペーサー  結果編 

フルクラムレーシング3に標準で付いている11s→10s用のスぺーサーを無くし、シマノのものを付けてみました。

この土日実走した結果、一応使えることが判明しました。

オリジナルスぺーサーで走った経験がないため、
「変速のかなりシビアな部分まで一緒か?」
「パーツ的に無理はないのか?」
までは自信がありませんが、フツーに乗れました。

※購入・取付は自己責任でおやりください。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140713






今日は、昼から雨予報だったので、行川の上りを後回しにしたら、またできなくなる予感がして、最初から行川ルートへ。

天候がよすぎて、ダンシングも必要なく息切れもなく、気抜けするほどあっさりクリア。
一番最初に行川ルートに来たときは、小学校の上の左岸に渡る橋のあたりで引き返していたことを思えば感慨深い。
今度はいつもと逆に梅ノ木を下る。
県道分岐のヘアピンカーブの標識をこちらから見て、初めてここが横矢ホヲシガエリ地区だということに気づいた。
しかし「高知市まで1 44km」って何だ?

そこから峠までを1本。
一度大日神社に下って、急坂ダンシングを多少やってから昼過ぎに終了。

しっかし、その後は雨も降らず、時折日までさす始末。
天気予報ってほんとダメだわ。


急坂上りって昼間は何ともないけど、夜になると結構疲労感が回ってくる感じ。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140712

峠から高知市を望む


梅ノ木入り口ヘアピンにて



いやあ、とにかく暑かったすねえ。
家で空気入れてる時点で汗が落ちてたから予想はしてたが。

今日は午後3時間ほど自動車を運転しなきゃいけなかったんで、普段は乗って帰ったあとにたいがい昼寝or夕寝してることも考慮し、軽めにしたかった。
加えて、木曜日夜に興味本位で食物繊維ほぼ100%パウダーを、小さじ1杯飲んだら、金曜日早朝からqあwせdrftgyふじこlp状態だったし。。。

当初、梅ノ木坂、行川坂上り各1本と思っていたが、最初の梅ノ木上がっている時点でよすことを決意。
自分の中のコミッセールと交渉し、いつもの旧第4小往復2本と、峠まで1本で終了。
こんだけ暑いと、あの行川の激坂上がる気になれん。


今日は、interemax号のポジション確認と、初実走のフルクラムR3を試しながらのポタリング。
途中で何度か止まって六角レンチで調整。
あらためて思ったが、座骨痛はサドルじゃなくて、カーボンフレームに由来しているような。

フルクラム純正スペーサーの代用にシマノのを使うのは、とりあえずOKみたい。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




クランク取付ボルトだが実際取り付けてはいない

「クランク取付ボルト」


クランク固定はここで



こちらの「クランク取付ボルト」も到着した。

到着までの間、いろいろ見ていたら、
このボルトはクランク取付用ではなく、防塵用らしい。

まずこの「クランク取付ボルト」をねじ込む。
続いて、クランクの固定は、矢印の「クランク締め付けボルト」で行う。
クランクの固定と同時に、「クランク取付ボルト」にも締め付けが加わり抜けにくくなるという理屈らしい。
要するに、この「クランク取付ボルト」は無くても走行は可能ってことだ。

まあこんなトホホはパソコン自作ヲタの頃に何度も経験済みだから。
別に泣いてないから。。。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




フルクラム レーシング3 11s のスペーサー






先日無くしたスペーサー

シマノ製品が代替可能なのかどうか、ネットで探しても情報がまったくないので、仕方なく人柱に。

シマノスモパNo.1に頼もうとしたら、在庫がないとのことで、急ぐゆえ他店へGO。
幸い、すぐに送ってくれた。
10速には2種類スペーサーが必要とのこと。
うち薄い方は9s・10s兼用のボディに使う際のもので、今も付いているヤツと知りつつも念のために注文した。

件の1.85mm(多分)のやつは、またなくすかもと2枚注文した。
一応表裏があり、一方からは入るが逆からは入らない。
奥までもっていっても、どこにひっかかるわけでもなく
「おいおい、これやばくね」
と思いながらも、薄いほうのスペーサーをさらにかましてフリーをセットしてみたら一応締められたし、乗らない状態だが変速もしている。

あとは土曜日の実走待ち。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




部品をなくす人

前回紛失時の画像(1)

前回紛失時の画像(2)

前回紛失時の画像(3)



intermax号のクランク取付ボルトがまた消失=2回目
ホイール出し入れしてたら、左クランクがコトンと。

これどこで落ちるんだろうなあ。

今回は練習で乗って、その後車で車体移動してだから、どっちかなんだけど、車で移動中はギヤのほうを上にして乗せるので、おろすときにクランクが抜けそうなものだが抜けてない。
ということは駐車場から家屋までの移動中か?
気づかないうちにコロコロコロと。
経路には、草木や溝があるので、探すのは困難。
2回目となると、パーツのクセが悪いのかもしれない。
次回は何かの接着剤を少量かまそうと思っている。
シマノスモールパーツ取り扱いショップに注文した


続いて届いたばかりのフルクラムのR3ホイール(11s)を取り付けたり外したりしてたら、今度はスペーサーを紛失。
これがないと使えません。。。
家の中から出していないのに、これもコロコロコロと、ありえないような場所に転がっていったのか出てこず。
シマノ用で代用できるかは不明だが、これも注文した


R3ホイールに新品タイヤをはめていたら、お約束でパンクさせてしまった。
最後のハメコミでなく、別の場所でチューブがきちんと収まっていなかったようだ。
「チューブはストックが3,4本あったはず」
と思っていたら、28インチとか、28c〜とか合わないのばかり。
過去に購入したタイヤと一緒にサービスでもらった品もあったが、
「サイズ違うんかいっ」
と。
土曜日に、近所のDEP0に買いに行ったら最安で税込み1,118円。
「え? 700〜800円のモデルとか置いてないの?」
と思いつつホイール用と携行用でやむなく2本買ったが、殿様商売っぷりにはあきれた。
ナチュラムで、送料無料キャンペーンをやっているのを知り、早速利用。
「1本当たり500円も違うって・・・・・・」
まとめて6本注文した


金額的にはそうたいしたものじゃないけど、今週は、いろいろと届くわ。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140706

峠から高知市方面を望む


昨日走れなかったので、今日は少々の雨でも行く気だったが、幸いなことに降るか降らないか程度だったので、みじんのためらいもなくLETS GO。

intermax号は部品トラブルのため、今日はORBEA号。
さすがにスポークが折れたばかりのホイールは避け、後輪だけRACELITEに交換した。

サドルは元々intermax号に付けていて先週ケツ痛になった硬質アスピデをORBEA号に、intermax号には軟弱Jel入りサドルを移し替えずみなわけで、マイクロアジャストをいじるのは面倒なので、先週苦労したアスピデで行くことに。
結果として、先週ほどではなかったがやはり慣れない。

ヘアピン分岐〜旧第4小学校折り返しを2本、3回目で峠まで上がった。
なんで峠2往復にしないかというと、100個石を積んで崩されるより、10個積んで崩されるほうがダメージが少ないという賽の河原理論である。
峠のすぐ手前が結構キツイので、あまり行きたくないのは内緒。

ちなみに
ヘアピン分岐〜旧第4小学校 距離3.6km 平均斜度3.8% 
ヘアピン分岐〜峠 6.0km 3.8% 
ここは、嶺北ライドの
地蔵寺〜郷の峰トンネル 7.0km 3.5%
の予行演習。


行川の森商店〜峠 5.5km 5.6%
ここは、
R194ヘアピンドライブイン跡〜新大森トンネル 4.7km 6.6%
の予行演習 と考えてやっている。



で、峠で小雨の中写真撮影の準備をしていて、左しかSPDを外していなかったもんだからバランスを崩し、
「あああ、倒れるぅ〜(笑)」
と思いながら、転倒。
下が芝生だったので余裕かましてたんだけど、左のふくらはぎの下あたりをフロントのアウターギアでひっかけてしまい、・・・・・・・・・・・・・・・。

一度下って、今日こそ行川ルートで峠までと思ったが、小学校まで上がってきたところで、リヤの軽いほうから3段分がスパっとはまらない状態に。
先ほどの転倒でディレーラーをぶつけたか。
雨の中、メカトラもイヤだし、傷に雨はしみるしで帰路に。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ヒルクラ行けず



自分で組んだボントレガーRACE X LITEのホイールのスポークが微妙な位置で折れた。
他のスポークとの接触部分?
かなりパンパンに張っていたので、この1本で強いゆがみが出てしまい、シューにあたって乗れない状態。
金曜日の朝乗ろうとしてすぐわかったが、木曜日の帰宅時にはこの状況で、気づかずに乗って帰ってきたものと思われる。

早速修復したが、もうこいつでは当面遠出はできない。
山中で乗っていた先週土曜日に、この状況にならなかったことに感謝。


ライドまであと1ヶ月を切ったが、本日土曜日も所用のため自転車には乗れず。
今日は天気もよかったんで、車で行く道すがら、何台も何台も走ってるの見たなあ。

ライド前の2か月間の土日はすべて練習にあてたいのだが、今年はなかなか。。。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140629




今日は天気も心配なさそうだったので、intermax号を始動。

しかしながら、サドルがいつものVELO gelから数倍固いアスピデに変わったことや、ポジションをライド用にきっちり合わせたので、前日まで乗っていたORBEAとはまったく異なったことにより、10キロほどでケツ痛発生。
乗り位置をずらしたりあれこれやってみて、多少楽になったりもしたが、行川に下って今度は逆ルート右回りで上っていたところ、再びぶり返してきて戦意喪失。
脚が無くなってきたのならまだがんばってカバーするが、こういった苦痛は苦手。

土曜日の半分くらいしかトレーニングは積めず残念。
加えて、ポジション変更による使用筋肉の微妙な違いや、痛みをかばう無理な姿勢をとったりしたので、距離を乗っていない割に疲労感が強い。

もうライドまで時間もないし、VELO gelに戻したら一件落着してほしいところ。

まあ1年前と同じことやらかしているわけだが。。。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140628

先週の土日6/21・22は仕事などもあってまったく走れず。
天気予報もよくなかったのであきらめがつくと思いきや、2日とも十分走れてた。


で、今日は2週間ぶりだったが、体が重かった。

前日夜、intermax号の整備もあり、実家に戻っていたのだが、
「庭の草刈りしないと。これはひどすぎ」
と気になって気になって(笑)

県道33号ヘアピン分岐〜峠を2本と思ったが、峠に上がるとそのまま言い訳して行川に下りそうだったので、分岐〜第四小を2往復。
3本目に峠まで登って終了。
距離的には、峠まで2本とそう変わらないかと。


峠から雨上がりの高知市を望む
書いた人 nippon | comments(0) | - |




パナの空気入れのバルブ用口金



先日、どこかで口金を落っことしてしまって、使えなくなっていたパナレーサーの空気入れBFP−GBG。

販売してないか探していたら、BFP−FV20というのがそれらしく、在庫2個のところを買い占めた(笑)。

今回は実家からの移動時にどこかに落としたようで、今後も持ち出すときは空気入れ終了後、口金を差し込んでから空気を入れる際と同様にレバーを倒して固定するよう注意が必要だ。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




TOPEAK UFO and  ・・・・・・



intermax号は、新品同様品だったので、素の車体以外には、ボトルゲージ1つ以外は何も無し。

ってことで、近所チョイ乗りまでは問題無かったが、ライドに出場するにあたっては、最低限のグッズは構えないといけない。


とりあえず、安全走行の必需品である前後ライトだが、特にフロント用についてはお気に入りのVETTAの製品を探しているのだが、もう生産されていないのかまったく売られていない。

で、さらに物色していたら見つかったのが、現在リア(シートポスト)用に使っているTOPEAKのもので、こいつは前後のセット。

フロント用電源がCR123Aと微妙なんだが、値引き加減に負けて購入。
リアのUFOタイプは言うこと無しだぜなんだが、未体験のフロントがどうかってところ。
CR123Aを使っているライトは、とにかく明るいので、問題は充電関連だけ。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140615

今日は、朝9時半出発。
intermax号のポジション合わせetcもあり、ORBEAに乗るのも今日ぐらいにしておかないとと思い、記念に平家の滝方面へ。

オレンジ橋を越えた先の小学校跡の坂道がお値打ちなので、そこまで行くことに。
さらに上は、ワンワンがいっぱいいるので、行かぬが吉。


今日は、鏡地区いっせい道普請の日だったのか、あちこちが綺麗になっていた。
オレンジ橋から下ってきて、今度は梅ノ木方面へ。
2日目で結構キツイ感じだったので、旧第4小学校で折り返そうと思っていたら、すぐ手前で草刈り作業の真っ最中だったので、そこで折り返し、都合1.5往復。

帰宅後、実家に行きささっとintermax号のフレ取り調整終了。
ホイールのフレもあったが、リヤブレーキの固定も少々ゆるかった。


今日は、最近平家の滝ではなく梅ノ木のほうになぜ行きたくなるかが何となくわかった。

1)上るときに右側が山手なので、山の茂みに気を遣わなくてよい
2)県道なので道がそこそこ手入れされており、草木が少なめ
3)野生生物との出会いが少ない


旧鏡第三小学校


久しぶりのオレンジ橋
書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140614

昨夜、実家にライドで乗るつもりのintermax号を取りに行ったが、後輪のリムがORBEA号同様、スプロケの反対側に偏っていて乗れる状態ではなかった。
しかも、ニップル回しを持参しておらず、調整はあきらめた。

もうひとつの目的は、パナレーサーの空気圧計付きポンプの仏式用の口金がどこかで落下して行方不明だったので、実家に落ちていればと思ったのだが、こちらもなく、結局手ぶらで帰ってきた。


今日は朝9時に出発。

いつもの平家の滝・梅ノ木方面分岐のヘアピンから領家の峠まで上がるルートを上って下って3往復。
結構楽勝と思いながら往復していたが、3本目の半分過ぎたあたりで急激にパワーダウン。
筋力面でのスタミナの問題か、栄養補給面の問題かは不明。
明日、どっちなのかをを探りたい。

スローペースで、上りが30分、下りが20分程度。
(大会以外はメットをかぶらないので、基本スローです)

峠から高知市街方面 10時くらい


峠から高知市街方面 正午くらい
書いた人 nippon | comments(0) | - |




フレ取りwithセンターゲージ



今月最初に走った際に、大いに後輪にフレが出てしまい、中断みたいな形で帰ってきた。

その日のうちに実家でフレ取りをして、
「オレもうまくなったもんだ」
と悦に入っていたのだが、月曜日にいざ取り付けて乗ろうとしていたら、またシューに当たる。

「なぜだい?」
と思ったら、やたらスプロケの反対側に全体が寄っている。。。

そうdeath。
センター出しをすっかり忘れてた。
見事にハブの中心はとらえているのだが(笑)

最初に組むときに多少合わせたような記憶はあるが、その後長いことセンターゲージは使わなかったので、スプロケ反対側に一番フレていたところを基準に合わせたことが多かったみたい。
そんな状態で、飛ばしてはいないとはいえ、急な下りでブレーキングしたものだから、ホイールには相当ストレスだったろうし、大きなフレが出てもしょうがないわな。

で、またもや実家に帰ってセンターゲージを久々に持ち出して再調整。
第2週目走行後は、出発したときの状態とあまり変わらないという理想的な感じでした。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140608

午前中は、12キロのウオーキング

雨が降っていればいい口実になったが、晴れ間まで出ている始末。
やむなく昼食後、13時に出発。

今日も平家の滝には行かず、去坂のヘアピンを回って梅ノ木へ。

土曜日朝から運動三昧だったので、さすがにちょっと前日とは違った。
昨日と同じギヤに入れても重く感じる。
時間的にも体力的にも2周は無理なので、一度上ってきたルートを下り、もう一度上ることに。
峠で折り返すと練習を越えてイジメになるので、旧鏡第四小学校で折り返し。

それでもなんだこれは。
賽の河原か?!

峠の手前では、ヘナチョコダンシングを連発しないといけないくらいバテてました。

しかしながら、今週いろいろ試したおかげで、来週は3〜4周にトライする楽しみ?ができた。


今日も梅ノ木の旧鏡第四小学校


領家地区上にある峠から高知市内を望む


上の写真のアップ



書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140607

ライド向けトレーニング2週目。

最近数時間おきに内容が変わる天気予報で、夕べ遅く時点では今朝は曇り予報だったが、朝起きたら多少晴れ間が。

降ってきたらスタートしようとは思わないので、個人的にはかなり早めの9時前に出発。

先週行った梅ノ木コースがすっかり気に入ってしまい、今日も平家の滝へは行かず。
先週できなかった、2周目にもトライ。
昨日から結構涼しい感じが続いていて、今日はあまり汗はかかず、先週はゲージ用ボトル2本で足らなかったが、1本ですんだ。

もう少し天候がよければ、もう2周したかったが、2周目序盤にかなり降られたし、エネルギー補給も考えてなかったしで終了。

このコースがいいのは、息が切れるような傾斜はまったくないが、じわじわ上りがトゥルマレ峠まで続くので、気分次第で強弱を付けたトレーニングができること。
(まあ私は延々と弱弱なんだが)

次回から時間のある日は、多少はハアハアゼイゼイとなる平家の滝往復を加えて、さらに梅ノ木を回るコースを3〜4周するのを定番にしようかと考えている。
ほんとは工石山とか行って、さらなる急坂を上る練習をすればいいんだけど、年に数か月しか本格的に乗られない身にとっては・・・・・・。
きっと何年たっても上れません。


梅ノ木の旧鏡第四小学校


いつもの大日神社
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ママチャリ後輪タイヤ交換






実家のママチャリの虫ゴムをずっと前に交換したのだが、過日、
「最近また空気が抜ける」
と、母親が言うので様子を見に。

えっ、あれからもう4年たつのか w( ̄△ ̄;)w
ちょっと衝撃。

まあそれは置いておいて、考えられる理由はふたつ。
 ・当時交換した虫ゴムがこのたび寿命
 ・当時交換した虫ゴムが通常のように機能してない

とりあえず、虫ゴムを交換した。
数日後
「まだ抜けてる」
との連絡。
どちらかと言えば後者だったようだ。

虫ゴムを抜くときにバルブにくっついてる感満載だったし、入れるときも多少こびりつきによるであろう抵抗があったので、覚悟はしていた。
今回ダメになるまではなんとかなっていたが、もうこれ以上は無理なんだろう。
となると、後輪のチューブ交換しかない。
自転車屋に持って行くと、いまどき新車買ったほうがましといったデフレ時代なので、それも忍びがたく私が交換することに。

よりによって5月で一番暑かった日。
一番手こずったのは、一度フロントのギヤから外したチェーンを元に戻す作業。
「いざとなれば泥除け外せばいいや」
と思ってたら、これが一部直付け。
「こっちを外せば、こっちがかみこむ」の繰り返し。
クランク付近の取り外せる円形部分のスペースで悪戦苦闘するしかなく、最後はCRC5−56で回したときのかみこみを防ぎながら、何とかギヤにはめ込んだ。
30分近くかかったようで、もう汗ダラダラ。

最後は、もう1台あるママチャリを見ながら、複雑な順番を確認しつつ組み立て。
もう人生であんまりやりたくないわ(笑)

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140601

前回ヒルクラは、これか。

嶺北ライドまであと2か月となり、相変わらず短期間で準備しようとするいつものパターンに突入。
(というか、自転車は40も過ぎて、人生的に年間行事もほぼ固まったその後で入ってきた事象なんで、そのパターンを組み替えなければこの状態が続くんだよなあ。)

このところ、睡眠による休養を十分取れてないので眠れるがままにしたら、intermax号を実家に取りに行く時間が無くなり、長年の相棒ORBEA Mitis号で出発進行。

普段は通勤と町中乗りに使っているんだが、フロントギヤをインナーにしたとき、後ろの真ん中付近がオートマになりがちなんだな最近。

で、いつもの鏡村コースに。
宗安寺ではすでに大勢の人が水遊び中。
うらやましいことこのうえない。

当初、平家の滝を予定していたが、
 ・久しぶりだし
 ・直射日光強すぎ
 ・全然風吹いてない
の悪条件が重なり、無理をせず緑の多い梅ノ木方面に直行。

いつもは
「林の中って景色変わらないしつまんないよねー」
などと言ってることは内緒です。

「梅ノ木地区過ぎたらすぐ峠があってそのまま下り」
と、勝手に間違えて記憶していたものだから、その後が遠い遠い。

ながらも、峠下の水浴び場でほてった体を冷やすのは、えもゆわれぬ快感だった。


行川に下りつつ、あまりの物足りなさに、もう梅ノ木ルートをもう1周しようと画策。
旧鏡村役場付近まで来て、ペットボトルを1本購入し、さあと思ったら後輪が回らない。。。
はいているホイールは、自分で組み直したボントレガーのRACEXLITE

この件については、昨年、デザインが気に入って、カンパハブのものを後先考えず購入。
シマノ化するには、ハブ交換しか手段が無く、自分で組み直したというお話。

町中乗りを経て、何度かフレ取りをして落ち着いたものと思っていたら、急で長い下りのブレーキングで一気にフレが出てしまった。
ニップル回しは持っていないので、手でできる範囲で何とかリムがシューに当たるのは回避できたが、こんな状態で乗って制御不能になって谷底に落ちるのは避けたいので、本日は撤収。

こんなこともあろうかと、先月ホイールを注文していたが諸般の事情でキャンセルせざるをえなかったのがちょっとな。

あわよくば、ライドもこれでと思っていたが、今後もある程度フレが出続けるなら、眺めて楽しむ街乗り専用か。


梅ノ木(左)か平家の滝(右)かの分岐点カーブ


森林浴サイクリング


鏡小山と領家の間の峠


水浴び場


走行マップ(○印が画像1の分岐点)
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ヒルクライまらない日々



パーツを取り寄せて、ひととおりポジション調整が完了したINTERMAX号。
あとはバーテープ巻くだけだが、長らくこの状態。。。

ひどくはないが、一応花粉アレルギーなんで、鼻が平常通りでない山登りのつらさは耐え難く、4月もちょっと無理かなと。

今年も付け焼き刃でライド参加することは間違いなし。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




ボントレガーのホイール2



自力でハブを入れ替えるという暴挙に出てしまったボントレガーRACE「X」LITEのホイール。

現在通勤用自転車に取り付けて、慣らし運転をしながらフレ取りをしている。
前輪は、元のRACELITEのままで、後輪だけ変えているが、怖いくらい感覚は変わった。

乗る前に押しているあの瞬間に軽くなってるのがわかるレベル。
ハブはRACELITEから流用しているので、快適になった原因はホイールしかないということになる。
重量差は100g程度(981g→870g)だが、これだけでそんなに違うのか?


体感した軽さもいいが、削りだしのリムの雰囲気とか、黒/赤の配色とか、ゾクッとするほどカッコイイ。
超高速となるライドは無理としても、ヒルクラの練習で鏡や行川行きに使えるといいんだが。

と言いつつ、本音はあまり汚したくない(笑)
より快適に走るために入手したというのに
「もうこのデザインは二度と手に入らないので、消耗させずに通勤用にしておく のもいいかもしれないなあ。。。」
と本末転倒なのでる。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ボントレガーのホイール



普通のロードバイク乗りでは立ち入らないところに足を踏み込んでしまった。

久しぶりに「自分が仕舞いをつけられないヤヴァイこと」って雰囲気。

最悪街乗り用にでも使えるように祈る。


INTERMAX号は、いつのまにかクランクボルトが行方不明になり、今週は走れない。
バイクを持った瞬間、左のクランクが落ちて、「?」って感じだった。
新品を取り寄せるしかあるまい。


バイク&パーツ入れ替えにより売るものを早く売っていかないといけないんで、こんなことやってる場合じゃないんだが。。。










書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20140118

ヒルクライマーの聖地 大日神社


冬でも水は出ているロータリー



入手したintermax号の調整をずっと実家で行っていて、車で車体を移動してきたのだが、空気圧付きポンプを忘れてきた。

乗っていると空気圧ユルユル感満載だったため、あまり遠出はせず、いつもの(と言っても久しぶりだが)短めコース大日神社往復へ行ってきた。
行ってきたと軽く言うものの、着替えて玄関の外に出たときはあまりの寒さにかなり逡巡したのだが。
結果的に、11℃近くまで上がってくれたのでなんとか大丈夫だった。



<今日のウェア>
○ミズノブレスサーモアンダー(ノーマルよりちょい上のグレード)
○デサントナイロンブルゾン DRN-3590
TSデザインフラッシュインパクト長袖ブルゾン
○腹巻き

○冬用レーパン足首までタイプ

○ブレスサーモソックス 普通丈


上っているうちは関係ないけど、下りはやっぱレーパンだけのももから下が涼しい。
もう1枚上乗せかすべきかどうかは微妙だ。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




パーツクリーナー



3連休最終日は普段できない自転車の細かい部分の清掃や、整備調整をやってました。

このパーツクリーナーは、この大きさで298円!

ケミカル類はどれもこれも最低500円たいがい千円弱の中で、この値段は内容がどうであれ、お得感満載です。

黒ずんだチェーンその他がピカピカになるのは快感。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日もヒルクラもどき



正月休みにグダグダして走らなかった反省のもと、今日は少しでもと五台山をひと登り。
intermaxのポジション調整を本格的にやろうと思って、あわよくば手持ちのパーツでハンドルを
「近くて狭い」
にしようと思ったがコラムサイズが合わず断念。

ホイールのみ乗り慣れたボントレのレースライトに交換したが、このままでは乗車姿勢がきびしすぎて遠出は無理だわこりゃ。


昼間は10℃程度まで気温が上がり、風もなかったためそこそこ快適だった。
あすもがんばろう   かな。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




サイコンの電池






電池が切れたまま2か月程度放置していたが、正月休みに乗りたくなるかもしれないので電池交換。
機種はCATEYE VELO WIRELESS+で、電池はCR2032なんだが、この電池はホームセンターに無いことが多く、電気屋に行かねばならない。
最近は、品揃えの悪いヤマダ電気には見切りをつけ、ケーズ電気を利用している。
ケーズはレジでいつも長時間待たされるが、品物が無くて手戻りということは無い。
お目当ての電池は1個210円。
たまにボタン電池でも高いのがあるが。安価でホッとして2個購入。
しかし、このサイコンの裏ブタ堅すぎだわ。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




自転車防寒グッズ







某作業服店で今年から売り出し中のTSシリーズ。

割と「防風」をうたっているので、自転車乗りとしてはついつい目がいってしまう。
今回は衝動買いはせず、一週間冷却期間をおいた(笑)が、どうしても試したくなり購入。
レッグーウォーマーは、フィット感、保温は合格点。
ジャケットも含め、まだ本格的に自転車を乗るときには着ていない。





書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラもどき



今日は久々に、ただ五台山を登るだけコースを走ってみた。
先週、手持ちバイクの入れ替えをしたので、ポジション合わせを行うにあたり、好きな「登り」をやってみるのが、一番手っ取り早いと考えて。

上下ジャージの軽装で行ったが、レーパン無しが一番よくなかった。
クッションは必要だ。

更新車は、intermaxのフレームに、コンポは7800。
540サイズで、前オーナーとの身長差は3〜4センチ程度だが
「にしても、でけ−よ」
って感じ。

加えて、いつも思うんだが、私は日本人の中で肩幅が広い上位2割に確実に入るんでスーツ探しに苦労するのだが、ロードバイクのハンドル幅だけはなんでみんなこう広くするのかが不思議でしょうがない。
「幅広のほうがこいでてヒザが当たりにくいから?」
などと想像するが真実はいかに。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ウェットスーツ素材靴下



SPDシューズを買って以来初めての冬を迎えるが、冬場は通気性がよすぎるがゆえかなり寒いらしい。
どう対応すべきか最近ずっと考えていたところ、先日作業着店で目に入ったので数百円で買ってきた品。

試しに家で数時間履いてみたら、「防風性は高いが通気性は求めてはいけない」いつもの感じだった。

しばらく寒そうだし、実際使用レビューはいつになることやら。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130916

こういう構想があったとは


吉原付近はかなり川面まで遠い


吉原交流館


吉原交流館


交流館への急坂 さすがの私も降りたくない(笑)


数カ所ある看板 上下スプリットなので戸惑う


吉原公園まで行こうとしたが遠いのでパス


上の看板と同じ場所にある


ここから郷の峰に続く県道6号


土曜日は多少の二日酔い、日曜日は台風でどうにもならずで、やっと3日目に出撃。

朝起きた時点では、さほど風はないように思えたので行くことにしたが、気温が高くなるにつれ、風もビュウビュウ。
空の色や気温はいい感じだったので、ドライブにはいい日だったろうが、自転車乗りには。。。


今日は廃校跡を尋ねて鏡村編の最終日。
普段は左折する交差点を直進し、県道6号線へ。
吉原にある鏡第二小学校へ向かう。

ルート上のほとんどは、よくありがちな一方が下方向への崖、一方が山手。
予想はしていたが、路面には多数の木の枝や葉っぱが。
それより、山中でも風がすごかったんで、バランスを崩して断崖に落ちないよう、場所によっては山手側を走ったりした。

じわじわじわじわ真綿のような上りを延々と。
梅の木方面同様、息が切れるような場所はない。
ただ、今日は風があったので、参考程度か。

路線沿いには、時折ちらほら集落とは言えない程度の家や小屋がある程度で、人家は吉原地区付近に固まっている。
今日は小学校跡地で地域のイベントがあったようで、校舎内は賑やかな雰囲気だった。

ここから県道6号は急に狭く傾斜も強くなっているので、かつて往還として賑わっていた頃は休憩所でもあったのかと想像してしまった。
これだけ「道すぐ家」的な県道は久しぶりに見た気がする。


コースは走りにくいイメージだった。
改良されている部分もあるにはあるのだが。
悪天候の中の精神状態が影響した部分もあったかもしれないので、もう一度くらい確かめに行ってみたい。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130908

御影石橋(画像中央右あたり 六畳大橋のひとつ上)


鏡第三小学校跡(現在は柿ノ又公民館)

小学校跡のすぐ下は立派な渓谷


六畳大橋から平家の滝を望む


畑川橋周辺(鏡第一小学校畑川分校は多分右側山手に)



今日も廃校跡をたずねて
いつもの折り返し地点であるオレンジカラー六畳大橋のさらに上流にある柿ノ又地区へ、鏡第三小学校跡を確認に。

柿ノ又には、6月22日に行っており、そのときに
「ここって元学校?」
と思ったことを覚えているので、話は早かった。

この界隈は右岸から左岸に渡ると勾配がきつくなるので、御影石橋から学校までの最後の区間がいじめのようにキツい。

学校の裏手は観光で売れそうなくらいの渓谷。
遊歩道でもあればいいのに。
六畳大橋では、水面は橋からかなり下だが、この短距離で急激に道路と川が同じ高さになているのも不思議。

畑川分校は、下流から来て畑川橋を渡ると、突き当たりに数軒家が並んでいるが、さらにその上の段にある雰囲気。
パッと見どこから入るのかわかりづらく、今日はスルー。



肝心の走りはと言えば、これがねえ。
最近ウオーキングをしていないので出番の少ないランニングスパッツを履いてみたくなり、キツすぎてウエストゴム部分をカットしたレーパンを実験も兼ねてインナーに。

で、ありがちだが、このランスパがつるつる滑るわけさ。
耐えられなくなって途中で脱いだが、レーパンのほうも確か1回履いて
「んなキツいのはけねーよ」
と、ずっと放置していたんで、こちらも新品テイストであんまかわんねええええ!

こういうのって、どっかにヘンに力が入ってバランスが崩れるんだよねえ。
段々左の尻が痛くなってきた。
自滅すると同時に、素直にいつものウェアを着ることの大切さを思い知った。

加えて、朝食少なめ→結構時間が空いてから出発→折り返しあたりで「うぅ、腹減ったぜ」って、これも過去にやってる展開。
坂登ると、平地以上におなかはすきます。
この点も次回から改善。







書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130907

ヘアピンを曲がって少し上った地点の看板
横矢方面はかなり上の方にある家々だと思う


梅の木周辺(1)


梅の木周辺(2)


梅の木公民館(小学校跡地)


梅の木と領家の境の峠付近から市街地を望む


いつもと違う道から水浴び場へ到着


県道を上って市道を下って一周




5週間ぶりに何とか行ってきた。

朝9時過ぎ、出がけに結構降ってきたが、嶺北ライドの豪雨に比べたら大したことなかったので強行。
その雨からは少し後に解放され、帰り道でも本気に降ってきたりしたが一瞬だけだったので、結果的にはいい判断だった。


いつもなら畑川の県道・市道の分岐で直進して市道を通り、平家の滝・六畳大橋方面へ向かうのだが、今日はヘアピンカーブを曲がって県道に初トライ。

実は、こちらの廃校・休校のHPを7月末に見て以来、とりあえず鏡第四小学校を見てみたかったのである。

最終的には、いつも上っている大日神社の上のロータリーにたどり着くのだが、行川からの激坂ルートとは対照的に、こちらはかなり緩い上りがずっとずっと続くので初心者向き(オレ?!オレ?!)といった感じ。
ヘアピンカーブを直進して六畳大橋に行くのに比べてもかなり緩く、まったく息が上がることはなかった。
ただ、今日はかなり涼しかったし、私も久々で筋肉に疲労感がまったくなかったため、暑い時期に走るとなると多少はキツイのかもしれない。

道は2割程度が夕方は走りたくない森の中的なところ。
それ以外は開けていて、旧鏡川特有の道案内板が多くある。
舗装は古いが走りやすい。
対向車は少ない。

梅の木地区は、家が山中に散らばっているのか、どこに小学校が必要なほど人が住んでいたのかわからなかった。
交通事情の悪さゆえ、少人数でもやむなしで運営していたのだろうか。
公民館近くの県道脇に、一件だけ店舗らしきものがあり、1枚目画像の横矢のどぶろくと飲料を売っているようであった。
こんどデイパック背負って来て、どぶろく買ってみようかな。

砂防ダムがあちこちにある集落といった印象。
案内看板に出てくる八坂神社がどこかわからなかった・・・・・・。


行川を上がって梅の木を下る逆ルートは、下りが長すぎて退屈なのでちょっと無理。
ごくごく軽めにやりたいときに、今日のルートを走るのが最適か。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




テールライト


今週も天気悪そうで、これで4週続いてヒルクラできす。。。

画像は一般車向けのステー用テールライト。
シートポストにつけていた猫目のが原因不明だが使用不能になり、ベルトだけ利用させてもらった。
こいつは、ソーラーパワーかつ自動点灯なので、スイッチの切り忘れ(よくやります)やいたずらによる電池消耗の心配がない。

加えてステー用なので、完全防水(多分)のおりこうさんだ。
もう数センチ下に付けられたら言うことなしなんだが。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ツール・ド・フランス 2013 出場選手 出場チーム 一覧

注)以下元ネタページからの引用です。


ツール ド フランス 2013 出場選手 リスト

●スカイ(英国)
クリストファー・フルーム(英国)
エドワルド・ボアソンハーゲン(ノルウェー)
ピーター・ケンユック(英国)
バシリ・キリエンカ(ベラルーシ)
ダビド・ロペス(スペイン)
リッチー・ポート(オーストラリア)
カンスタンティン・シウツォウ(ベラルーシ)
イアン・スタナード(英国)
ゲラント・トーマス(英国)

●キャノンデール(イタリア)
ピーテル・サガン(スロバキア)
マチエイ・ボドナル(ポーランド)
アレッサンドロ・デマルキ(イタリア)
エドワード・キング(米国)
クリスティアン・コーレン(スロベニア)
アラン・マランゴーニ(イタリア)
モレノ・モゼール(イタリア)
ファビオ・サバティーニ(イタリア)
ブライアン・バンボワ(デンマーク)

●ロット・ベリソル(ベルギー)
ユルフン・バンデンブルック(ベルギー)
ラルスイティン・バク(デンマーク)
バルト・ドクレルク(ベルギー)
アンドレ・グライペル(ドイツ)
アダム・ハンセン(オーストラリア)
グレッグ・ヘンダーソン(ニュージーランド)
ユルフン・ルーランツ(ベルギー)
マルセル・ジーベルク(ドイツ)
フレデリク・ウィレムス(ベルギー)

●BMC(米国)
カデル・エバンス(オーストラリア)
ブレント・ブックウォーター(米国)
マルクス・ブルクハルト(ドイツ)
フィリップ・ジルベール(ベルギー)
アマエル・モワナール(フランス)
ステーベ・モラビト(スイス)
マヌエル・クインツァート(イタリア)
ミヒャエル・シャール(スイス)
ティージェイ・バンガルデレン(米国)

●ラジオシャックレパード(ルクセンブルク)
アンディ・シュレック(ルクセンブルク)
ヤン・バークランツ(ベルギー)
ローラン・ディディエ(ルクセンブルク)
トニー・ガロパン(フランス)
マルケル・イリサール(スペイン)
アンドレアス・クレーデン(ドイツ)
マクシム・モンフォール(ベルギー)
イェンス・フォイクト(ドイツ)
アイマル・スベルディア(スペイン)

●ヨーロッパカー(フランス)
ピエール・ローラン(フランス)
新城幸也(日本)
ジェローム・クザン(フランス)
シリル・ゴチエ(フランス)
ヨアン・ジェヌ(フランス)
ダビデ・マラカルネ(イタリア)
ケビン・レザ(フランス)
ダビー・ベイユー(カナダ)
トマ・ボクレール(フランス)

●アスタナ(カザフスタン)
ヤネス・ブライコビッチ(スロベニア)
アッサン・バザイエフ(カザフスタン)
ヤコブ・フグルサング(デンマーク)
エンリコ・ガスパロット(イタリア)
フランチェスコ・ガバッツィ(イタリア)
アンドレイ・カシェチキン(カザフスタン)
フレドリク・ケシャコフ(スウェーデン)
アレクセイ・ルツェンコ(カザフスタン)
ドミトリ・ムラビエフ(カザフスタン)

●エフデジュポワンエフエル(フランス)
ティボー・ピノ(フランス)
ウイリアム・ボネ(フランス)
ナセル・ブアニ(フランス)
ピエリック・フェドリゴ(フランス)
ムリロアントニオ・フィッシェル(ブラジル)
アレクサンドル・ジェニエ(フランス)
アルノー・ジャネソン(フランス)
ジェレミー・ロワ(フランス)
アルチュール・ビショー(フランス)

●AG2Rラモンディアル(フランス)
ジャンクリストフ・ペロー(フランス)
ロマン・バルデ(フランス)
マキシム・ブエ(フランス)
サミュエル・デュムラン(フランス)
ユベール・デュポン(フランス)
ジョン・ガドレ(フランス)
ブレル・カドリ(フランス)
セバスティアン・ミナール(フランス)
クリストフ・リブロン(フランス)

●サクソ・ティンコフ(デンマーク)
アルベルト・コンタドール(スペイン)
ダニエレ・ベンナーティ(イタリア)
ヘスス・エルナンデス(スペイン)
ロマン・クロイツィゲル(チェコ)
ベンハミン・ノバル(スペイン)
セルジョ・パウリーニョ(ポルトガル)
ニコラス・ロッシュ(アイルランド)
マイケル・ロジャース(オーストラリア)
マッテオ・トザット(イタリア)

●カチューシャ(ロシア)
ホアキン・ロドリゲス(スペイン)
パベル・ブルット(ロシア)
アレクサンダー・クリストフ(ノルウェー)
アレクサンドル・クシンスキー(ベラルーシ)
アルベルト・ロサダ(スペイン)
ダニエル・モレノ(スペイン)
ガティス・スムクリス(ラトビア)
ユーリ・トロフィモフ(ロシア)
エドアルド・ボルガーノフ(ロシア)

●エウスカルテル・エウスカディ(スペイン)
イゴル・アントン(スペイン)
ミケル・アスタルロサ(スペイン)
ゴルカ・イサギレ(スペイン)
ヨン・イサギレ(スペイン)
フアンホセ・ロバト(スペイン)
ミケル・ニエベ(スペイン)
フアンホセ・オロス(スペイン)
ルベン・ペレス(スペイン)
ロマン・シカール(フランス)

●モビスター(スペイン)
アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)
アンドレイ・アマドール(コスタリカ)
ホナタン・カストロビエホ(スペイン)
ルイ・コスタ(ポルトガル)
イマノロ・エルビティ(スペイン)
イバン・グティエレス(スペイン)
ルベン・プラサ(スペイン)
ナイロ・キンタナ(コロンビア)
ホセホアキン・ロハス(スペイン)

●コフィディス(フランス)
レイン・タラマエ(エストニア)
ヨアン・バゴ(フランス)
ジェローム・コッペル(フランス)
エゴイツ・ガルシア(スペイン)
クリストフ・ルムベル(フランス)
ギヨーム・ルバルレ(フランス)
ルイスアンヘル・マテ(スペイン)
ルディ・モラール(フランス)
ダニエル・ナバロ(スペイン)

●ランプレ・メリダ(イタリア)
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
マッテオ・ボーノ(イタリア)
ダビデ・チモライ(イタリア)
エリア・ファビッリ(イタリア)
ロベルト・フェラーリ(イタリア)
アドリアーノ・マローリ(イタリア)
マヌエレ・モーリ(イタリア)
プジェミスラウ・ニエミエツ(ポーランド)
ホセ・セルパ(コロンビア)

●オメガファルマ・クイックステップ(ベルギー)
マーク・カベンディッシュ(英国)
シルバン・シャバネル(フランス)
ミハウ・クイアートコウスキー(ポーランド)
トニー・マルティン(ドイツ)
ジェローム・ピノー(フランス)
ヒールト・ステーフマンス(ベルギー)
ニキ・テルプストラ(オランダ)
マッテオ・トレンティン(イタリア)
ペーテル・ベリッツ(スロバキア)

●ベルキン(オランダ)
ラルス・ボーム(オランダ)
ロベルト・ヘーシンク(オランダ)
トム・リーゼル(オランダ)
バウケ・モレマ(オランダ)
ラルスペテル・ノルドハウ(ノルウェー)
ブラム・タンキンク(オランダ)
ローレンス・テンダム(オランダ)
セプ・バンマルク(ベルギー)
マールテン・ワイナンツ(ベルギー)

●ガーミン・シャープ(米国)
ライダー・ヘシェダール(カナダ)
ジャック・バウアー(ニュージーランド)
トム・ダニエルソン(米国)
ローハン・デニス(オーストラリア)
ダニエル・マーティン(アイルランド)
デービッド・ミラー(英国)
ラムナス・ナバルドースカス(リトアニア)
アンドリュー・タランスキー(米国)
クリスティアン・バンテベルデ(米国)

●オリカ・グリーンエッジ(オーストラリア)
サイモン・ゲランズ(オーストラリア)
ミヒャエル・アルバジーニ(スイス)
サイモン・クラーク(オーストラリア)
マテュー・ゴス(オーストラリア)
ダリル・インペイ(南アフリカ)
ブレット・ランカスター(オーストラリア)
キャメロン・マイアー(オーストラリア)
ステュアート・オグレディ(オーストラリア)
スベン・タフト(カナダ)

●アルゴス・シマノ(オランダ)
ジョン・デゲンコルプ(ドイツ)
ロイ・クルフェルス(オランダ)
クーン・デコルト(オランダ)
トム・ドゥムラン(オランダ)
ヨハネス・フローリンガー(ドイツ)
シモン・ゲシュケ(ドイツ)
マルセル・キッテル(ドイツ)
アルベルト・ティンメル(オランダ)
トム・フィーレルス(オランダ)

●バカンソレイユDCM(オランダ)
ウォートル・プールス(オランダ)
クリス・ブークマンス(ベルギー)
トーマス・ドヘント(ベルギー)
フアンアントニオ・フレチャ(スペイン)
ジョニー・ホーヘルラント(オランダ)
セルゲイ・ラグチン(ウズベキスタン)
ボーイ・ファンポッペル(オランダ)
ダニー・ファンポッペル(オランダ)
リューウェ・ウェストラ(オランダ)

●ソジャスン(フランス)
ブリス・フェイユー(フランス)
アントニー・ドラプラス(フランス)
ジュリアン・エルファレス(フランス)
ジョナタン・イベール(フランス)
シリル・ルモワン(フランス)
ジャンマルク・マリノ(フランス)
マキシム・ムドゥレル(フランス)
ジュリアン・シモン(フランス)
アレクシス・ビュイエールモズ(フランス)
書いた人 nippon | comments(0) | - |




2013土佐センチュリーライド嶺北・いのを振り返って3

去年、終了後にいろんなゴタクを並べているが、今年はどうだったのかを検証。


1)大会一週間前に落車。肉体的&シフトレバー故障によるダメージ
(経験から言うと、あばらにヒビ入ってます。当然その後は練習できず)

→2週間前だったか、SPDで立ちごけしてORBEAはエンドがダメになったものの、肉体的ダメージは無し。大会用バイクをTREKに変更。


2)なぜか1つしか持っていないグローブが行方不明

→今年は使い慣れているのを2つ持って行きましたw


3)シフトレバーのパーツが着いたのが土曜日夕刻。余裕のない状態の調整

→TREKのワイヤー・チェーン交換、調整は余裕で木曜日に終了


4)これが一番問題だが、サイズの合ってないバイク(TREK)で出場

→昨年のライド終了後、すぐにハンドル回りを総替えしていたのが、リアルに功を奏した


5)当日朝

→忘れ物とパンク(空気漏れ?)で、ちと手戻りをくったものの、大勢に影響なし


6)ポジションとか

→昨年多いに苦しんだことや、大会前にSPDを導入したこともあり、ポジションにはかなり神経質になっていたんで、まあ大丈夫だった。


7)走行中

→トークリップからSPDに変更したことによって、使用する筋肉が細かい部分で変わったところもあるだろうが、終盤も結構こげたので、一夜漬け(直前2か月のみ練習)の効果はあった


8)服装

→半袖レーシャツ+ノースリーブシャツ+ショート丈ビブタイツ。
 股上が深い体型なので、普通のレーパンはローライズみたいで落ち着かない。
 肩が凝るのでビブも肩にはかけていない。
 ヘルメットは、普段はチンタラ走っているため使用しないので、ちょうど1年ぶり。
 大は小を兼ねる的にLLサイズを購入して、去年は大きめなんじゃないかという印象だったが、各所をきちんと調整したら重さも含めまったく気にならなかった。


9)前日

→金曜日は飲んだが、前日土曜日は自重。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




サドルバッグに大きいバッグをもう一つ



サドルバッグは、予備チューブ、タイヤレバー、CO2ボンベあたりでほぼ一杯だ。

レーシャツって後ろにポケットあるのはいいけど、いかにもって感じで気軽に乗れない部分もあるんだよなあ。
かといって、フツーのスポーツウェアで乗る場合は、その他の携行品の収納をどうするかが問題になる。
サドルバッグの大きめの物を探したりしたんだが、結構な値段だし、複数持っても仕方ないしでそのままにしていた。

先日、部屋の整理をしていて、使っていないデジカメ用のバッグを発見。
軽めの素材ということもあり、サドルにロックタイで留めてみた。
バッグ単体で買ったものなので、今使っているデジカメと携帯電話を入れてもまったく余裕のキャパ。
というか、大きすぎて赤色灯が見えないので、昼間限定。
こいつの3分の2くらいの大きさがベストサイズか。

一度40km程度乗ってみたが、まったく問題ない。
個人的には、スマッシュヒットw


書いた人 nippon | comments(0) | - |




2013土佐センチュリーライド嶺北・いのを振り返って2

平成24年
 8月 1
 9月 1
10月 2
11月 3
12月 1

平成25年
 1月 4
 2月 2
 3月 −
 4月 −
 5月 −
 6月 5
 7月 8
 8月 ←今ここ

昨年のライド2012以降、多少なりとも走った月別日数である。
当然ながら、ライド2012以前はろくに遠出なんぞしたことはない。
(※中学時代を除く)
3〜5月の3か月の空白でそれまでの貯金はゼロになっただろうから、トレーニングとしては、実質13日しか走っていないのか・・・・・・・・・。

六畳大橋とか大日神社とか、もう30回くらい行った気がするんだけど(笑)

こうして見ると、残り1か月半になった6月後半から焦ってやり始めたのがよくわかる。

中・高のとき、中間・期末テスト期間しか勉強しなかった人は、大人になるとこうなるよっていう、よいお手本ってことですね。


いつもの鏡・行川コースは40kmくらいだと思うんだけど(サイコン付けてるけどろくに見てません。。。)、ここのいくつかの坂を繰り返し上っていればそこそこ向上することがわかったので、当分このコースと、治国谷〜春野コスモス(気が向けばUSAまで)コースを今後も中心に。

タイムとか平均速度とか、来年は○時間以内とか170kmコースを目標とかいったノルマを課すと、走るのが楽しくなくなっちゃうかもしれないので、それは先々の話ってことで。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




2013土佐センチュリーライド嶺北・いのを振り返って

○お出かけ
朝6時過ぎに意気揚々と出発。
車で5分ほど行ったところで、ボトル2本を冷蔵庫に入れていたのを思い出す。
今回は、忘れ物がないようにすべて前日から玄関においてあったのに、冷蔵庫の中とは。。。
来年は自分に置き手紙をしよう。


○駐車場到着
早速自転車を組もうとしたら、後輪の空気が・・・・・・・・・
パンクする要因がありえないことから、どうも前日フレームから外した後で空気を入れたときに、いつもの走行前と勝手が違ったこともあり、バルブの締め方が甘かったようだ。
万全を期すために、予備の新品に交換。
フツーの空気入れを車に積んでいてよかったわ。


○道の駅さめうら〜郷の峰トンネル 14km
土日に一人で走るときは、最初の30分くらいはウォームアップ期間と決めていて、せいぜい20km/hくらいなんだが、いきなり30km/h超で引っ張られる。
走れなくはなかったが、ちょっとトンネル手前の坂ではばてていた。
ウオーキングもそうだが、負荷をかけすぎない状態で30分程度の準備期間は必要だ。
だったら受付前に走っとけよって話だが。

この区間は、フラット〜トンネルにかけて上り基調。
ここって、結構きつい坂上がってそろそろトンネルかと思いきや、ただの坂で、もう一度上ってトンネルなんだよなあ。
感じ悪いよね〜。


○郷の峰トンネル〜633美の里 14km
ここはずっと完全な下り。
土佐町まで自動車で上がってきた分も含め貯金を食べ尽くします。
道幅も広く路面もいいので、ひとりニバリごっこができます。
たまに自分に酔って、車が来てるのにセンターライン付近を走る人とかいるけど、危ないので気をつけましょう。


○633美の里(CP)〜坂下のドライブイン跡 7.5km
実際上りが少しきつくなるのは、小さなトンネルを抜けた後の2kmくらいだが、その手前からも
「今から坂ですよ〜 キツイですよ〜」
感が満載で、その雰囲気に負けてしまう感じ。


○坂下のドライブイン跡〜新大森トンネル入り口 4.5km
たった4.5kmなんだが、平均勾配6.5%の90kmコース一番の難所。
最初の急カーブの橋みたいなところは、高すぎてこえーよ

くせものは上りきったあたりの1つめの枝畝トンネルで、入ると気温は下がってくれるものの、予備知識がないと
「トンネル来たのになんでまだ上ってんの?!」
となる。
トンネルを出て、また少し登ってカーブを抜けたらすぐに新大森トンネル。
旧道が左手の山のほうにギューンと上って行ってるので、こちらを目途に上がってきていれば、結果的に少しは気が楽かw


今回は、結果的にとにかく押すことなくこぎ続けることができた。
(※チームでの休憩を除く)
まったく脚が無くなって、またがって踏み込むことすら苦痛だった去年とは大違い。
こぎ続けた人で最も平均速度が遅かったのではないか。
予行演習で、行川〜大日神社 4.3km−5.2%、大日神社〜県道33号線ロータリー 1.2km−7.8%を何度も体験したので、チンタラでも上る力はついているようだ。

633美の里からここまで12kmで、513m上る(+4.2%)。


○新大森トンネル入り口〜道の駅木の香 14km
ここもさっき上がってきた分、存分に下り。
で、木の香は旧役場からはかなり遠い。
「寒風山に近い」と考えておいた方がいい。


○道の駅木の香(CP)〜大川村役場 19km
まだまだ貯金は残っている。
勝ち誇った気分で存分に下れる。
渓谷っぽい景色もGOOD!
いやっほうー


○大川村役場〜上吉野川橋南詰 12km
結果的に±0だが、細かい上り下りの連続。
下りでスピードアップ、勢いで上りに突っ込む繰り返し。
去年は、下りでスピードアップすらできず、ようやく上っていたことを思うと、それなりに進化はしたようだ。

赤い上吉野川橋はなかなか見えず、タヌキにばかされたように、似たような道を何度も通過していく。


○上吉野川橋南詰〜道の駅さめうら 5km
橋を渡ったところでCPあり。
たまるかコースは、ここで折り返し。
折り返して、木の香までの上り、新大森への上り、さらに郷の峰までの上りを行くなんてすごすぎ。
少し上る→急坂下る→少し平地走行でゴール

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130804 嶺北行ってきた



嶺北センチュリーライド行ってきました。

いつものように我々は道の駅での休憩が長いw
まあ、お世話になる地域にお金を落とすことも大事ってことで。


個人的には、去年ロクにこいで登れなかった、吾北程野〜新大森トンネル入り口を止まらずに、こぎ続けて登れたのは進歩だ(チームによる休憩除く)。

参加された方、関係者の方、お疲れ様でした。




書いた人 nippon | comments(0) | - |




結局今年もギリギリまで調整

この2日間、TREKの整備に追われるハメに。

ORBEAは、キャップが抜けて先端がばらけていた変速インナーワイヤーの交換だけすればよい状態だったが、TREKはリヤの最後のアウター受けが劣化でバリバリって感じでアウターのワイヤーが見えている状態。
変速は問題なくできていたが、やはりここは交換したいところ。
大型スポーツ用品店に行ったところ、アウター受けだけは売っておらず、時間的余裕もないためセットを買うことに。

ついでに1年前に買っていたゴムカバーも交換。
ORBEAから乗り換えて以降、べたつきにちょっとイラっとしていたので、この作業をやったことにより救われた。
ブレーキワイヤーを外さないといけないのが面倒で、やってなかったんだと思う。

で、前後ブレーキ、変速の調整をすべて終え、チェーンの手入れをしようとしたところ、うっすらサビが出ているのを発見。
1年近く放置してて、オイルが薄まったところで走行し、すぐに手入れしなかったもんだからこういう結果に。

さほど走行には影響ないレベルかと思ったが、乗ってみると多少なりともゴリ感があるのが気になった。
翌日、ヤマネで7701を購入し交換。
お約束でディレーラーの一部を通し忘れ、若干手間取ったが何とか終了。
ゴリ感もなくなって、めでたし。







書いた人 nippon | comments(0) | - |




そろそろ嶺北ライド




嶺北ライドも一週間後となった。
昨年参加直後に反省点をいくつか反省点をあげているが、今年はどうか。

バイクについては、TREKで。
ORBEAは、去年は大会1週間前に派手に落車。
今回は大会3週間前に立ちごけでエンドに異常発生。
2年続けて大会前にトラブル発生ということは、何かある。
大会に出れば通常より走りはハードになるだろうから、落車を2回もしていることを考えると、少しでも車体の不安が少ないほうにすべきだろう。

TREKは、昨年の大会後に「より近く」を意識してハンドルとステムを交換しており、セッティングについては問題ない。
ただ、サドルのみSELLE SMPから、色は合わないがORBEAに付けていたものに変更した。
SMPシリーズのうち、クッション性の高い廉価モデルなのだが、形状が違いすぎていて、違和感ありありなので。

バイク2台持つなら、サドルはある程度似たモデルにしたほうがいいな。


それから、大会一週間前に落車し部品交換に前日夜までかかった点。
今回は、何かあってもショップに持ち込めるように、水曜日には自分で変速ワイヤーの交換、最終調整を終える予定である。
それ以降は、いつも以上に守りの走りを(笑)

グローブについては、2つは持って行くつもり。
今から1つは車に乗せておこうかと。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130727



先日、いわゆるSPDによる「立ちごけ」をしてしまい、リヤの変速の具合がおかしいので、やむなく練習機がORBEAからTREKに変更になった。

走ったのは午前中。
午後から治国谷を越えて、春野に高校野球の決勝を観に行く予定だったので、軽めに。

平家の滝ルートは、去坂の橋のとこで折り返し。
行川も大日神社まで。

帰宅して昼食後、久しぶりに治国谷へ。
最近かなり山登りしているとは言え、ここの最初の坂はやっぱ楽ではない。

その後、球場で2時間半ほど熱波にさらされた後、治国谷を上がろうとしたら、厨房のMTB系のHAMMERにサラっと追い抜かれる。
「そのスピードで行けんのかよ!?」
と思ってたら、案の定、坂にさしかかった付近でスピードダウンし、差が詰まる。
しかしながら、結局追いつけず。
意地になって追っても危ないしなあ。(←強がり)
この路線は草刈りが出来てないので、左端を走りにくいのが前から気になっている。
秋になって多少枯れてくるまで、当分来たくないな。

にしても、神田のサニーマート南西のできかけの新交差点は危険だ。
信号の順番含め、誰もがこの交差点の状況に慣れていない。
安全運転をお願いしたい。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130720&21

金曜・土曜とも飲んでいたので、暑さのせいか多少の二日酔いのせいかはわからないが、とにかくきつかった。
朝10時頃出発したが、多少コースも短縮して2時間半くらい。

最近は領家の県道33号合流地点で水浴びがしたいがため、大日神社から7.7%−1.2kmを必死でこぎ上がっている。

ここの水は冷たくて本当にいい。
9月頃まで、密やかな楽しみにいたい。


大日神社


水浴び場


無駄に広い水浴び場付近


大人気の宗安寺
書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130715

午前中か昼からか? で、まあ先に済ませたほうがよさそうなので午前中走ることにした。

連休3日間のうち、どこかで丸1日使って100km以上平地ロングを走りたかったが、うまく調整できずじまい。

「シッティング代替としての疲れないダンシング」
の練習ってことで、今日は坂登りの繰り返しをすることに。

奥に行くと、繰り返すどころじゃなくなるので、今日は平家の滝はパス。
しかしながら、城ノ平までの坂はあいさつがわりに上がりたいのでw、とにかく一度行った。

続いていつもの大日神社。
ここでちゅうちょしながらも、前夜ツールの録画の山岳を見たものだから、果敢に県道合流点にチャレンジ!
7.6%−1.2kmをなんとか登り切った。

合流点のロータリーには、山水が出ている場所がたくさん。
冷たくてマジキモティー!
1時間ぐらい水浴びしたかったが、体が冷えそうなので、次の行程に。

一度行川まで下って、500ml飲料を購入しボトルに詰めた後、再び城ノ平の坂へ。
ここは、ルートラボでは4%−1km程度だが、もう少しキツイような気もする。
疲れないダンシングの練習をしてみるが、まったく手応え無し・・・・・・

また行川ルートに横入りして、5.5%−1.0km。

本日はここで打ち止め。


県道合流点ロータリー


県道合流点 水浴び場


高知市街を望む


高知市街を望む(アップ)


書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130714

昨夜はもう21時くらいから寝てた。
炎天下はさすがに体にこたえたみたい。

早く寝たせいもあり、今朝は6時半に快適に目覚め、早めに朝食は取ったもののなぜか気分が乗らず。。。
前日のハードワークで体がイヤイヤしているとか、長いのを生きてるの死んでるの含め多数見たこととか、いろいろ要因はある。

「じゃあポタリング程度でいいから、行ってみようよ」
と、10時になんとか自分を誘い出すことに成功。

多少雲が出てたこともあって、昨日ほど汗はかかなかったし、ドリンクも必要なかった。

今日もいつもの平家の滝&行川コースだが、多少手前で戻ってきた。


宗安寺付近の鏡川に川遊びにきている人は、予想外に多い。
今日は午前中だったし、カンピーでもなかったのでちらほら程度だったが、昨日は昼下がりで、気温も上がっていたので、そこかしこに人が出ていた。
中でも中高生は多く、こういった遊びもするんだなと多少安心した。
鏡川で泳ぐのは、旭・朝倉方面の生徒の文化なのだろうか。
女子(現在メディア等で使われてる女子の意味ではない)だけのグループも多い。



なごせ橋付近 (1)



なごせ橋付近 (2)



淡水浴のメッカ 宗安寺
書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130713

オレンジ橋(六畳大橋)


2硲隠械葦澹宿文造蝓


大日神社



いやぁ暑かったすねえ。

34℃って、もしかして年初来高値?

午前中はお留守番だったので、出発は13時。

今日も、いつものオレンジ橋&行川大日神社コース。

出発前に空気入れてる時点で汗だく。
持参したボトル分の1リットルは、オレンジ橋ですでに消費。
「あと500mlでもつかなあ。2本買って300円もなんだかなあ」
と思っていたら、救世主を発見。
1リットル詰めたあと、せこく残りをできるだけ飲んだりしてたら、タポタポに。
まあ、行川の登りですぐ排出しましたが。


これだけ通っていれば、少しづつだが脚が余るというか、以前ほどやっとこさ登れましたでもなくなってきた。
ギヤも極力1段残すようにしている。

登っていて、ダンシングに切り替えたら、私の場合10こぎくらいですぐ疲れるので、プロはすげーなと思ってたら、疲れない山登り用のダンシングもあるらしく、昨日からそれをテーマに。



元々タイム・スピード志向ではないし、とりあえず今ある機材で山登りしているだけなので、はっきり言ってスピードは遅い。
行川なんか、毎日通学している中学生とかに負けちゃうレベルかもw
平地もあまり飛ばさないので、特に街中では、急いでいる女性に追い抜かれることも日常茶飯事だし。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130707

オレンジ橋(鏡・平家の滝ルート)


なごせ橋(平家の滝ルートはここまでが第1関門)


大日神社(行川→領家ルート)



今日も、市内からいつもの鏡・平家の滝ルートを六畳大橋まで。
その後、高知方面へ下ってきて行川方面へ横入りし、領家の大日神社まで。
暑さによる消耗がひどく、そこから上に行く気力無し。

トゥークリップからSPDSLに変えたことで、ポジションが自動的に変わってしまい、いわゆるケツ痛状態でもある。

家から持っていった500ml×2を飲み干し、さらに500買い飲みする体たらく。

まあ、熱中症予防にはいいか。


先週も土日両方登って、水曜日くらいまで筋肉疲労が抜けきらなかった。
サイクリング程度なので、運動前後のストレッチなどまったくしていないのだが、したほうがいいように思えてきた。






書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130706

早速取り付けたSPDの試用も兼ねて、今日はガンガン行きたかったが、あいにくの二日酔いで、昼過ぎにやっと乗れる状態に・・・・・・・・・
いつもの鏡方面でしたが、今日はオレンジ橋にも、県道合流点にも行くことなく、かなり手を抜きました。

久しぶりに午後走ったけど、やたらロード乗ってる人に会いました。
大日神社近くを下りてたら、登ってきてる人がいたのは驚き。
よくもまあこんなレアコースを。
というか、単に今まで会わなかっただけかも。


鮎釣り風景



12%



2枚目の画像は、鏡川を高速がまたいでいる場所付近にある口細山に抜ける道。
県道から少し入ったところの坂が始まる自動販売機付近から右手に石段のあるところまでが223m 13.1%。
坂の頂上付近までが405m 11.9%。

前々から気になっていて、本日果敢にトライ!
石段のある付近まで登ったところで前後から車両接近。
サイドにはフェンスがあるのだが、草ボウボウでつかまるのは無理。
ビンディング初心者の私はあえなく停車し、シューズを抜く。

その後、そのまま下ったけど、結構車が入ってくる道だ。





書いた人 nippon | comments(0) | - |




SPD−SL導入



ペダル SHIMANO PD-6700 ULTEGRA
シューズ  SH-R087L Size42

ライドも近いし、ヒルクラも結構続けてやってるしで購入しました。

コンポもアルテなんで(どーせ9Sだけど)それに合わせた。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130630

今日は天気が予定以上に悪く、8時に出発。

本降りになったら少しでも早く帰れるよう、奥には行かず、行川方面へ。

登り始めでガンガンに降られる。
戦意を喪失しかけたが、坂に苦しんでいるうちにやんだ。
下ってたら同じ地点でまた雨。
平地は降っていない。
そこだけゾーンだったか。

天候もすぐにひどくなそうでもないので、奥に行くことも考えたが、自宅の草刈りもしたいし、夜はナイター観戦だしで今日は軽めで。

大日神社から県道合流点までは、7.9%で1キロちょっと。
なかなか面白かった。


久々の大日神社


県道33号との合流地点


県道との合流地点 看板


県道との合流地点 あじさい


今日の最高点付近から高知市内を望む


マップ
書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130629

六畳大橋


六畳大橋から下流を望む



今日もいつものパターンを逸脱せず、鏡村平家の滝近くの六畳大橋折り返し、次いでマスターベーション的に11%を体感したく、行川小中学校の少し上まで。
本当は大日神社まで行きたかったが、朝食9時で出発が10時30分と間隔が開いたことや、いつもはアクエリかポカリをボトルに入れていくが、今日はストック切れで、ボトル2本とも水だったことで途中でエネルギー切れ。

よく考えれば、前回は持参アクエリ500mlに加えて、コカ・コーラ500mlを途中補給したんだった。

夜に映画を観に行く予定だったので、一度鏡川まで下って購入し、また登ると居眠りしかねないと考え帰路に。

結局、先週土曜日とほぼ同じでした。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




レーシングシャツのポケット





昨年のシーズンオフに、バーゲン買いした夏物です。

レーシャツは、普通もっとピチピチだが、こいつはいわゆるルーズフィット。
てか、ウエスト部分も絞られてないし、明らかにレーシャツとはカテゴリ違いますね。

ポケットはジップ付きがひとつだけ。

これまで、3つポケットの際には、
・携帯電話
・デジカメ
・小銭入れ
をそれぞれ入れてました。

サドルバッグには、パンク修理ツールを入れてるので、携帯がやっと入る程度。
やむなくデジカメをこのポケットに。

すると、デジカメの重みとルーズフィット加減が災いして、背中の下の方に重い ものがぶら下がってる感じ・・・。

重いものを入れる設計にはハナからなってないようなので、ヤッケ程度が限界で しょう。

あ、夏場はここにデジカメ入れたら汗で相当やばいです!
加えて今日は、途中で天気が悪くなったので、携行していたジップロック内に移動させました。






書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130623



今日は、高知FDのデーゲームが13時からあったので、朝から出発。
距離も短めを意識して、行川から、かつて行った大日神社を目指したところ、唐岩大橋を渡らず直進すべきところを間違って渡ってしまい、そのまま登り詰めたら県道33号線分岐に。
県道を少し走ってみたが、林の中の道がずっと続いてあまり面白くないので、時間と天候の関係で、帰路に。

唐岩大橋から画像の案内看板のある合流点までは結構キツイ。
800数十メートルでじわじわ登る9.7%。
やみつきそうw


今日の最高標高付近


今日の最高標高付近2


書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ 20130622

2回目のオレンジ橋
実は中央に滝が見えていた



あじさい


なんかキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!



今日は、先週と同じく、鏡の「平家の滝」方面へ。
オレンジ橋以降を開拓すべく、さらに登っていった。

オレンジ橋を渡って少し行くと、柿ノ又の集落があるのだが、そこを通過した後で問題発生。
結構大きめの犬小屋が、遠目に見ても5つ以上ある場所が道路沿いにあり、遠くからそれらを認識した途端、ワンワン吠えられる始末。
帰宅後地図で確認したところ、そこからさらに1kmほど先の行き止まりまで6%ほどの登り坂が続いている。
少しは魅力的だが、今後も含め、それ以上行く気が失せた。
次もし行ったとしても、集落までで折り返すことしよう。

旧鏡村役場三叉路から今日の折り返し地点までのデータ
距離:7.4km 全体平均斜度:3.7% 最大標高差:284m


帰りに少し行川にも行ってみた。
ここの最初の坂道はキツイというイメージがあったんだが、久しぶりに行っても やっぱりキツかったw
鏡川を西に渡り、森商店を過ぎると数軒の民家があるが、その地点から資材倉庫 (?)がある場所までがヤバイ。
帰宅後ルートラボしたら、440m区間が11.3%!
未だかつて自転車から降りたことはないが、あと100m続いたらどうかわから ない。
その後の行川小中学校までは、816mの2.2%だから、最初だけ急激に登っている。

久しぶりだったゆえか、行川小中から約800m、4.7%の坂を登ったところで脚が無くなり、もうやめ。




ちなみに土佐センチュリーライドのコース上の難所は次のとおり

○439号地蔵寺左90度カーブ〜郷の峰トンネル
距離:5km 全体平均斜度:4.1% 最大標高差:206m


○439号・194号三叉路から194を北上
ヘアピン上り坂手前(レストラン)まで
距離:6.1km 全体平均斜度:3.5% 最大標高差:213m

○続いて新大森トンネル入り口まで
距離:4.7km 全体平均斜度:6.4% 最大標高差:301m


書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130616

市街地で多少長めに走ることはあったが、本格的な山登りは、実に4か月ぶりだったりするw

朝10時に出て、往復36キロ、12時半頃帰宅。

いやあ暑かった。
熱中症で運ばれるかもと、ビビりました。

帰りにはスポークが折れてしまったし。
近所の裏道まで来ていて、すでにクールダウン状態だったのでよかったんだが。


田植え完了地帯


青々タル


折り返しオレンジ橋


あえなくスポーク折れ
書いた人 nippon | comments(0) | - |




自転車用裾バンド






日々の通勤の際、裾バンドは必需品。
汚れ付着程度ならいいものの、ヘタすればビビビっと裾が破れることもあります。
ここは、お金をケチるところではありません。
ホントに「勉強にしすぎはない」と同様、「裾バンドに持ちすぎはない」ってくらい。(←ホントかよ!?)

野球好きPな私としては、ストッキングバンドを愛用。
これって、ベルクロ仕様で未来永劫に使えるかと思っていたらそうでもなく、上の赤いやつは、段々と受け側(柔らかい方)が摩耗してくっつく力が弱くなった。

それほどの価格のものではないため、通販だと送料で割高になりそうなので、昨日たまたまスポーツ店の近くに行ったこともあり購入してきた。
物色していて、ミズノプロは1,000円近くしたので、これに決定
「あれ、どこかでジュニア用の文字が目に入ったような・・・・・・」
と思い、価格シール付近を見たがそんなことは書いていない。

帰宅して、再度よく見てみると、別のところに「Jr.」の丸いシールが・・・・・・・
しかしながら、以前使っていた一般用が少し長めに感じていたので、こちらでも長さ的には十分でした。






書いた人 nippon | comments(0) | - |




GoGoGolf は(・∀・)イイ!!







先日走行した際着用したGoGoGolfのブルゾン。

いやMAGIC THERMOはすばらしい!

走行していた間は12〜14℃くらいだと思われるが、下りでもこれを間に着てると、まったく寒さを感じず非常に快適。

ほんとに薄くて軽くて、薄い表地1枚+薄い裏地1枚だけなんだが、室内で着ているときも熱反射保温効果のせいか、アンダーシャツ+これで十分だ。
くそう、もう1枚買っておけばよかったw

<上>
MIZUNOブレスサーモアンダーシャツ長袖
GoGoGolfのマジックサーモブルゾン
サイクルジャージ 裏起毛長袖
HOT ZONE 防寒手袋(これ最強)

<下>
underarmourコールドギアレギンス足首丈
サイクルジャージ 裏起毛足首丈(こいつだけじゃ無理)


書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20130224

旧鏡村役場


「まさかあの上まで?!」と一瞬ビビる


左にあるガードレールの傾斜を見て直進選択w


森林浴サイクリング


ルートラボ



今日はいつも走る海岸線が、マラソン大会のコースに含まれていて、そっち方面へは行けなかったので、一度行ったきりの行川を攻めることに。

で、いつものように予定変更w
行川に行って帰るだけでは面白くないので、鏡村役場〜唐岩の山中〜伊野へは抜けずに途中で行川に下るといったコースにすることに。

しかしながら3枚目の画像の地点でさらに伊野方面を断念w
直進すれば「平家の滝」があるらしいので、そちらを目指すことに。

こちらのルートも行川同様登りが延々と続く。
途中でときどき多少平坦になれば楽なのだが、息を入れられないような状態は、傾斜がきつくなくてもなかなかのもの。

で、平家の滝に到着と思いきや、途中で急に案内看板が無くなり、たどり着けないまま引き返した。
帰宅してから詳細な滝の位置を確認したが、
「なんだあのまま行けばよかったのか」
と、不親切さにがっかり。

結果、今回の標高は270mくらい。
前回の行川の大日神社付近が240mなので少し標高は高い。
前回のほうが坂はきつかった気がするが、距離の問題か。

平家の滝を越えてさらに奥へ行くと400mオーバー。
また、鏡から土佐町へ抜ける県道6号線は700m超級ですよ。
ちょっと楽しみが増えたかな。
夏場は長いのが出てきそうだが。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




GoGoGolf! 防風ブルゾン








ヒルクライムには下りが付きものだが、時にその凶暴な寒さに耐えきれず、下着とアウターの間に着る防風性の高いものはないのかと探してはいた。
しかしながら、あまり服を増やしたくないこともあり、
「来季にでも」
と思っていたところに、このGoGoGolfが登場。

だって、¥8925→¥1050なんだぜ
だって、帝人ファイバーと共同開発のMAGICTHERMOなんだぜ
だって、熱(体温)を(内部で)反射し逃がさないんだぜ
と、言い訳を並べてみるw

内側に着るから、LがよかったけどOだし、黒とか紺がよかったけどピンクしかなくて単体アウターでは着にくいとかあるけど、とりあえず価格に負けました。
すっごくよかったら、今後はMAGICTHERMOにこだわることとします。
今、プロ野球キャンプ漬けで3月後半まで乗れそうにないけど・・・・・・

ついでに、ここ最近興味津々のWINDSTOPPER製品も。
ネットでの防風評価もそこそこ。
いきなりジャケットは冒険過ぎるので、とりあえずグローブで耐寒・耐風性をテストしてみることに。
HOTZONEと比べて薄く操作性が高いので、同機能となれば乗換だがどうか。
今シーズンは使いすぎて限界が来た手袋を、3つ捨てて3つ買ったことになる。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ヒルクライム 2013-0203

サニーマート神田店付近から県道37号線で春野方面へ抜ける、いわゆる治国谷越えから、さらに上の烏帽子山登山口を目指すルート。
記録をたどると、最初にチャレンジしたのが昨年の10月14日
以来、何度もトライし続けて来たが、13%という過酷な上りに跳ね返されてきた。

「暖かくなると草いっぱいになりそうだから、早くカタをつけたい。鏡〜伊野ルートも攻略しないといけないし」
そんな思いがわいてきたこの頃。

で、今日、何とか攻略しました!
多少左側通行・右側通行を交互に繰り返したりしたけど・・・・・・(大汗)
※危険なので絶対にマネしないでください!


いやあ、もうマジで3×7段変速じゃないと一生登り切れないのかと思ってたので、肩の荷が下りました。

現地付近の情報を探してたらこんなサイトが
ウオーキングをしていることもあり、山登りも嫌いじゃないので、興味わきます。
おおなろ園は、ここ4年で結構施設拡大したのかなあ。。。



やっと開けた展望・あとひとこぎ地点


一番上の行き止まり


行き止まり看板から下を望む


やっと「下向き」の13%標識を確認


黄昏の魚さい要塞
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ヒルクライム 2013-0127

河畔サイクリング


営農地帯


ギブアップ地点


二宮尊徳



いつものコースだと、最初の坂道まで距離が短く、冬場は体が温まらないまま出力をあげないといけないので、それを避けるために今日はちょっとルートを変更してみた。
その途中で、金曜日にまったく別ルートの話を友人としていて、そっちの道が気になり、途中から完全にルート変更。

鏡川を登り、途中から行川方面に左折。
山を越えて、あわよくば伊野経由で帰ろうとしたが、現実はそんなに甘くはなかった。

まずは、行川中学校まで。
ざっと地図で見ただけだったので、川沿いにゆるゆる登るんだろうと勝手に思っていたら、川を置き去りに道がどんどん高くなるパターン。
お約束で最初飛ばしすぎて、途中で降りそうになってしまった。

なんとかここはクリアして、領家、唐岩分岐点の橋まで来る。
知らなかったけど、ここは合併前も高知市だったんだ。
市道のせいか、町村とは雰囲気違うわ。

唐岩のほうが南向きで暖かそうなので、そちらを選択。
そこからは、少し勾配もきつくなって、坂、坂、坂。
何とか大日神社まで到達するも、向こう側の遙か上方に見えるガードレール(赤い部分)を見て戦意喪失。。。
気温も上がらないうえに、その場でトークリップが折れたのにも気づいて、即退却した。
まだ14時くらいだというのに、下りは寒い寒い。


トークリップが折れる



走行時の気温 7〜8℃くらい
<上>
MIZUNOブレスサーモアンダーシャツ長袖
MIZUNOピステ薄手1枚もの長袖(こいつは防寒に向かないことを実感)
サイクルジャージ 裏起毛長袖
HOT ZONE 防寒手袋(これ最強。多少操作性は犠牲だが)

<下>
MIZUNOピステ薄手1枚ものロング
MIZUNO陸上用超薄手レギンス
夏用ビブ(パットが欲しかったので)

MIZUNOレッグウォーマー
MIZUNOブレスサーモソックス

追記:今日は上下とも寒かったですねー。これまでお日様が出ていたときは、予報より気温が上がっていたんだが、今日はまったく。
ピステ上下がもっと防風能力を発揮するかと思ったんだが、想定外でした。きっとわずかに寒い時期に羽織ることを想定した生地なんでしょう。
ナイキにウインドバリアーシリーズがあるので、そういった特化したやつのほうがいいのかも。
次回は、コールドギア上下使ってみて、それでも寒いなら12℃になるまで走らないことにします(笑


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ヒルクライム 2013-0120





今日は全体の距離は短めにして、久しぶり五台山を登りに。

ここに来ない間に、他の山道を走っていたので、結構上積みもあるかと思ったがやっぱりキツかった(笑)

最近気に入っている「ルートラボ」で調べたら、結構坂キツイんだよなあ。

標高で言うと、青柳橋6m→テレビ塔133mで、126mを2kmで登る。
500mごとの標高差は、30 33 24 39m。
最初の200mと最後の200mは、両方とも20m登る。
特に最後は、もう少し長くされたら本当に足がとまりそう。
10%が私の脚力の限界あたりみたいだ。

では、神田トンネルはどうか。
神田交差点6m→旧市町堺峠127mで、121mを3kmかけて登る。
序盤の300mで+40m(12.3%)が厳しいが、ここを越えるとどうってことはない。

次いで、私が未だに乗り越えられない鷲尾山登山口への道。
神田トンネル南口を0とすると、
魚さい公社まで400m +31m(400mの区間勾配7.8%)
テレビ塔道路フェンスまで800m 累計+58m(400mの区間勾配/6.8%)
登山口まで1200m 累計+102m(400mの区間勾配/11%)

最後400mは平均11%かつ、ずっと登りで息を入れられないので無理なんです・・・・・・・・。


走行時の気温 11℃くらい
<上>
MIZUNOブレスサーモアンダーシャツ長袖
デサントナイロンハーフジップ1枚もの長袖
アンダーアーマーナイロンフルジップ1枚もの長袖
HOT ZONE 防寒手袋(結構内側に汗をかく)

<下>
ナイキ 普通のロングジャージ
アンダーアーマー コールドギアレギンスロング
MIZUNOレッグウォーマー
MIZUNOブレスサーモソックス(前日の無機能よりはよかった)




書いた人 nippon | comments(0) | - |




ヒルクライム 2013-0119

海岸線サイクリング


中間スプリントポイント


かつて秋桜のあった場所



昼食後だと、少しもたもたしていると
「今から出ると、日も暮れるしやーめた」
と言い訳をするので、今日は10:30スタート。

MAX10℃予報だったが、結構暖かかったので、距離も長めにして3時間ほど走ってきた。
距離長めと言うより、途中風が強かったので、時間がかかったこともあるかもしれない。

レーパンは履かずにちょっと長めに走ったので、帰り間際はケツ痛かったです。


走行時の気温 11℃くらい
<上>
MIZUNOブレスサーモアンダーシャツ長袖
デサントナイロンハーフジップ1枚もの長袖
サイクルジャージ 裏起毛長袖
HOT ZONE 防寒手袋(甲親指が布仕様なので便利)

<下>
MIZUNOロングパンツ1枚もの ポリ100% ピステより厚
MIZUNOレッグウォーマー




書いた人 nippon | comments(0) | - |




ヒルクライム 20130112

中間スプリントポイント


海岸線サイクリング



正月休みもなかなか行けなくて、なんと6週ぶりとなりました。

久しぶりだったし、ウエイトを最近やってるもんで体重は増えてるし、昨夜も少なからず飲んだし、アップ不足もあるしで、序盤からキツくてキツくて早々と早退を決意(笑)。

いつものコースをショートカットして、1時間半ほどで終了。

今日は、ルート変更もあって、鷲尾山のトンネルを南側から登ったけど、道悪いよなあ。
路側狭いし、舗装もガタガタだし。
北側からはそうでもないから行ってもいいけど、南側からはもう行かない。
あ、下りでは1台も抜かれなかった。
神田トンネルと違って、急カーブがないので結構踏んでいけるんだよね(※技術とかは人それぞれなのでマネしないでください)。


アップ不足については、家から神田トンネルの登り口まで結構近いので、冬場は体が温まらないうちに急坂を登ることになるのが原因。
ちょっとルート変えたほうがいいかも。


今日は最近には珍しく15℃近くまで上がったので、着すぎてて暑かったです。
防寒手袋は、もう脱ぎたいくらいだった(笑)
専用ほど滑り止めが効いていないので、耐寒性と疲労感+操作性ダウンとのどっちを取るかってことになるんでしょうね。

<上>
MIZUNOブレスサーモアンダーシャツ長袖
久保田スラッガーロンT
久保田スラッガー裏メッシュナイロンVジャン長袖
サイクルジャージ 裏起毛長袖
HOT ZONE 防寒手袋

<下>
UNDER ARMOURコールドギアレギンス(薄手)
MIZUNOブレスサーモジャージ
MIZUNOレッグウォーマー


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ヒルクライム 20130103

あけましておめでとうございます


元旦は親族宅訪問のため、御酒もいただくしまあ無理だったわけで、2日は天候、気温とも申し分なかったのだが、いつもの
「明日でもいいや」
が出てしまい3日に延期。

今日になると
「え、昨日より5℃くらい低いじゃん。風邪ひくと困るし」
と回避。


あんまりごとなので、夕刻から次回行くための装備を検討するために、近場をサイクリング。
平地しか行かない予定だったが、乗っているうちに気分がよくなり、習性で山道へ。
途中から照明が少なすぎあえなく断念。

上・・・長袖Tシャツ+フリーストレーナー+ジャージ
下・・・ブレスサーモジャージ+ミズノBTレッグウォーマー

上はともかく、下は寒かった。
ブレスサーモは、防風性とは全く関係ないのを思い知った。
上下ともナイロンを間にはさんだほうがよい、レッグウォーマーは割と効果あり、などが今日得られた内容。

レッグウォーマーってミズノだけかと思ってたら、アディダスとかSSKもあるんだな。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




ヒルクライム 20121202

前日イベントがあったため(てか昼間っから酒飲んだだけだったんだが)、加えて昼から雨の予報だったんで、午前中にそそくさと1時間ほど登って下ってで退散。

気象庁による気温は8〜9℃。

今回の服装
<上>
・ミズノブレスサーモ ロンT
・デサント 1/4ジップ ナイロン
・サイクル長袖ジャージ(裏起毛)

<下>
・アンダーアーマーコールドギアレギンス
・厚手ビブパンひざ上丈

前週よりかなり気温は低かったですけど、そんなに寒くは感じなかった。
てゆうか、指切りグローブしか持ってないんで、そっちのほうが寒かったっす(笑


スペシャとアディダスとライブストロングと



デサントのブレーカー 陸上用? 赤黒2色持ってる 肌触りはGOOD



UAのコールドギア 下はレギンス そこそこ使えます
書いた人 nippon | comments(0) | - |




TNI CO2ボンベSet & チューブ



前回走行中にパンクしてしまったんで、
「あれ、CO2ボンベ買わなきゃいけないんじゃね? また金かかるなあ」
と思いつつ、チャリグッズ箱をごそごそしてたらありました。

きちんと予備も買ってるオレが憎いよっ、この。

チューブもこのときのがまだ2本残っていたし、あと2回までは大丈夫だ。

余談だが、私はバルブの長いタイプのチューブは見慣れていないこともあって妙に好きじゃなかったんだが、先日路上でポンプ無しでパンク修理していると、普通サイズの場合リム側から出てくる部分が短くて、ボンベ差し込むときに
「おいおい、大丈夫かよ」
って感じだった。
意味があって長いんだな、と。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




TOPEAKのUFOの電池交換









ORBEAロードバイクのサドルポストに取り付けしている、件のTOPEAK RedLite UFOの電池を初めて交換。

六角レンチを買ってから、やっと電池サイズが単5と認識w

3回ほど長時間消し忘れたこともあり、交換前は赤いLEDもあまり昼間は見えないほどだったりして、こんなもんかと思ってたら、結構ビカビカだったんだw

性能的には気に入ってるよ、うん。
もったいない、消し忘れ要注意だ。


書いた人 nippon | - | - |




ヒルクラwithついにパンクキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

土曜日に続き、日曜も軽く山登り。
帰路、峠を越したところで、最近下りをチンタラ走ってばっかりなので、今日はちょっと気合いを入れてと思った矢先、
「あれ前輪が・・・・・・・・・・・・」

ロード乗り始めて1年目にして、とうとうパンクキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

一応この事態を想定して、ずっとサドルバッグに応急グッズを忍ばせてきたのだが、役に立つのか?!

おそるおそる出してみる。
・予備チューブ
・六角レンチ(今回関係なし)
・タイヤレバー×3
・CO2インフレーターとボンベ2ケ



で、早速修理に。
パンクは過去何十度も修理しているので、まったく苦にはならない。
しかも今回はチューブ取り替えだし。
ちゃんとインフレーターの取説入れてる自分が憎いよっ、この男前。



説明書を見て、赤いところをきちんと閉めてからボンベを差し込むと、なぜかいきなり発射! 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工

何だよ、よく取説見たらインフレーター逆ネジかよ!

記念すべき1個目は空砲に終わるorz

気を取り直して2本目。
これを失敗すると後がない。
押して帰るにしても1時間はかかる。
何より寒い、それだけは回避したい、慎重に。

今度は成功。
「あっという間」もないくらいの速さでパンパン状態。
バーストするんじゃないかとそっちでびびった。
CO2すごすぎる。
タイヤももう1年近く使っているので修理しやすく、10分程度で終了でした。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ20121124

「ヒルクラ」と称してはいるものの、今日は13%勾配には挑戦せず。
序盤から風が強く心が萎えたのと、ついでに鼻水も出てきたりして呼吸もスムーズでなく体力消耗が大きかった。

先週は、上はロンTにナイロンジャージ、下は夏以外用ひざ上ビブだったが、17時頃までうろうろしてたら、めちゃめちゃ寒かった。
当日はスタートした15時が14.2℃、17時半で13℃くらい。

今日は、完全に冬装備。
上下ともUAの薄手のコールドギアを。
詳しく言えば、上はハーフジップタイプ長袖、下は足首までのスパッツ(いまどきはレギンスと言う)。
加えて上には裏起毛の長袖サイクリングジャケット、下は夏以外用ひざ上ビブをそれらの上から。

長袖のサイクリングジャケットは、今日初めて着用したが、多少サイズが大きく、加圧がないため、体型がもろに出る。
下に着込むこともあろうかと、ワンサイズ大きめにしたが裏目だったか。

今日は出発時14時が17.4℃、帰着16時は15.6℃。
先週と比べると暖かだった。
今日の服のパターンではさほど寒さは感じなかったが、12、3℃になるとちょっときついかも。



海岸線サイクリング


発祥の地記念碑


刈り取り終了
書いた人 nippon | comments(0) | - |




リング付六角棒レンチセット



先日来、ボトルゲージの固定ネジはゆるんでるわ、TOPEAK RedLite UFOの電池が少なくなって光量が減ってきたがあけられないわで、かなりイライラしていた。

バラの六角レンチを入れていた袋が見つからないのと、汎用の数種類フォールディングタイプでは合うサイズがなかったためである。
精神的に限界が来たので、本日購入してきた。

8本組で498円。
1.5  2  2.5  3
4  5  5.5 6 各mmである。
高いグレードを探したら10倍の値段だったのでよした。

TOPEAK RedLiteの裏ぶたは2.5mmだった。
ボトルゲージ固定ネジは3mm。

自転車用は、2〜6の各整数と、2.5があれば大体ことが足りるとどこかのページにあったが間違ってはいないようだ。






書いた人 nippon | - | - |




けふのヒルクラ20121117

午前中は結構激しい雨。
午後2時にボランティア業務終了。
その後、3時くらいにやっと雨もあがったので、先週はまったく乗られなかったこともあり、乗った。
それにしても、普通に大きいミミズ出てきてるよな山道。
加えて、上半身はともかく、厚手でもひざ上ビブだと、まじさみぃぃぃぃぃぃ!
2週間でこんなに激変されてもなあ。
本格的に冬ウェアすぐに考えないと。


改良された治国谷神田口



霧中サイクリング



雨上がり市内西部
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ツールドフランスの本


細かいことを解説してくれているサイトがないので、借りてきた。
もっと知りたいのほうは、今年5月に出たばかりなので読みやすい。
完全ガイドのほうは、構成がよくない。
昨日かなり飲んでしまい、今日は昼過ぎてもリバースしてたりして、自転車乗れる状態ではなかった。
日曜日はいつもの雨予報だし、今週はサイクリングは無理か。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ワセリンに出世



向こうずねをざくざくっといった傷がやっと治ってきた。

イソジンシュガーパスタ軟膏
 ↓
化膿してきたたためかさぶたはがされて点滴3日連続
 ↓
点滴終了。ゲンタシン軟膏に
 ↓
6日使用して化膿再発なし
白色ワセリンに


縫えないこともあってか、いわゆる湿潤療法らしく、入浴は普通に、消毒必要なしとのことだった。

ちょっと傷口の画像はまだアップできないっす。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




サイクリングH241103

〜プロローグ〜 高知魚さい要塞



13%標識は超えたがここでいっぱいに



いつもの海岸線サイクリング



今日は仁淀川以西に出張ってみた



噂の導流なんとか



2週間後のコスモス地帯



終盤 治国谷入り口





先週の土日は、ケガと雨もあって乗れませんでした。
今週は脚のケガはほぼ回復してるかから、こけさえしなきゃいいんだが、胴体のヒビが、まだくしゃみをしたら呼吸困難に陥り30秒は立ち直れないレベル。
いつもならところどころで、ごく短距離区間を強めにいったりするんですが、今日は終始まったりペース。
あとねえ、パンツのサドルとの摩擦係数全メーカーで統一してほしいです、マジで!






書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクライム

今日もいつものコースでした


 13%


 中間スプリントポイント


 海岸線サイクリング


 河畔サイクリング(この付近は舗装も状態よくて好き)


 コスモス地帯


 田園風景


 神田トンネル付近から市内西部を望む


書いた人 nippon | comments(1) | - |




No Use for a Name

3分で振り返るツールドフランスシリーズをYOUTUBEでここのところ日課のように見ていて、BGMになっているNo Use for a Nameもなかなかいいなと興味を持ち始めていたところ、メンバーが私が動画を見始める直前に亡くなったことを知ってがく然。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクライム



いつものコースでは標高90m程度で物足らないので、新しいルートを開発している。
市内の北の方へ行けば300m級なんだが、市中を通り抜けるのが面倒すぎるので却下。

で、どこかにいいとこはないのかと探していたら、身近にありました。
これまで神田トンネルを緑色のルートでそのまま通過していたのだが、旧道を行けば標高118mまで上がれる。
それから下らずに東方向に行けば、烏帽子山、鷲尾山への登り口があるらしいんだが、ここだと180m
「え? この距離で100m近くアップはないんちゃう・・・・・・
と思いつつ、今日チャレンジしてきた。

往路は、私の場合地図上から来るんだが、トンネル入り口手前で進路を西に取り旧道(地図では赤)へ。
うーん、夏なら日陰で涼しそうだが、今となっては肌寒いレベル。
さほど苦労せずに峠となる霊園入り口のあたりへ。
さらに西の西分峠の文字から左方向に行けば、標高140mくらいまで上がれるのだが、ダンプの往来が激しいので、今度日曜日に来たときにでも行くこととし、トンネル南口まで下る。

県道を横切り、地図の「ル」あたりから右へ、登山口を目指す。
実は、夏場一度この道を上って行こうとしたのだが、上に何があるかもわからず、また途中に猫がやたらいたのでやめたのだった。

まず、左手に製材所を見て通過。
次に、高知県魚さい加工公社を左手に見て通過。
「ここの匂いに、ぬこが集まってきてるのでは?」
と思ったが、HPにもあるとおりまったく匂いは無い
確か、匂いのせいでこんなところじゃないと建設できなかったと思ったのは記憶違いだったか。

グーグルマップで見ると、高知市のランドマークの一つである烏帽子山の鉄塔の、少し西側の柏尾山にある小振りな鉄塔まで行ける道がついていて、
「ここが通れたら300mなのになあ」
と考えていたが、さんさんテレビのものらしく、頑丈な金網で封鎖されていたのであった。

ここまでは余裕ぶっこいていたが、とうとう坂道が短距離で標高アップの本性を現した。
ちょうど地図の右端の切れ目のあたりで、目の前の標識には、

↑ 13%

標識を超えて数メートルこいだものの、
「別に上になんもないしな。通り抜けられるわけでもないし」
「それよりあと30km以上走るんだし、ここで体力使ってもねえ」

と、あっさり断念(笑)

次回は、ここ登り切るだけのつもりで行ってもいいんじゃないすか。










書いた人 nippon | comments(0) | - |




同じ自転車に乗っている人を探す

このところ、土日の天気が悪く、
「天気予報悪いな。降ってきたらイヤだしやめとこ」
と思うと、結局夕方まで降らず。
「明日は午前中は晴れだな。朝早めに走ってこよう」
と思うと、いつの間にか予報内容がすり替えられ、出かける前から雨に。
前者の場合、ナイター観戦に行ったとたんに土砂降りになったりするので、余計に腹が立つ。

それはいいとして、金曜日は禁煙外来受診で午後は休暇を取得したので、通院後に、土日もそれぞれほぼ同じコースを走った。

ベースコースは、約15km。
高低差80mほどの山を登って降りてすぐターン。同じルートを帰ってくる。
家の近所はアップとクールダウンをかねて、ママチャリに抜かれるくらいゆっくり走っているので50分程度。

時間のあるときは、ここから無制限に延長しているんだが、昨日は、スタート時点ですでに雨。
今日も出るのが夕方になったので、延長できず。
もう少し走りたい。


私の乗っている2台のロードレーサーは、カラーが特殊なせいか、同じものを乗っている人を見たことがない。
まあ、車種もレアっちゃあレアなんだが、自動車じゃないんだし、そうそう同じでもないか。

で、どんな人が乗っているのか、画像検索で探してみた。
最近乗っているほうのORBEA MITISはこちら


2009年12月に売りに出されている。
co.zaってことは南アなのか?
当時のランドで換算すると約8万円。
10速でこれなら、まあまあいいお買い物ではないか。
オルベアは、フレーム注文の際、多少カラーリングも変更できるようなので、それがまったく同じカラーが少ない理由かもしれない。


続いては、TREK2300
これは、笑っちゃうくらいまったく同じだ。
まあ、パーツはそこそこ違うんで、自分のかどうかはわかるけど。
これを機会に、この人に友達リクエストしてみようかな(笑


乗った感じはORBEAは繊細、TREKは剛でこれぞアメリカって感じ。
昔の磯竿でいうと、F1とT1、速攻と剛弓ってイメージかな。






書いた人 nippon | comments(0) | - |




Panasonicの自転車すげぇ

検索してたらたまたま出てきた、Panasonicの自転車についてるあれこれ

ガチャリンコってネーミングもすごいが(笑)

いやあ、私のロードにも付けたいくらいだ。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




連休のサイクルトレーニングとか

○15日(土)
久しぶりにORBEAで長距離を走った。
以前よりサドルを結構上げたこともあり、うーん、ケツが痛い。

先日まで乗っていたTREKのサドルは、SELLE SMP (セラ エスエムピー) シリーズで、先月90km走ったときでもまったく痛いとは感じなかった。

ORBEAのは、VELO COMPETITIONのジェル入りなんだが、ジェルの入っていないSELLEのほうがよほど柔らかい。
やはり、真ん中が大きくあいているデザインはいいんだろうか。
で、痛みに耐えかね15kmほどで挫折。往復30km少々で終了。


○16日(日)
行こう行こうと思いながら雨が心配で出られず。
結局夕方まで降らなかった。ちくしょおぉぉぉぉ!


○17日(月祝)
終日風雨。
夕方ちょろっと5km程度。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




自転車のチェーンオイル汚れ落とし その2

またまたブルーキーで、やってみました。
今度はいわゆる綿パン。綿100%です。
やり方は前回のとおり。


左側裾・洗濯前

左側裾・洗濯後 これはすごい!


右側裾・洗濯前

右側裾・洗濯後 若干残ってますがこれは食べこぼし?


ブルーキーって、昔運動靴洗ってたときはすごさを感じなかったけど、改めてまじめにやってみると、結構すごい。
いや、いい経験でした。




書いた人 nippon | comments(0) | - |




ブルーキーでブレーキオイル汚れは落ちるのか

自転車乗りにとって、オイルによる衣服の汚れは宿命とも言える。
何しろ、ちょっと移動させているときにコンと体にあたれば、そこにはチェーン模様の黒い汚れが・・・・・・。

これまで灯油を使っていたが、使用後に水で入念に洗わないとニオイが移るので、洗濯機に安易に放り込めないという不都合もあり、恒久的に使えるものはないかと、汚れ落としの定番ブルーキーを使ってみた。

1)少し生地を湿らせてブルーキー塗る
2)ブラシでゴシゴシ
3)放置した後(今回は24時間)、洗濯機で洗う

結果は、画像のとおり。

いや、すごいです!

今回は化繊だったので、少々固めのコーナーブラシでゴシゴシやりました。
そのときは、綺麗には落ちていなかったのですが、長時間放置が功を奏したのか、かなりいい具合に。
次は、綿パンやってみよ。

注)自己責任でお願いします





(洗濯前)

(洗濯後)


(洗濯前)

(洗濯後)


(ブラシ)
書いた人 nippon | comments(0) | - |




サイクルグローブ発見



行方不明で苦労したんだが、弁当箱を買い換えたため、最近使ってない、あべちゃんのお弁当袋に入ってた。
両方洗濯した後、何も考えずにポイと入れたままだったらしい。
結構探したけど、これは無理っす。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日のヒルクラ

上町〜神田〜治国谷(神田トンネル)〜春野運動公園前〜諸木郵便局〜花街道〜高知競馬場〜内の谷交差点

ここで1時間経過。

このまま鷲尾トンネルを越えれば1時間半もかからず終了なので、
「このルートを戻れば、2時間だな」
ということで、元来た道を折り返し。

7,8月に比べれば、汗のかきかたは激減。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




エレッセ 度入りサングラス ES-S101 ロードバイク編その2



先日購入した度入りサングラスエレッセのES-S101を今日は試してみた。


今日は、ロードバイクで「上町〜鷲尾トンネル越え〜春野運動公園前〜神田トンネル越え〜上町」と軽めの峠2つ。
途中ちょっと回り道して、16km程度で約50分。
あっという間だ。

今日は5種類あるサングラスレンズのうち、「偏光スモーク」を使用。
可視光線透過率は、18%。
曇り空で薄日がさす程度で、外ではまあOKだったが、比較的照明が少ない鷲尾トンネルではさすがに暗かった。
跳ね上げ式ではないので、車道が狭く、安全のためこちらも広いとはいえない自転車道を通るこのトンネルではスピードダウンせざるを得ない。
大会時なら、通常車道を通るのでまだましかも。

インナーレンズのはめ込むところがやわいので大丈夫かと思ったが、はずれるような雰囲気は無し。
目のすぐ前の見え方は、サングラスレンズと二重なので、1枚モノと同じとはいかないが、まあ許容範囲。

通常のめがねは汗などでずれおちて来て、前傾姿勢になるとフレーム上部の切れ目に視線が行ってしまい、何度もめがね位置を上げなければならないが、スポーツ用を標榜しているだけあって、上部への視界(上目遣いするとき)はすごくよく、まったくと言っていいほどズレ落ちはない。
逆に、下部はがら空きだが、これによる支障はない。

特に耳も痛くないし、ずれることはないし、全体的には及第点。

大会や長距離に行くなら、小さなパッケージ入りのレンズ拭きは持っていくべきだろう。
普通のめがねでもいるんだけど、レンズ4枚だからなおさら。
結構目から度入りレンズまで近いんで、接触しがちだし。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




エレッセ 度入りサングラス ES-S101 ロードバイク編




エレッセのES-S101が到着した。

度入りで7,000円弱と超安価。

今時のめがねはレンズ小さめなので、ロードバイクに乗っていて汗でずれてくると、前傾して上目遣いになったらもうレンズから外れてアウトなんだが、これはホールドもしっかりしているし、その点では大丈夫そう。

あとは、このレンズ2重がどうかってこと。

日曜日に実戦で試してみる予定。
書いた人 nippon | - | - |




TREK 調整ほぼ終了






変化がわかりにくいけど、前はこんな感じ。

ステムとハンドル交換(えらい上向きなんだが)。
それから、ホイールとタイヤを交換した。

ホイールは、オリジナルスペックにこだわって、ボントレガーレースライトにしたが、結構な出費だったので、
「MAVIC PROのままでもよかったかなあ」
と、少し思っている。

これでしばらく、経費の発生はなさそうだ。








書いた人 nippon | comments(0) | - |




ついでに筆山ヒルクラ



夕方だけど、まだ暑い!
五台山よりは楽。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




今日も五台山ヒルクラ



いや、暑い!
鉄塔までは来たけど、もういい。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ルイスガーネアウ



ひとつしか持ってないのを紛失して、ライドで泣きを見たので、引き続き2つめを購入。

BIOGEL RX(size:L)  1,852円で取得。

どっかで「ルイガノのグローブも結構いい」というのを見かけ参考にした。

その名の通り、ジェル入りということで、先日買ったシマノが薄めということもあり、結構厚い感じ。

今日、バーテープを巻き替えて、結構厚めに巻いたので、とりあえず使うならシマノかな。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




シマノのグローブ



元々ひとつしか持ってなくて、3回くらいしか使ってないのに、いつのまにか行方不明になったので購入した、シマノPro LAUNCH サマーグローブ。

夏用なのか、パッドも薄め。
取得価格1800円弱。

昨日今日と、そこらのスポーツショップ回ってみたけど、グローブは最低でも2980円でした。
ローカルだとこんなもんなんだよなあ。

そんなわけで、サイクルグッズは通販に頼ることが多いんだけれども、客観的には
「買い物が多い!」
と言われてしまう不合理。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




ステムとハンドルのキシキシという異音

今日は、夕方ぼちぼちトレーニングにと、治国谷を初ヒルクライム。
最初、ちょっといい感じの傾斜、少しフラットでもう一度傾斜、その後かなり緩くなったと思ったら、あっという間に峠付近の神田トンネル。
五台山や鷲尾山の広域農道よりはるかに緩く、嶺北の峠を越えた身では物足らなすぎる。
「平地で距離を稼ぐか」
と思いつつ下りへ。
が、ここでトラブル発生。

アップ少なめでいきなり坂にアタックをかけた(←何を大げさな)のと、レーパンのウエストがキツかったのと、たぶん両方のせいで腰痛発生。
私は衣服でウエストを締めすぎると、こういう状況になることがよくある。
レーパンは先日練習で一度はいていて、そのときは大丈夫だったんだが、体調にもよるのかも。

下りきった後は、一気にペースダウン。
迎えに来てもらおうか迷いつつ、ロード乗りとは思えない速度で、きーこきーこ。
実家に忘れたんでメット無しだったけど、かぶってなくてよかったわ。
なんとか平地ルートで自力帰宅。


先日、ステムとハンドルを交換して以来、四六時中ギシギシと異音がしていた。
また、サイコンもセンサーがあべこべになっているおかげで動いていないし、こういった理由もあって、今日は遠くに行く気になれなかったんだよなあ。

異音の件については、最初
「締め付けが緩いせいか?」
と考えて、取り付け翌日に、ハンドルクランプ、ステム取り付け部分を当初よりきつめにしてみたが、まったく変わらず。
とある話では、ただ締め付ければいいってもんじゃないらしい。

別のところで見た、グリスを付ける方法を今日帰ってきて試してみた。
まず、ハンドルクランプをスカスカまで緩めた。
それでも鳴るので、あとはステム取り付け部分しかない。
今回は、同じスタックハイトのものを購入したので、スペーサーは無い。
ステム最下部は直接その下の金属にあたっているので、そこがもっとも怪しい。
グリスが手元になかったので、ラスペネを少量つけてみた。

何だよ、あっさり直るのかよ!?

とうことで、解決しました。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




復活のオルベア



新古品のアルテグラST-6600GのSTI左(=フロント用)が到着し、早速到着。
つーか、昨日試したんだが、過日のティアグラ同様、相変わらずインナー(ロー側)からアウターへ移動しようとしない。

前回はジャンク品だったのであきらめたが、今回は未使用品なので、ネットでマニュアルを探し、今日再度トライ。

「インナーエンドがケーブル掛けに確実にセットされていること」
という記述に注目。
「まさかそんな初歩的なミスは」
と、思いながら再確認してワイヤーをセットすると、
あら不思議、あっさり変速しました(笑)

もしかして、前回も余裕がなかったのでこんな初歩ミスだったかもorz

あたらしいレバーはツルツルで触り心地がいい。
もう落車はするまい。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




ステムとハンドル交換





ステム・ハンドルを交換した。
コラム長が40mm短くなったのに加え、
ライズ ほとんど無し→30度
ハンドルタイプ シャロー→アナトミックシャロー
ハンドル幅 420→400
と、一気にコンパクト化したもんで、

おいおい、ちょっとハンドル近すぎねーか(汗)
これじゃヒルクラ専用機だろ

って感は、否めなかったりもする。

ただ、交換前は、ダンシングの際は、
「足止めて、遠い遠い位置のブラケットをうんしょと握って、立って、そしてこぎ始めて」
って感じだったけど、換えたらすごい。
こぎながら持ち替えてそのまま立っていける!
平地走行の負担も減った。

ついでに、トークリップもちょいこじ開けてみた。
奥までスムーズに入るようになった。
(さっさとSPD買えよって話なんだが)

大会前にやっておけばと、つくづく悔やまれる。

クランプ径26から31.8にしたけど、ハンドル幅が20mm減ったこともあり、ライトやサイコンが取り付けにくくなったイメージ。
バーテープは、ガン見されたら恥ずかしい、試乗用のきたねー巻き方。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ロードバイク以外の費用

ロードバイクは付属品を付け足していくと結構かかる。
まあ中には一度買えばそうそう変える必要のないものもあるし、何がいるかは人それぞれだけどね。
私は、入門編で車体は中古。
次のような感じでした(一部送料込み)。

空気圧ゲージ付きポンプ PANASONIC 3,000 
携行ポンプ TOPEAKミニモーフ 3,740
タイヤゲージ GIYO GG-06 1,344 →ゲージ付ポンプがあれば出番無い
ライト VETTA ナイトビジョン3L 2,500
テールランプ TOPEAK 1,998
サドルバッグ SP-504 1,800
ヘルメット OGK LEFF 6,000
サイコン CATEYE CC-VT210W 3,500
ボトル2本 ELITE ICEBERG 2,000
ボトルゲージ2個 ミノウラ 2,000
グローブ 2,500

サドル VELO COMPETITION 3,520
タイヤ前後 RUBINOPRO3 5,600
チューブ 0TW700-20F-NP ×3本 1,800
バーテープ コルク 1,000
ペダル シルバンロード+クリップ等 6,000
ワコーズ ラスペネ&メンテループ 2,680


幸いなことに、中学時代から自転車いじりはしていたので、工具一式は持っていた。
上の品々に加えて、専用工具を最初から揃えていくと、1万円は超えるんじゃないかな。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




よもやの自転車貧乏



土佐ライドが終了したばかりだが、すぐやらないと、ズルズル先延ばしになりそうなので、さんざん苦労したTREKが快適に乗れるように改造に着手。

リーチが遠すぎるので、ハンドルをTNIのエルゴノミックシャロー(31.8mm/400mm)に、コラムはRitcheyの70mmに。
タイヤは表のゴムがすり切れるほどにボロボロという要交換状態だった。
極度にパンク嫌いということもあり、MICHERIN PRO3 Raceをチョイスした。

極力価格の安いところをそれぞれ探したが、これだけでも15,000円の出費。

ついでのついでに、中古だがBontragerのRACELITEにホイール前後を交換するという暴挙に出てしまい、さらに20,000円。

落車で故障した、アルテグラの左STIが新古品で8,000円。

うわあ、金がないと思ったらいつの間にかこんなにも。。。(号泣)

早く手持ちの不要部品を売る準備しなくては。




書いた人 nippon | comments(0) | - |




土佐センチュリーライド無事完走! したが・・・



参加された皆さん、お疲れ様でした。

うーん。90km完走はしたものの、いろいろあって納得いかず。
5人でゆっくりしながら走ったが、5時間オーバーはなあ。
言い訳は次のとおり。

1)大会一週間前に落車。肉体的&シフトレバー故障によるダメージ
(経験から言うと、あばらにヒビ入ってます。当然その後は練習できず)

2)なぜか1つしか持っていないグローブが行方不明

3)シフトレバーのパーツが着いたのが土曜日夕刻。余裕のない状態の調整

4)これが一番問題だが、サイズの合ってないバイク(TREK)で出場


大会8日前の土曜日に落車したんだけど、その翌日からもうちょっと冷静な対応ができなかったのかと今さら反省。
ずっと一緒に練習してきたORBEAで出るつもりで、代替中古パーツ注文したけど、いずれ購入するだろうTREKのサイズ調整用パーツ(コラム、ドロハンetc)も万一に備えて大会に間に合うよう注文しておけばよかったか。


んで、当日。
朝イチで、練習時にちょくちょく立ち寄っていた実家にグローブを探しに行ったのだが、無かったので無駄足。
参加規定でグローブ必須だったので、あえなく釣用ので代替。
もちろんクッションなし。

これで時間をロスしてしまい、現地でやろうと思っていたサドル位置の調整や空気入れができずじまい。
落車でケガしてたんで、コントロールしやすいよう、かなりサドル位置は低めにセッティングしてたんだよなあ。

ずっと練習で乗ってきたORBEAに比べて、TREKはトップチューブとコラム長の計だけでも単純に7cm長く、おまけにハンドル幅も2cm広い。
実際、どこを持ってもキツイんだよこれが。
おまけにクッションなしのグローブだもんなあ。

それからトークリップ。
直前にLLからLに交換したんだが、ちょっと足の位置が後ろ気味。
大会までにクリップの幅を広げようと思っていたんだが、一度外さないとネジに悪そうなので、やろうとは思いながら前日の余裕のなさでそのままに。
踏み位置が悪すぎた。

この2点で普段とは格段に違った。
前半は結構いけたけど、2回目の坂はもうダメだった。
これまで感じたことのない、妙な疲労感が脚に蓄積。
「ダメ、もう坂のぼれねー」
って感じ。

おまけに、当日朝から腹痛で、レーパンは締め付けが強いのではけなかった。
やむなく普通の短パンにしたけど、空気抵抗の積み重ねは大きかったんじゃないかな。
つか、前日に飲んでんじゃねーよ、オレ!

こういったごたくを並べて、自分の体力を棚上げにする自分が好きだ(笑
書いた人 nippon | comments(0) | - |




不安だセンチュリーライド

今日やっと半分ジャンクのtiagraのSTIが届いた。
で、付け替えをしていたんだが。。。

元の故障したSTIのワイヤーを外そうとしていたら、ずれていてどうしても直らなかった部分がスポッと
 ↓
これはいけると新品のワイヤーを使って付け直し
 ↓
一時機能するも細部調整していたら、徐々に調子悪く・・・・・・orz
 ↓
で、tiagraに付け替え
 ↓
さきほどのワイヤーを使おうとしたら、あえなくバラケ・・・・・・・
20時を過ぎていて、近所で売っている店はすべて閉店
 ↓
半分出走をあきらめていたところ、ストックを1本発見し、取り付け
 ↓
ワイヤーの無い状態では、カチカチは普通だが負荷をかけるとNG(涙)
 ↓
出走取りやめか悩んだが、サイズの合っていないTREKで出ることにして、ペダル、ホイール、ボトルゲージ等をORBEAから移植
何とか格好はついた

いやあ、疲れた。

で、出走条件であるグローブも行方不明なんだが。。。
気象庁も急に予報変更しやがって、明日は雨らしいし。






書いた人 nippon | comments(0) | - |




STIぶっ飛び



先週土曜日に落車し故障。
パーツ取り寄せで何とかなるかとも思っていたのだが、ここは分解できないレベルとのことで、修理不能。
1万数千円が・・・・・・・(号泣

しかしながら日曜日は、仲間と走りに行くことになっているので、現在中古パーツを調達中。
新品を購入するか悩んだが、10速全盛なのに今さら9速の新品は買いづらい。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




トークリップ交換



MKSのトークリップLLを付けていたのだが、足先が3センチほどあまるので、Lサイズの皮付き合金、皮なし鉄を購入。
現在皮なしを使っているが、LLと比べると狭い上下を少し開けばOKだ。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




反射たすき



一応テールライトは付けているのだが、やはり夜間高速走行はこわい。

なんでもいいから、安くてそれなりのものをとネットで探したら、あったのがこれ。
送料込みで600円弱。

ウオーキング用なんだ(笑)

124センチのわっか型。
気持ちばかりのゴム部分が7センチ。

台紙裏には、分速ごとの消費カロリー表などあって、シンワエンタープライズさんの良心を感じます。

明日からバッグに忍ばせる。




書いた人 nippon | comments(0) | - |




11mmコンビネーションレンチ



ただただペダルのオーバーホールのためだけに。
しかし、なんで11mmなんだ。ギリギリ店に置いてるって感じだった。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




チャリグッズ購入



「そんないい自転車乗っているのに、本格的に走らなくていいのか」
という外圧に屈し(笑)、装備を充実させることに。
で、いろいろ買った。

○ヘルメット
kabuto LEFF XL/XXL

○サイコン
CATEYE VELO WIRELESS+

○ボトル
ELITE iceburg

○トゥークリップ
MKS Toe clip steel LL

○ストラップ
MKS fitα SPIRITS

○サドルバッグ
OSTRICH SP-504
書いた人 nippon | comments(1) | - |




自転車用ライト



現在、TREK2300には、パナソニックのNL−842(右側の大きいほう)を使っている。

これがだな、「CR123A」という面倒な電池なわけだ(知りつつ買ったんだが)。
しかも、2個使用。

光量はものすごい!
最初の30分はね・・・・・・。

その後、三段落くらい明るさが落ちる。
もともと、リチウム電池は長寿命を目的ということを考慮すると、最初のメチャメチャ明るい段階がイレギュラーなのか?!
電池は、このライトの購入時に、充電器と合わせて購入し、それを使っているところ。

で、今日、自転車商品を整理していたら、以前使っていた、NL−818が出てきた。
こいつは、CR123A×1個仕様なんだが、以前いたずらで昼間にスイッチONされてて、電池切れ。
買い直すのも高いので、いやになって放置していた。
こちらに暗くなった状態の、NL−842から取りだした電池を入れると結構明るい。


最近は、いたずら&盗難防止のために、極力ライトは取り外ししていて、選ぶときも、取り外しが容易であることも重視している。
このNLシリーズはゴム使いシリーズなのだろうか。
たまに、最初のセットが緩いと走行中に段差で落下するが、きつめにセットすれば問題ない。

個人的には、「VETTA ナイトビジョン 3L」が、取り外しや光量、電池の持ちといった面で100点満点なんだが、今売ってないんだよなあ。(多分)
ちなみに、こいつはBianchiアドバに付けている。


NL−842に巻き付いているのは、パナソニックのネックライト BF-AF10P-Y
頭に付けるヘッドライトの首ぶら下げ版といった感じ。
興味本位にスポーツ店で買ったが、そこそこ明るく予想外に使えた。
光量ダウンが気になって、カバンから取りだして付けてみましたとさ。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




トレックのペダル



Wellgo(ウェルゴ)の LU-C16ってモデルなんだけど、これいいわ。

通勤用なんで、革靴(革底厳禁)かスニーカーなんだけど、両面の割に、ひっぱりあげるときもトークリップはめてるときほどじゃないけど、結構ついてきてくれる。
それも革靴・スニーカーに関わらずOKなんでおすすめ。
とりあえず、軽量っぽいってことだけで選んだんだけど、「アタリ!」みたいな感じ。

まあ、好きな人はビンディングで履き替えるんだろうけどね。

安全も考えているので、両面反射付きもありがたい。

重量は280程度gらしい。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




トレック2300




こんな感じで乗ってます。
ハンドルがちと遠いな。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




やってしまった



今朝、自転車を家の中から出してたら、ドアのそばに別の自転車があって、無理な態勢で出そうとしたら、クールビズ用のチノパンがこの結果。
朝からまた着替えたりして。
帰宅して、灯油につけてかなりやってみたけど、乾いてみないことには結果はなんとも。

チノはオフホワイトしか履かないことに決めてるのでいたしかたないが、自転車乗りは、毎年2本新調しないといけないくらいだなあ。

ちょっとヤフオクのぞいてみたけど、最近スラックス、パンツ系も安くなったなあ。
ちょっと前までは、不思議なくらい何であれ3980円が最低ラインだったが、今や2千円前後がごろごろ。
何でもいいってわけでもないが、ちょっと興味をそそられた。

で、今何してるかって?
そば打ってるよw



書いた人 nippon | comments(0) | - |




TREK2300



ORBEA MITISがあるにもかかわらず、もう1台購入という暴挙に出てしまった。
「今夏、自動車を2台から1台に減らすので」
と、自分に言い訳をする(笑)

今となっては古いモデルだが、かつては結構いいお値段でした♪

(あ、ORBEA MITISきゅんもね。)

標準仕様からは、ホイールだけがMAVIC OPEN PROにダウングレードされてます。

うーん、標準仕様のBONTRAGER Race Lite のホイール欲しいけど、5〜6万はしそうなんで手が出ないわ。

今後、サドル、ペダル、タイヤ、ライト類を何とかしないといけないが、耐えられる廉価品にしても、1.5万円は軽く超えてしまうなあ・・・・・・

重量は約9.5kgでした

書いた人 nippon | comments(0) | - |




ロードバイクの空気圧管理

ORBEA Mitisを乗り始めて、パンク対策にいろいろ買ったはいいものの、しばらく乗ってみて
「無茶しなけりゃ、そうそうパンクなんてしないじゃん」
ということに気づく。

まあ、RUBINOPRO3というパンク対策では評判の高いタイヤを履いていることもあるかもしれないが、こうなると空気圧管理もだんだんおろそかに。。。

先日、久々に空気を入れようとしたら、
「あれ、アダプターが無い!」
と。

確か小さなヤツがついていたが、空気入れのチャック部分(一番先)にはめこんでもスカスカだったので、どっかに置いて転がっていったのかと、自分の管理の甘さを悔やむ。

そのまま日々が過ぎていったが、今度は乗ってて違和感を覚えるほど空気圧がダウン。

これはヤバイと、ポンプ再購入も視野に入れながら、アダプターを物色した結果、ちょうど私と同じポンプを使用した入れ方の説明のページ(楽々ポンプゲージ付の場合の仏式のところ)を発見。
「あれ、この金色のなら今も付いてるぞ」
と、トホホな展開でした。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




体重計で自転車の重さを計る

私のORBEA MITISは結構軽い。
片手で持ち上げて歩いたりできるので、ママチャリ、いやいわゆる一般のクロスバイクと比べてもかなり軽い。

では、いったい何kgなのか?

「つり下げ式のバネ式はかりとかじゃないと無理だよなー」
などと思いつつ、なんとか家にある体重計で計れないのかと考えていた。

今日も、横に長い板とかに載せて、でもそれでは偏りが出るんじゃとか思ってたところ、
「持って乗って、おりればいいじゃん!」
と、普通の人ならすぐ気づきそうなことに、いまさら気づいた。

それと同時に「オレごと刈れ」というプロレス技を思い出したりした(笑)

結果、9〜9.5kgってとこか(古いアナログ式なので)。

7〜8kg台かと思っていたが、まあ10kg以下なら持って軽い感じがするってことかな。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




じゃあね





自転車がちょっと増えてきたので、人に譲ることとした。
これはお別れの写真。

このときに買ったのだから、もう4年か。

主に、会社の雨ざらしの駐輪場において、そこらを回るのに活躍してくれていたのだが、その分あまり家に持ち帰って整備しなかったので、コックピットはご覧のようにさびさび。

てゆうか、安物だからクイックがうまく抜けなくて、前輪が外れないのかとずっと思ってたんだけど、最近買った高い車種でも外れないので、よく見たらステーの先に角度が付いてるタイプもあるんだねえ。

しかし、これって少しは意味あるのかな。





書いた人 nippon | - | - |




ロードバイクに乗ってみて



やっとセットアップが終了したORBEA Mitis

このところ天気がいいので、通勤にずっと使っている。

非常に快適だ。

ロードバイクは、フレームも車体も軽く、タイヤの設置面積は少なく、とにかく快適に走るためのもの。
多少クッション性は犠牲にはなっているが、走行性はそれを補ってあまりある。

とにかく、これまでより同じ労力で倍と言えば言い過ぎだが、それくらいの感覚でスイスイ進んでくれる。
こぐ力がダイレクトに推進力に反映されるのである。
私もそうだったが、ロードで走っている人を見ると結構速いので
「ブンブンこいじゃって」
と思うだろうが、実際そうこいではいない場合も結構あるんだな、これが。


男女を問わず、自転車が多少なりとも好きな人なら、少し無理してロードバイクを買うことをおすすめしたい。

いかにMTBが一般道で乗るのに不向きか、クロスバイクがどちらかと言えば一般の軽快車に近いこととかがわかるだろう。

まあ、女性は乗るときの服装もあるから、通勤には不向きか。


あと、長年自転車に乗っていながら、ピンと来なかった空気圧。

一度、自転車屋さんで
「フレンチバルブのほうが、空気圧の調整もできるしいいですよ」
と数年前にきいたのだが、
「ふうん」
といった程度だった。

ロードの細いタイヤは、空気圧が適性でないとパンクの可能性も高くなる。
必要性に迫られ、空気圧ゲージの付いたポンプも購入してきたのだが、びっくりしたのは、
空気ってこんなに入れないといけないもんなのか!?
ってこと。

ロードは、8気圧くらい(たいがいタイヤに書いてあります)なんだが、もうカチカチになるくらい入れないといけない。
ビアンキに履かせている、700×38Cも同程度なので、こちらもパンパンに。

私は昔からゆるめに入れるクセがあって、
「どんだけエネルギーをロスしてきたんだ」
と、ちょいと動揺した。




書いた人 nippon | comments(0) | - |




TopeakRedlite



先日買ったテールランプ兼反射板が、ロードに付かず、やむなくビアンキに移設。

先週ショップで見たこれしかないと、昨日から心に決めていて、今日見に行ったら残ってたので即買い。

包装の固定部分から外れて、本体がプラケース内でゴロゴロしてたから値引きされてたのだろう。
世の中そんなに神経質なのか。

シートポストかサドルバッグ(ボールペンのように差す感じで使用)用なので、シートポストに装着。
カバンとか上着で、後方から見えなくなることを若干懸念。

ソーラー兼用じゃなく、ただの電池式なので点けたり消したりが面倒だよなあ。





書いた人 nippon | comments(0) | - |




やっとオーバーホールファイナル



ひと月ほど前に入手したロードバイクや、もともと持っていたBianchiADVANTAGE、その他今回処分する折りたたみと、安物のMTBの2台、都合4台のオーバーホールをここ1カ月行ってきた。

それなりに費用もかかったが、一度ある程度やっておけば、以後は手がかからないだろうと思ってのこと。

画像は、ヴィットーリアのRUBINOPRO3(2本で5600円で仕入れ)。
あちこちで評価を見て、乗り心地よりパンク防止を重視でチョイスした。

またぞろはめているときにチューブをパンクさせてしまった。
ロードの細いタイヤはホントにやりにくい。

ピカールと5−56とグリスの日々がやっと終わる。
当分工具も使いたくないわ(笑)

書いた人 nippon | comments(0) | - |




ロードバイクってすげえな



まだオーバーホールが終了していないので、乗るのをためらっていたが、あまりの陽気のよさに今日初めて、7km弱の通勤に使ってみた。

「今まで乗ってきた自転車は何だったのか」
って、思うくらいの衝撃だった。

まあ、フレーム重量が1.5kgを切っていて、今まで乗ってきた自転車よりずっと軽いし、そこそこのパーツが付いているから進みやすいってことか。

自宅まで数十メートルの歩道坂道を運ぶ必要があって、
「ともかく軽いのを」
と、行き着いた先がこの選択だったが、はまりそうで恐い(笑)

なんでも趣味の道はそうだが、はじめは素人な格好でもいいが、段々プロっぽいのがよくなってくるものだ。

ああ。。。。。。。。。。。。


画像はオーバーホール最終段階の、ソーラー兼電池式のリヤ用反射板。

先日、量販スポーツ店で電池オンリーの特売品に触手を動かされたが、いちいち点けたり消したりは性格的に無理と思ってこっちにした。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




サドル&ラピッドファイヤー交換








ADVANTAGE用に過日購入していた、サドルとブレーキ兼変速レバーの交換を、土曜日に行った。

入手時から、できるだけオリジナルの状態で乗り続けたいと思っていることや、もう3×7をグレードアップする気も無いので、Alivioをチョイス。


これらの作業時間はさほどかからなかったが、いじっているといろいろやってみたくなり、後輪ハブのグリスアップなどをしていたため、結果的に結構時間がかかった。

日曜日に乗ってみたのだが、変速レバーの調整って、空回しと実走時は違うということを思い知らされた。

サドルは、つるんとしてて綺麗で見てて気持ちがいい。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




まだまだ買うよ(笑) ロードレーサーグッズ






○TNI CO2ボンベSet バルブタイプ 1,400円+追加ボンベ2つ
 通勤時パンクした際は、即チューブ交換。
 これだと一瞬で空気が入るらしい。
 しかしさあ、楽天とかでまだ使ってもいないのに
 コメント入れるヤツって何なの?

○ブリヂストンLEDライト F650015SL 1,680 円
 これはついで買い
 防水タイプで一定明るく値段もそこそこってことで。 
 と、思ったらこれ防水じゃなかったわorz
書いた人 nippon | - | - |




ビアンキのサドル



かなり前からビアンキADVANTAGEのサドルが破れているので、一連の買い物の際についでに購入。

5,680円でした。

san marco Ponza Power 2011モデル。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ロードレーサー向けの買い物



厳密に言えば、ビアンキカテゴリでもないんだが。

中学の頃、自転車に目覚め、最初に買ったのは今で言うクロスバイク。
続いて、キャンピングに行ったが、その後高校生にありがちなママチャリに。

長期間遠ざかった後、1台だけ残っていたキャンピングをオーバーホールしたのが7年前。
ドロップからオールラウンダーに変更した。
延べ2年ほど乗ったものの、部品の入手困難という点で挫折し、ビアンキ旧車のクロスを2台購入

で、その後いろいろあったが、このたびロードレーサーに乗りたくなり今回入門用ってことでボロボロの旧車を購入した。


しかし、まあこれが本体以外に意外と出費が多い。
基本的にタイヤが細いものだから、通勤用にパンク対策が必要で、いろいろと携帯するものを買いそろえないといけない。


ポンプ TOPEAKミニモーフ

サドル VELO COMPETITION

タイヤゲージ GIYO GG-06

チューブ 0TW700-20F-NP ×3本

ポンプに関しては、TOPEAKのポケットロケットマスターブラスターも評判がよかったが、地面に置ける点を評価してこちらにした。

金額は、3,040+2,520+1,344+594×3と送料で9千円ちょっと。





書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ osprey再生 完全に放棄編

いやもうやめた(笑)
現在、新しいチャリを物色中。

ロードで最低でもアルテグラ仕様と思ってる。
理由は、ティアグラでもSORAでも見た目気にいる場合はあれども、やはり最高峰より一段下くらいは試してみたくて。
コンポ取り替えは、それなりにお金がかかるので、それなら少々高くなっても、装備されているのを買った方がマシなんだなあ。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ osprey再度再生(2) 断念編?

先日来、再生すべきかどうか悩みに悩んだ。

でだな、結論は 新車買った方が手っ取り早いんじゃないか?!

今から9速化となると、
・前後変速機
・変速レバー(多分ブレーキレバーも)
を交換しないといけない。

しかし、ブレーキがカンチなので、一体型は無理っぽいし、Vブレーキ化はフレーム剛性の点で気が乗らない。
で、一体型があったとしても、これらに加えて、クランクとか現在ダメになってる箇所を修理してたら結構な値段なんだよなあ。


やはり自転車乗りというもの、少しでも上級グレードの部品を使ってみたいもの。
    ↓
いや、いっそのこと7速に戻してしまえばいいのか?!
    ↓
しかし、今後部品が消耗したら、また探すのに苦労するんじゃ?!
カンチが手に入らなくなったらどーする
    ↓
じゃあ9速のモデルを買ってしまえ

と、なる。


<推定経費(まあこれより安くもなるが)>
・FD&RD・・・7
・ブレーキレバー・・・3
・シフトレバー・・・6
・クランク・・・4

・タイヤ前後・・・6 ※現在要交換
・サドル・・・7 ※現在要交換
・予備カンチ・・・4

あっという間に37Kか
やっぱ、やる必要は・・・・・・・・

やる動機としたら、チェレステへのこだわりだけか。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ osprey再度再生

OSPREYは、我が手で再生した! ←ちょっと別の記事もある。

で、グレードアップもした!

しかしだな、ここ最近リアルに放置中なんだな、これが。
理由は、スキン壁のタイヤがすぐボロボロになっちゃったし、その後別の自転車を購入したり、もらったりで・・・・・・・・・

メインで乗っているのは、当然ADVANTAGE
え? こんな画像しかないのか( ̄Д ̄;

次は、父から払い下げのジャイアンのクロス2000(画像無し)。

もう1台やっかいなのが、安値で買ったMTB

これに加えて、1台折りたたみ自転車を持っているし、お蔵入りの30年もののキャンピングを含めると、都合6台もあるわけだ。


それでも、
「9速か10速でないと、今後いじるおもしろさがないよな」
と思いつつ、最近新たに中古の自転車を物色してたんだが高い。

で、よくよく考えてみると、
「そういえばOSPREYって確かギヤをアップしたよな?!」
と。

最近の自転車のギヤを調べてて、
「え? 世の中っていつの間に9速とか10速とかになったの?!」
と思ったが、自分自身5年前に9速に交換しているわけで、いかにこの間仕事に終われていたのかを実感した。

ギヤをアップしたと言っても、リヤを9速にしただけなので、今後は
・Fディレーラー、クランク&ギヤ
・Rディレーラー
・チェーン
の交換をはからねばならない。

これやって、今ボロボロのスキン壁のタイヤを替えてたら、
「完成車買ったほうがましちゃうんか」
とも思うんだけど、チェレステへの思いとか、一生懸命オーバーホールしたこととか考えると、
「別車購入はちょっとな」
と。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




このチャリ好き



画像めちゃめちゃ悪いけど、ビアンキADVANTAGE。

はじめて出会った時から、もう5年も乗ってるのか!?
と、びっくりした。

いいモデルです。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




自転車いじり






暖かくなるのと同時に仕事にも余裕が出てきたので、天気のいい日は自転車通勤に。
父のお下がりのGIANTに乗っていたものの、しっくり来ないのでしばらく休んでいたADVANTAGEをメインにすることに。

昨年寒くなる前に、すでにスキン壁がボロボロで、乗り心地はガクガク。
スキン壁に愛想を尽かして以前から買っていたオールゴムのモデルに交換。
KENDA KWEST っていうチープなやつです、ハイ。
どうも通勤用にいろいろ求める気にはなれないタイプなので、これでよし。

次いで気になったのがサドル。
大して乗っていないのに、ロゴの部分に裂け目が・・・・・・
粗悪さにあきれる。



裾用のバンドは、野球用のストッキングバンドを愛用している。
適度な伸縮性があり、見た目も悪く無いし、価格もそこそこで、これが今までで一番だ。
できれば蛍光が入ればいいんだが、もともとズボンの内側用のものなので無理か。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ いじめにあう

このところ、駐輪中に人の自転車のライトのスイッチを勝手に入れるけしからんヤツがいて、腹が立つやら情けないやら。
先週金曜日に引き続き、今日で短期間に2回目である。
前回は雨のため乗って帰ることができず、週末をはさんだこともあり、完全に電池切れで、火曜日は往生した。
場所柄、子供の往来はほとんど無いので、いい大人がやっているとしか思えない。
「そんなにうらやましかったら、お前もビアンキ買えばいいじゃん」
と、言いたくなる。

この行為との戦いは、私が中学生の頃からだ。
学校の駐輪場でやられたので、当時行きつけのサイクルショップの店主に愚痴をこぼしたら、
「紙切れをはさんでおくといいよ」
とのことで、当時は実行していた。

かつては懐中電灯タイプが主流であったが、現行品は構造が複雑で、あまり開閉しないほうがいいようなタイプが多い。
たまたま私のはハンドルから着脱可能なので、今朝は外そうと思っていたが、つい忘れていた。
今日は退社が早かったからよかったものの、遅かったらかなり電池は消耗していただろう。

ちょっとしたいたずらと思って本人はやっているかもしれないが、リチウム電池使用のため通常より痛む私の懐はもとより、ヘタをすれば命にもかかわることだ。
普通、車を運転する人間の感覚なら、暗い時間帯に無灯火運転をすることは
「どうぞひいてください」
と言ってるようなものと分かりそうなものなんだが。

可能性は少ないが、やはり子供の仕業なのかな。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




変速機ワイヤー修理



こちらは過日父親からもらってきた、ジャイアンのクロス2000。
フロントディレーラーの調整をしてて、
「なんでいくら引っ張っても緩むんだ?」
と、思っていたらシフター直下のアウターが劣化して裂けてました。

新品もあったが、中古のアウターがあったので、それを利用して本日取り付け。
セコく、元のインナーをペンチで5ミリずつアウターに押し込んでました(笑)
ついでにリアも調整してみたが、うまくいかねえ('A`)




こちらはBianchiADVANTAGE。

ずいぶん前から、6段変速くらいの状態・・・・・
最近この状態に気づいたが、これで変速がうまく行くわけないよなあ。

ジャイアン修理もあり、昨日念のため新品のアウターを買ってきた。
店を出るとき、何か後ろ髪を引かれると思ったら、インナーを買うべきだった。
家にも新品のワイヤー類はあったが、帰宅して確認すると、なぜかブレーキ用ばかりで、変速用は1本だけ。
2台のうち、先端がキャップに収まっていてバラケの少なかったジャイアンから修理。
結果的にアウター・インナーとも新品に交換せずにすんだので、ビアンキも修理できることにはなったが、自分の技術に自信が無くなっており、腰が重い。。。。。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




VETTA ナイトビジョン 3L



先日購入したVETTAの自転車用ライト。

2,500円程度だったのだが、パーツがこれでもかってくらいについている。


左上から

○(A)ハンドルバーに取り付けるライトホルダー用器具

○(A)を取り付ける際の調整ゴム

○ライトホルダー

○単4電池

○(B)ヘルメットに取り付けるライトホルダー用器具

○ライト本体

○ライトケース・ストラップ・(A)取り付け用のロックタイ

○よくわからない両面テープ

○(B)を取り付けるマジックバンド


3Lの名のごとく、LEDは3個。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




シートピンとVETTA



先日自宅から取ってきた父の自転車の部品が昨日届いた。

シート上下を固定させるシートピンが約1,000円と、送料がもったいないのでついでに買った、ヘルメットにもつけられるらしいLEDライト「VETTA ナイトビジョン3L」約2,500円。

右側はもともと付いていたシートピンで、
「クイックがここまで動かなくなるものなのか?!」
というほどさび付いて固着している。

自転車のシートポストがまれに固着する場合があり、結構致命的だったりするが、このような状況だったら動かせないのもわかるような気がした。


LEDは一般的に長寿命と言われているが、私はあまり過信してはいない。
現に、自転車のライトで短期間で切れたことが数回ある。
最初は「ノーブランド製品だからか?」とも思ったが、2個目は誰でも知ってるきちんとしたブランドのものだった。
アウトドアという環境では、結構もろいのかもしれない。


※後日談
錆び付いたほうのピンだが、ネジ山壊れるの覚悟で、5−56かけてペンチ2本でギシギシやったら動くようになりました。
あれ、買わなくてもよかったんじゃ・・・・・・
ライトも・・・・・・ orz



書いた人 nippon | - | - |




ラピッドファイヤー故障中

結局、今日は2時間半あまりの睡眠で仕事に。

昼頃、無意識のうちに2回ほどオチてた(笑



愛車BIANCHI ADVANTAGE の フロント用のラピッドファイヤーが具合が悪くなり、ギヤの歯数の一番多い一番外側まで上がらない状態で、もう2週間ほど経過している。

先週金曜日、信号待ちの間に、なんとなく今度はリヤを動かしてみると、今度はリヤがまったくずれてしまい、稼働域がロー側3段程度に。。。


過去に一度OSPREYをオーバーホールした際に調整しているので、やればできそうなんだが、
「収拾がつかなくなって翌日乗られなかったらどうしよう」
と、弱気なため腰が重い(笑 

サブのMTBタイプも、リヤのVブレーキがもう長いことうまく作動していないんだが、こちらも食わず嫌い

カンチの調整なら死ぬほどやってきてるが、Vはやったことないし、
「とりあえずトライしてみよう」
という中学生の頃の気持ちにはほど遠い

オレも大人になったもんだ(笑





書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ修繕2



サドルに穴があいていて、雨が降るたびにケツが濡れるという事実があり、これはこれで性格を悪くさせる要因なので、オリジナルを変更するのは心苦しいが、とりあえず手持ちのものに交換することにした。

しかも、日曜日の夜10時から。。。

シートピラーは、以前固着させた苦い思い出があるので、オーバーホールした際に、グリスアップしていたこともあり、あっさり抜けたのだが(まあ、当たり前だが)、サドルを固定するねじが固着・・・

5−56を差して、30分ほど放置すると余裕で回るようになり、ネジを念入りに清掃し、新しいサドルを取り付けた。

月曜日に試乗した後、再調整しよう。



しかし、この愛車に私はひどい仕打ちをしている。

先日までは、仕事場があおぞら駐車場だったので、雨に濡れっぱなしだった。
シルバーのチェーンにチェーンワックスを塗って、
「いつまでもシルバーに保つんだ!」
と、燃えていたんだが、ところどころサビが浮いてきて、挙げ句の果てにキュルキュル鳴きはじめたりした。

話は変わるが、女子校生なんかがキュルキュル走っていると、
「親父に油差してもらえよ」
と、いつも思う。

また、ラピッドタイプの変速機も、オイル切れでサクサクっと動かない状態だ。
「一度腰を据えて調整しなけりゃ」
とは思っているんだが、家にいるとあれこれくだらないことをやってしまい、手が回らない。

GWに予定をしっかりたてて頑張ろう!  かと。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ修繕








以前、ちょっとハンドルバーに細工していて、結局失敗し、今にも端が抜けそうなまま、長期間使っていたグリップ。

汚れも目立ってきたし、ここのところ体を動かさない仕事が続くこともあり、乗る機会も増えそうなので、交換することに。

以前、何かのついでに購入済みのものが2種類あり、今回は春っぽい色をチョイス。
オリジナルと形状は違うが、色は近い。
プラスチックハンマーでコンコンとやればあっという間。
昔、一生懸命ねじ込んでいた自分が哀れだ(笑


グリップもそうだが、こちらも乗るたびに性格が悪くなりそうな案件のシートの破れ・・・
しっかし、ビアンキのサドルたけーんだよなあ。
平気で5千円くらいするし、2〜3万でMTBやクロスの完成車が買える時代に、何やってんのかって感じ。
オリジナルを捨てるのも、ちとツライし。
でも、実用性を考えると、やっぱ買い換えか。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




ヤフオクのビアンキ

現在ADVANTAGEと旧ロゴOSPREYを所有しているんだが、OSPREYはフレームサイズが小さすぎ、チョイ乗りでさえ苦痛に感じるようになってるので物色は続けている(1台ドック入りさせたら乗れないので)。
ここ2週間の状況である。

こういうのって運の問題もあるからなあ。
1台目のADVANTAGE 落とせばよかったよ・・・


ADVANTAGE こちらは420ミリ、送料込み15,000くらい。
このオリジナル泥よけは滅多に出ないんで、欲しいんだよなあ。
フレームタイプがちと気に入らないので断念したが、部品がない以外は結構キレイめなんで未練たらたら。



BOARDWALK トップ550 シート500。送料込み23,000くらい。
こちらはサイズは合うんだが、完動車なんで値が上がりすぎ。
加えて車種名のシールがないのがかなりの減点材料。



BOARDWALK 送料込み15,000くらい。
これも泥よけ付き(短期間に2台も出るのはきわめて珍しい)なので、ポイントは高い。
が、出品者が質問に答えない輩なので、フレームサイズ不明。
小さく見えるんでヤメ。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ オスプレイ



暖かくなって(笑)やっと自転車通勤再開。
久しぶりに乗ったら、前のタイヤはサイドがささくれているので、ガタガタで酔いそうな乗り心地。
要交換。
そんなに距離は乗ってないんでもったいないなあ。

同じ理由で、先日アドバンテージ用の700Cのタイヤ買ったばかり。
今回はブラック壁にした。

最近どこもスキン壁のタイヤばっか売ってるんだけど、これって交換を早くさせるための戦略じゃないの?
乗り心地がブラックよりはいいかもしれないけど、一方では一般路面では異常に抵抗が大きくて乗り心地の悪いブロックタイヤのMTBの完成車売ってたりするしさあ。

「お前のシュー調整があめーんだろ!」って言われれば、それまでなんだが
書いた人 nippon | comments(0) | - |




スキン壁

自転車を再び乗り始めて約3年になるが、最近「いまどきのタイヤは何でこんなに耐久性がないんだ?」と、疑問に思っていた。

特にサイド部分がほつれてきて、乗ったらガクガクになるんである。
「あのサイドが問題だな、スリックのオールゴムなら問題ないのでは」と思い、調べてたらごくごく単純で「スキン壁」仕様のものばかり買ってたようだ。

こいつは、ブレーキの調整が甘めまたはシューの位置がずれて側面をこすると、ソッコーでダメになってしまう。
加えて、紫外線に本当に弱い。

アウトドアスポーツの自転車で日光で劣化すんなよ!
と、思わず突っ込みたくなる。
しかし現状では「前後どちらかダメになって、残ってるほうと同じ種類を買う」を繰り返しているので、「スキン壁スパイラル」から抜け出すのは容易ではない。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ修理


このビアンキのオリジナルグリップは使ってると汚れてくるし、ベトベトしてくるしで、オリジナルへのこだわりと乗車の際の抵抗感をはかりにかけると、やっぱり乗り心地という結論が出て、以前購入していたグリーンのグリップに交換することにした。
そこで、私の中の「余計なことしよう虫」が騒ぎだし、前々から持っていたバーエンドをつけようと。
「エンドキャップがないからダメか」とあきらめかけた時、オリジナルグリップを抜いたら出現。
実行に移してみたが、外観もよくないし、使い勝手も悪そうで最悪。
が、新品のグリップをカットしたので、当面様子を見るしかなくなった。
(あまりにカッコ悪いので画像は自粛しました)


この夏は、燃料高騰というのにほとんど乗用車で過ごした。
7月頃パンクを修理した際、タイヤがごらんのささくれ状態ということに気づく。
修理後試乗したら案の定、乗り心地はガクガク。
やっと先週タイヤを購入し、交換にいたった。


前出のパンク修理の際、泥よけとフロントディレーラーの干渉がずっと気になっていたので、泥よけに穴をあけてみた(きわめて雑(汗))。
これまで少し位置がずれるとタイヤのこすれを気にしないといけなかったが、当面これで大丈夫そうだ。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




こだわりのチェレステ



なんてことない折り畳み自転車なんだが、ポストだけビアンキ仕様(笑

以前紹介した塗料(今回はスプレー)を試してみたかったのと、同じようなモデルが多いので、いっぱい並んでいる中でも、すぐ見分けが着くという便利さも。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ 2002モデル ラインアップ

以下、もう消去されそうなHPからの引用である
「げ、オスプレイはアドバンテージより高いのか?!」とも思ったが、細かい装備がどの程度かわからないのでいたしかたないか。


モデル、販売色(?)、サイズ、定価、重量の順

○STRADA
チェレステ ダークメタリックブルー 49,52,55 ¥118,000 10.3kg

○BACKSTREET
チェレステ ラディエントホワイト 42,47,52 ¥87,000 11.4kg

○ADVANTAGE
チェレステ スチールブルー 37,42,47,52 ¥74,000 12.7kg

○NYALA-M
チェレステ ブリリアントシルバー 37,42,47 ¥62,000 11.4kg

○NYALA-L
チェレステ アイボリー 37,42 ¥62,000 11.5kg

○OSPREY
チェレステ ガンメタリック 37,41,45,49 ¥87,000 12.2kg

○OCELOT
チェレステ オレンジ 37,41,45,49 ¥69,000 11.8kg
書いた人 nippon | comments(0) | - |




新車到着




来ましたっ!
20年ぶりくらいに買った新車(笑
しかも、信頼の「日本製」!
リムもふれてないので(当たり前か)、シューとリムの間隔の狭さに感激した。

試乗もした。
うーん、乗りにくい。
これは、価格どうこうの問題ではない。
大きめサイズのタイヤは、スリックしか乗ったことがなかったが、舗装路通勤でパターンは必要ないなあ。
世の中にこんなタイヤはいてる人は山ほどいるけど、「こんな乗りにくいタイヤで毎日通勤通学してるのか」と。

前サスもいらない気がする。
普通のサスでいいから、泥よけ付けて欲しい。
小学生なら乱暴な乗り方するので、こういう作りの自転車はいいかもしれないけど、オトナにはちょっとねえ。
カブやスクーターの前かごと荷台をとっぱらって乗ってる若い連中もいるけど、自転車もそれと変わらないノリでこういうカタチになってきたのかなあ。
ある意味、快適性だけなら「前かご、荷台、泥よけ、7速レボシフト、オートライト」が付いたシティーサイクルが上かも。

文句ばっかり並べてきたが、もともとウオーキングコースの下見にも使いたくて買った部分もある。
遠方へ自動車で運んで、あぜ道や砂利道を進むので、そういう意味では手頃な一台。
でも、新車のうちは、あぜ道走るのやだな(笑 

書いた人 nippon | comments(2) | - |




ビアンキ再生(でもないか)



1ヶ月ほど前に、ふと入手してしまったMERIDAである。

ボロかったが、MERIDAってそこそこいいモデルを出しているので、ある程度の自転車なんだろうと思ってたら、
定価36800円らしい・・・・・・・・・・(−_−)
ちなみに入手価格は、7千円。
MERIDAって、結構ボロイモデルも出してるんだな。
街では、やたらキャリヤ付けてオサーンが乗ってるのを見かけるし。
私の中でスペシャに続いて、メリダに対するブランドイメージも見事に崩壊した。

説明に、「Fリム少しフレ有り、Rリムフレ有り」とあったが、これはフレとは言わない。「歪みアリ」と、きちんと書けよベイベー! と、言いたい。
また、「変速の動き悪いです」とあったが、リヤはワイヤーが緩んでいて、動作すら確認できない状態。
ここの業者は、値が付きそうな物は、ワイヤーやサドルを新品に交換し、手間暇を惜しまず好印象を見せるのだが、状態が悪く、手のかかる割に値段が付くかどうかわからないものは、適当にごまかすという信用ならないヤツである。

このMERIDAときたら、エンドバーは途中で折れてるし、タイヤもボロボロ、チェーンはサビサビ。
誰かが一時期乗ってて、もう何年も放置されてて、んな高いモデルでもないし処分しちゃえ って業者に流れた感じか。
とりあえず、めぼしい部品が何もない。
強いて言えば、クイックハブであることと、私が使ったことのないアヘッド&Vブレーキ&アルミフレームといったあたりか。

とりあえず乗ってみたいので、昨日、ワイヤー類を交換。
も、ブレーキシューが金具が見えるほど減っていたのと、チェーンが死んでて、フロントのギヤ見たら浮いてる状態。

現在、メインのADVANTAGE、サブのOSPREYに加え、今日到着予定の新車もある(タイヤ一式はOSPREYに移管するが)。
この仕事が忙しい中、時間を削って4台目を再生する必要があるのかと疑問を感じながらも、シューとグリップ買ってきちゃったよん。







書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(およそ1年経過)



私の私の手元に来て、約1年が経過するBianchiOSPREY。

再生直後からの変更点は、
・タイヤを 細身の26×1.25に交換(リムも交換)
・無理矢理、ビーチクルーザー用のフェンダー装着
と、まったく一貫性がない方向に進んでいる。

加えて、会社の青空駐輪場と行きつけの居酒屋の店頭を往復しているだけの現状のため、チェーンはサビサビ、おまけにフェンダーのステーもサビサビなのである。
いやさあ、一応自転車乗りとして、これはマズイんじゃまいか?!
加えて、今一番の悩みは、リアホイールが異常ににふれていること。

会社駐輪場or居酒屋の前で、他の自転車と接触して倒される
 ↓
偶然自動車orバイクが通りかかる
 ↓
ホイール踏みつけてスルー

という可能性が大きい。


んなワケでこのところオークションでずっとホイールを物色していたが、バカどもが値段をつり上げるので、買う気にもなれない。
大した品でもないのに前後セットなら平均1万円程度はかかりそう。
(自分が自転車屋だったら、完組ホイール大量出品で大儲けだろうなと思う今日この頃...)
今後、ホイール以外のパーツも入手していくだろうことを考えると、「完成車買った方がマシ」という結論に至る。
パーツをよく買わせてもらってる出品者が2台限定で、ALTUSグレードのクイックハブ付きモデルを出品していたので、これをゲット。
レボシフトじゃないのが気に入った。新品小傷ありで、送料加えて1万8千円。
ブランド名の記載がなかったので、大したホイールはついてないかもしれないが、とりあえず快適にOSPREYが乗れればいいかと。

OSPREYに装着しているのとは別に、家にはあと3つホイールがあるというのに、2つは激フレ、1つはハブが死んでて使えないんだよなあ。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(チェレステの塗料について)

チェレステ色の純正塗料は、ヤフオクでも売られているが、チェレステのグリップともども、結構高い。

以前も書いたが、
○アサヒペン油性カラー サビ鉄用 (ライトグリーン)

が、市販の物で、単体で最もチェレステに近いかと思う。
新車はともかく、旧車の特に目立つサビやキズ隠しなら、これで十分ではないか。
(注:十分の程度は人それぞれなので、目立たないところで試してください)

このシリーズは、スプレーに加え小さな缶入りもあるので調合も可能だが、色づくりは意外に難しい。
調合する色やうすめ液を含めた分量など、時間をかけて、何度もやらないといけない。

また、現行の自動車に自分のチェレステに似た色があれば、専用のペイント塗料を探してみるのもいいかもしれない。
書いた人 nippon | - | - |




ビアンキ再生(所有車たちのその後)

Bianchi ADVANTAGE

・メインで通勤に使用中
・700Cで身長に合っており、ハンドル幅がOSPREYよりも狭いこともあり、格段に扱いやすい。
・フレ取りが必要な以外は、特に難点はない
・早く防犯登録しなきゃ


Bianchi OSPREY

・諸事情で会社に置きっぱなし(汗
・スプロケ9速だが、それ以外が7速対応で無理がありすぎる
・フレ取りが必要
・カンチブレーキをシマノの安物に換えたが、シューが鳴きっぱなしなのも鬱
・ハブを買って、元のリムで7速使用に組み直せばいいが、寒いし、日の暮れるのも早いしで、結局春待ち。
・ハンドルもカットしたい
・早く防犯登録しなきゃ


Bianchi PASTORE

・エアキャップに包まれて、新品のまま、物置奥で鎮座してます


SPECIALIZED

・4台もあるので、再生する必要がまったくなくなった(汗
・再塗装体験したいが、費用もかかるし


650B ランドナー

・こいつも物置奥で鎮座
・フレ取り必要
・25年前のモデルなので、入手可能なパーツが少ない&高い
・ドロップに戻そうかな
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(沖美穂)

 ウチには来客用(普段は物置?!)の部屋があって、小型TVと衛星機能の壊れたビデオがあって、その部屋でなにかしら作業したりするときは、録画したまま、観てないビデオを流したりしてるわけだが、先日、次の番組を観た。


「情熱大陸」〜沖美穂〜 2003.6.15 ONAIR(古いっ!)

 最近は、髪を伸ばして女性らしくなっていらっしゃるが、番組撮影当時はこんな感じ


 この人、スゲーわ。シビレた。

 随所に、「手を抜いてないから、後悔なんかない」っていうフレーズが出てくる。

 エンディングで、レース途中でパンクしてしまい、トップから2分遅れのほとんどビリになるんだけど、「ハイ! ハイ!」(追い抜くからどいてくれの意味で発声)って、あきらめず追いかけていくシーンがあって、もうカッコよすぎ。

 番組のタイトルにもある「情熱」を持ち続けることの大切さを教えられました。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(ADVANTAGE編)


 ひととおり、完成し、乗り回している。

 タイヤ回りとペダルを新品に交換。
 OSPREYは、かなりタッチアップの必要があったので、一度全部バラして組み直したが、冬ということもあって(汗)、今回は、目立つ汚れなどをコンパウンドして、ワイヤー類は設定も含めほとんどそのままだが、調整精度が高く、全く問題がなかった。 

 フェンダー(泥よけ)は、付けるのに一苦労。
 フロントはS字フックを2連結。リヤはリヤで、フロントディレーラーが干渉。
 どちらも、タイヤには接触がないものの、ギリギリの状態。
 ここに至るまで、何度ホームセンターへネジやなんかを買いに行ったことか。

 しかし、タイヤのヒゲっているのか?!
 これが、パチパチフェンダーに当たって鬱陶しい。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(第2弾 Bianchi ADVANTAGE)

 ついに、ビアンキ第2弾開始!
 いやぁ、手に入れちゃいましたよ。ADVANTAGE!

 実は、私がビアンキに肩入れするのは、長年密かに憧れてる、友人の妹であるマチコの影響を受けているから。
 会社の通勤途中にある、彼女が母親と経営するコーヒーショップの前にいつも停められているBianchiを見ているうちに欲しくなってきたのである。(かつてチャリンコマニアであったが、割と最近までBianchiがどんなブランドなのか知りませんでした(汗)

 マチコのは、オリジナルのフェンダー付きのADVANTAGE。色はもちろんチェレステ。
 今度会ったときに、
・「マネして買った」と思われたくない。
・「オレも前から乗ってんだぜ」と演出したい。
 そんな理由で、とにかく新品はNG。
 
 ってワケで、第1弾はボロボロのOSPREYを入手&再生。
 旧型ロゴもそれなりに気に入ってるのだが、チェレステに黒地のロゴへの思いも捨てきれないものがあったのは否めない。
 でもって色々物色してたが、特にADVANTAGEは、滅多に出てこないシロモノ。
 出会いも運とばかり3万円かけて購入。

 購入決定の翌日、仕事で社外に出てた時、「うーん、中古の手のかかるチャリにこんなに金かけてよかったのか?!」と疑問に思いつつOSPREYをキーコキーコこいでると、前から見覚えのあるチェレステが...
 何とマチコに遭遇。
 向こうは気付かなかったが、「こりゃあ、神様も許してくだすってんだなー」と、私は有頂天。
 これで、お揃いだもんね!

 ちなみにマチコ嬢は、妙齢の独身だが、私のルーズさをよく知っている兄上が交際など許すはずがないのが辛いところではあるが...

 しかし、これで、650B、700C、26インチとホイール互換性のない3台が手元に。
 不経済だなあ。





以下、入手時のスペック

フレーム:?
ハンドル:Bianchiオリジナル フラット型
ステム:ノーブランド?
Fディレイラー:SHIMANO ALTUS
Rディレイラー:SHIMANO ACERA
ブレーキ:SHIMANO 型番不明
クランク:SHIMANO ALTUS

BB:開けてないので?
ハブ:SHIMANO ACERA 36H
カセット:? 7段
リム:ARAYA 700CPX-645
タイヤ:Bianchi 700×38C
ペダル:ノーブランド
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(だらだら編 2)

 先日来、カンチブレーキの部品が破損していたのが悩みの種だった。
 プラスチック部品の補修って、どう考えても無理がある。


 あちこち調べたら、「プラリペア」というのがあり、これが一番可能性がありそうだが、高いっ! 安物なら一式買えるではないか。
 ということで、こんな荒技に出ちゃいました。



 外側は、家にあったステンレスの針金でグルグル巻き。
 ボンドは、一応硬質プラスチックにも使えるGクリヤーを使用。
 針金を覆うように、ボンドを塗付。
 (サブのチャリだから、こんなことができるワケだが...)
 装着した結果、内側にボンドをはみ出させねば(フレームの軸にあたるので)、使える。
 耐久性も従来以上?!
 まだ割れてない分も含め、4本全部この仕様にしました。
 
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(だらだら編 1)

 木曜日に、ちょっと酔っぱらってビアンキに乗ってたところ、転倒してしまい、きちんと締め切っていなかったステムがずれるわ、泥よけはねじれるわで、今日チェックするまで気が気でなかったが、何とかメカなどに影響はない模様でひと安心。
 
 今日は、お買い物の日土曜日なので、100均でまたもや、LEDフラッシュライトを購入。
 ビアンキでは、フロントに付けているが、説明書には「道交法上リヤに付けろ」と書いてある(汗
 前回購入分が、防水上パッキンに不安がある構造だったので「パワーテープ(バー教授がワニにぐるぐる巻き付けてるヤツ)」を、防水用に買ってきたが、あらま、バージョンアップして、表裏が嵌め込み式からネジ止め式になっている。
 いらんことすな!(笑



 で、先日いただいたアオリイカの残り(つか、こっちが本体なのでメイン)でやりつつ、K1−MAX観てます。
 てゆーか、明日運動会なのに大丈夫なのか、オレ?!
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(スペシャ編 とりあえず糸冬了)

 スペシャは一応、乗れる状態にはなりました。
 早速、試乗しましたが、乗り心地わる〜。
 ママチャリ以外に、こんな安いメカ(失礼)のに乗ったことがないせいか、合わないですな。調整もスンナリいかないし。
 うーん、ここまで廉価版を作らなくても。 フロントの3段は、一体型だし。私の中でスペシャのイメージは地まで落ちました(笑
 今後パーツアップグレードする気も、まったくしなくなったなあ。

 それから、シマノのカンティって、どうして耐久性の必要なとこにプラスチック使うんだろーなぁ。
 事実上ここが壊れたら、新品買い直しですよ。前使ってたMAFACなんか、シュー換えただけで20年以上使えてたというのに。こういうモデルのレプリカでも作ってたほうがずっとよかったんでは。




 ビアンキは、リムがノーブランド、ハブはDEORE、スプロケは9速に変更。
 しかし、ディレーラーは多分7速対応だし、チェーンも6〜8速用。こんなことでいいのか!? 
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(スペシャ編)

 ビアンキユーザーの特権? でもある、ワイヤーロックを購入。
 1500円もするのはいいが、これって500グラムもあるじゃん。
 リヤディレーラー2個分とは、軽量化とは逆行する品なんだなあ。



 このところ宴会続きで、ハードな再生作業はお休みしてたが、下の画像の状態のハンドル&ステムがここ数日気になっており、今日勢いだけで塗装してしまった。
 部品全部外したりして、ちまちまやってると、何日かかるかわかりゃしないんで、思った瞬間即行動。
 セカンド・チャリなので、少し荒々しいモデル(笑 に育ってほしいということで。
 スプレーでは、厚塗りに時間がかかりそうなので、ここはハケ塗りで。
 数日間塗り重ねるつもり。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(スペシャ編 第1、2日目)

 夜中にふと、「この自転車オーバーホールして、明日乗ってみたいっ!」と、思ったことは、誰でも一度くらい経験はあるはず。(ないか...)

 先ほどまでの私がその状態。
 ビアンキの次は、スペシャですよ、スペシャ。(SPECIALIZED) でも、こいつは、ピンキリのキリのようで、パーツはACERAとかALTUSとかロクなのが付いてないんだよなあ。(TT)
 ビアンキなら最低クラスでも、もっとよさげなんだが、やはりブランドの格の違いか。

 サビサビのチェーンとボロボロのタイヤさえ交換すれば、とりあえず走れるだろうと始めたところ、2本セットのタイヤを買ってたつもりが、1本しか入ってないじゃあーりませんか。
 さすが、早トチリと思いこみは、そんじょそこらの人には負けないだけのことはある。
 で、あえなく挫折。


 では、プロフィールに行ってみよ!

1)ビアンキがチェーン&ギヤ部分が、油+泥の固形物まみれだったのに対し、こちらはチェーンはもとより、ディレーラーも含めサビサビ。

2)タイヤは死んでます。オマケにスポークが多数サビてます。

3)ハブ内側は粘性の高いグリスに守られていたせいか、ベアリングも含め非常にキレイ。リム内側もホイール全体から考えれば、いい状態。
 が、スプロケットが見たことない構造(汗
 ハブ軸のスプロケ側のナットが錆び付いて回らない&スプロケ側のグリスアップが出来ないという状況。なぜ逆側に抜けないの?
 しかし、ここまで錆びるかね。

4)全塗装体験してみたかったのだが、ホコリを落とすと結構塗装がいい状態で、このままでもよさそう(ううむ、中途半端)。


 以上、こちらはそんなに急がないので、ビアンキで培った再生術を基に少しずつ進めていこうと思う。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(第32日目)

 あっという間に、買い物の日、土曜日を迎えてしまった。

 同僚が、「SPORTS DEPO」に、結構自転車グッズが置かれていると言ってたので、比較的近所にあることもあって、レッツゴー。
 あるわあるわ、シマノのコーナーまであるじゃないか。

1)チューブ(26×1.50 ナショナル/仏式 714円)
 で、目標のひとつであるタイヤを見繕ったが、高い!
 一番安いのでも、前後で5000円以上。
 記憶では、通販で買ったほうが、送料を入れてもまだ安そうだったので、見送ることにした。(私が先週取り寄せたスタンドも、倍以上の値段で売られていた)
 チューブは、バルブが壊れかけており、価格に遜色がないので購入。
 と、思ったら、これ1本しか入ってないのか。やられた...

2)テフロンプラスルーブドライ(60ml 525円)
 チェーンワックスが欲しかったのだが、置いてなかったので、テフロン配合のオイルを購入。

◆ホームセンターへ移動◆

3)アサヒペン油性カラーサビ鉄用スプレー(ライトグリーン 800円)
 市販の物で、最もチェレステに近い色。(最近のは、もう少しブルーが濃いか?
 今後、全塗装も視野に入れているので、実験もしてみたく購入。

4)サイザルバフ(577円)
 このドリル用は、オフセットサイザルと比較すると、ネットでの評価は低い。
 使ってみると、そこそこの感じ。
 朱棒、青棒もついでにと思ったが、1個600円位するので見送り。

5)ウレアグリース
 今まで安物を使っていたが、モリブデン配合より高い物をチョイス。

 自転車コーナーで、ノーブランドのタイヤが、2本で2500円。
 かなり惹かれたが、「ビアンキだしなあ」ってことで却下。
 

◆  ◆  ◆  ◆

 帰宅後、リアハブのベアリングを交換。
 ベアリングの元は何かはナイショ(笑

 そこそこ回りはよくなったが、内部の状態も悪く、今日気付いたがフリーもスムーズさに欠けている。
 ハブは交換したほうが良さそう。

 来週から、ボロチャリオーバーホール2台目を行う予定。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(スペック)

 以下、入手時のスペック

フレーム:TANGE クロモリ
ハンドル:? フラット型
ステム:TIOGA
Fディレイラー:SHIMANO DEORE LX
Rディレイラー:SHIMANO DEORE LX
ブレーキ:SHIMANO BR−M550
クランク:SHIMANO DEORE LX
    :SHIMANO SG 46-36-24
BB::SHIMANO D−3NL(122.5mm?)
ハブ:SHIMANO DEORE LX HB-M550 36H
   ピン=Tranz-x
カセット:? 7段
リム:ARAYA VP−20 26×1.5
タイヤ:ナショナル 26×1.75 スリック(青)
ペダル:三ヶ島COMPETITION
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(第27日目)

 土日に、BBグリスアップ、チェーン交換、スタンド取り付けを完了し、晴れたので試乗。

 強め踏み込み時の、「ギシッ」という音は解消されていない。
 数日前、リヤディレーラーの上側のプーリーのネジが緩んでいて、プーリーが外れかけていたので、「これが原因だったか、しめしめ」と思って締め直したが、それでも解消されてなかった。
 今回やった内容から見ると、多分チェーンだろう。

 こうやって、他の駆動系を整備すると、改めて気になるのがリヤハブのゴリゴリ感。
 あれだけ虫食い状態ならやむを得ないか。
 現在、ベアリングを手配中なので、今週中には何とかなりそうだ。

 あと、金曜日にビアンキ号を見た同僚に、「そのタイヤはちょっと」と言われたんで、かなり気になっている。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(第26日目)

 私の人生の中で、BBに手を付ける予定はなかった(笑)のだが、快適なペダリングには避けては通れない。
 チェーン交換の際に、クランクを空回ししてみたが、少し異音がして、どうしても気になり、こちらのページを参考にやってみた。

 結果、非常にイージーだった。
 専用工具があれば、本当に簡単(右側外すときは逆ネジ)。
 得体の知れない部品とかが出てきて、後戻りできなくなくなるのではないかという不安もあったが、そういう面でも単純だった。
 クランクは、固く差し込まれた釣り竿の継ぎ竿のような感じなので、コッタレスクランク抜き工具でグリグリっと外すのである。

 クランクを抜いて空回ししてみると、クランクの重みが加わらない分、かなりの抵抗感が伝わってくる。
 外してみたら、画像の通り。
 前後ディレーラー、チェーン、前後のスプロケット、前後のハブと、これまでさんざん「油&泥&ホコリの真っ黒な固まり(=カケラを室内で踏もむと最悪です)」と名勝負数え歌をやってきて、もう終わったかと思ったら、思わぬ伏兵が。
 最初リテーナー(ベアリングの着いている部分)は、シャフトから外れないのかと思った。
 何か、ゴム上のもので外れないようとめられている... と、思いきや、これは例の「固まり」が層をなしているものだった。恐るべし。

 BB、フレーム内部ともクリーニングして、少しフレーム内を乾燥させるため、一晩おいておくことにした。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(第25日目)

 土曜日は、恒例の買い出しの日。
 また、注文していたパーツが到着。

1)羊毛フェルトバフ(¥430)
 磨き用。サイザルバフもあったが、とりあえず取り付けネジの付属していたこちらを購入。

2)テール シートステー用(¥294)
 点滅式を予定していたのだが、価格差が1000円以上あったので、ここは少し我慢した。

3)六角穴付きステンレスボルト5mm×15mm(¥136×2)
 ドリンクホルダー用。
 ホームセンターにあるとは思っていなかったので、感激。

4)カンティブレーキ SHIMANO BRM-201(¥1000)
 安いが重い。
 シマノの部品取り寄せをしようと思ったが、こちらの本体を買ったほうが結果的に安くなりそうなので。

5)非純正グリップ(¥300)
 純正は、ヤフオク相場3000円くらいで高すぎ。
 少し色は濃いが、肉厚でクッションは良さそう。

6)チェーン SHIMANO HG50 (¥1300×2)
 黒の、6〜8段変速用。
 もう1台再生したいとの、よこしまな思いから2本購入。

7)シートピン TIOGA(¥450)
 シルバー、ネジ式。とりあえずこれで。

8)アルミスタンド 箕浦LA-5(¥1250)
 いやあ、めちゃめちゃ不便でした。
 ホッとした。

【現在の価格 21,484円】

書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(第22日目)

 今日、初めて通勤に使用。

 昨夜遅く、700C用の泥よけを付けたが、これがカッチョワリリリリーン!
付けないほうがマシ!」と、言われてもしょうがない状態。
 前輪はあまり分からないが、後輪は「余ってる」のがミエミエ。
 ここまでとは、想定の範囲外だ。


 乗った結果、次の難あり。

1)チェーンの異音
 前回、試乗したときからの課題。
 どうも、プーリーからスプロケットにチェーンが移動する際に異音が出ているようだ。
 ディレーラーを調整したので、また乗ってみてから。

2)シートポストが緩い
 オーバーホール中、自分でシートピンのレバーを折ってしまい、古い別の物を付けたが、クイックがきちんと機能しない。
 サドルが回転するまではいかないが、徐々に徐々に下降。
 とりあえず工具で締め付けてみる。

3)後輪ハブ
 乗ってる間は、さほど気にならないが、ディレーラー調整時には、あきれるほどのゴリゴリ感。
 これは、めちゃくちゃストレスです。
 ハブ内部は、凸凹感がない程度にサビ取り清掃しているので、ベアリングを換えれば大丈夫なのか? はたまた、少量の黒サビ部分に新しいベアリングも汚染されてしまうのか? と、思案中。
 ハブだけ買って組み直すのは、技量的にツライし、組んであるホイール買ったほうがいいかなとも考える。


 うーん、ちょっとまだまだ手が掛かりそう。
 650Bは、殿堂入りさせるつもりなので、スペアのチャリをもう1台確保したいところ。
 26インチか、700Cか。

<ブレーキの画像 サビ取りとレバー部分塗装>


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(第20日目)

 「ベアリングって、9個なんじゃないか?」
 昨日作業したときには、8個しかなく、えらく隙間が空いていると思っていたので、「作業中に落としたんじゃ?」と思い、探してみると1個発見。
 が、もう1個は発見できず(というか、最初から無かったのでは)。

 仕方なく、650Bランドナーから1個拝借。
 こちらはちょうど1年前に、20年ぶりにグリスアップした。
 平日は、片道5キロの通勤に使っているが、ベアリングはつるつるピカピカで、グリスもさほど汚れてはいない。

 で、ビアンキ君。
 昨日、グリスアップした後、リヤディレーラー調整のために車輪を回した程度なのに、すでに不良ダート馬場のように泥田状態。。。
 ベアリング、内部ともサビがあるせいかと、内部を徹底清掃。
 茶色いサビは、ほぼ落としたが、組み上げて手で回してみると、やはりガサガサ音がしてイヤな感じ。

 その後、取り付けて乗ってみたが、音的には我慢できる。
 もう少し乗ってみてから、再度開けてみて、処置を考えることにする。
 新しいベアリングを入れてもいいが、「これって内部のサビによる凸凹で、結局表面のメッキが剥げてしまうんじゃ」と不安。


 タッチアップに関しては、最初に「白+緑色=灰色っぽい薄緑」でやってしまった部分がある。
 その後使用した、アサヒペンの油性ライトグリーンは、単色でも、かなり近い色合いで、あまり目立たない。
 「この色で、全塗装やり直せばいいんではないか」との思いも生じるが、全体的にパーツの古さと整合性が取れない。
 一方で、「泥よけを付けたいが、純正は塗装されているのが多いので、塗装したい。が、これまた、フレームのカラー状況と整合性が取れなくなる」という部分もある。
 今後、パーツを少しずつ交換したうえ、キレイ目に仕上げていく方法もあるが、乗り心地などを確認した後の話でいいだろう。
 タッチアップした部分の、今後の変化も見てみたい。


■■■今後とりあえずしたいこと■■■

1)スタンド
 近所のホームセンターで、980円の物を発見。
 防錆も兼ねて、純正っぽく塗ってみるか?!

2)チェーン交換
 650Bランドナーをオーバーホールした際、チェーン交換による乗り心地の違いに驚いた。
 以来、一度錆びたものは信用できない。

3)泥よけ取り付け
 これも「塗ってみるか?!」の世界。
 最近、販売時点から着けてない自転車が多いが、「マウンテンバイクだからとか言うんだろうけど、コストダウンのために付けてないんじゃねーの?」と、いつも思っている。
 メーカー側も不要というのなら、世の中の自転車の大半に不要では?
 本格的に、ロードやマウンテンをやっている時ならともかく、少なくとも街乗り中心であれば、泥はねで自分が汚れるのもイヤだし、他人に迷惑を掛ける可能性を、放置してはいけない。
 こんなことを、作り手側、すなわち大人がやっているから、ユーザーすなわち日本人に無責任感を植え付けているという悪例である。

4)タイヤ交換
 色とスリックなところがちょっと。
 サイズも1.75から1.50に。

5)カンティーブレーキ交換
 何とか使えているが、部品が壊れており心もとない。

6)フロントディレーラー取り付け
 現在でも使用することは、ほとんどないが、一応付けておこうかと。


<画像 タッチアップ前後のフォーク(反対側だが)>


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(第20日目)


 今日は、普段使っている自転車で出かけていたが、帰り道で異変を発見。
 なんと、スポークが1本ニップルのところから折れているではないか。

 この自転車は、70〜80年代仕様なので、タイヤ・ホイールが「650B」という化石のようなサイズ。
 はっきり言って、足回り品は、いまどき入手不可能
 たまに見かけるが、リムだけで1万円、完成車なら10万円...


 しょうがないので、すぐ乗れるよう、ビアンキの最終調整に入った。
 先日来、気になっていたハブのグリスアップをしてみる。
 フロントは問題なしだったが、リヤは画像の通り。
 ベアリングは錆びだらけで、ハブ内部も同様。
 乗れないことはないが、快適性は追求できそうにない。

 フロントのカンティも、一方の部品が壊れており、左右のバランスが取れないし、フロントディレーラーも部品紛失により取り付けられない。
 部品取りをかねて、もう1台同サイズの中古本体を探そうかな。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(第19日目)

<サビ取り体験>

1)サビ取り専用剤
  説明書に、2分後に拭き取りとあるので、そのままやってみる。
  うーん、効果無し。

2)サンポール
  おそるおそるこちらも2分。
  専用剤よりは、マシか。

3)サンポールつけ忘れ
  すっかり2時間くらい経っていた。
  それが、画像の右側のネジ。
  「自転車のパーツのサビ取りには・・・・・」
  恐るべし、酸の力。98円。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(第18日目)

 土曜日なので、ホームセンターへ買い物に。

1)スプレー(黒) ¥390
  ブレーキレバー用

2)スプレー(つや消しクリヤー) ¥579
  何となく

3)歯ブラシ ¥78
  特売品。細かい清掃用に固めが欲しかったので。

4)サビ落とし ¥522
  どうしても届かないところの処理に。
  あまりあてにしてないが。

おまけ)緑のボトル ¥98
  いえ、ちょっと試してみたくて(汗
  別に、バフがけの魂は売ってませんから...


 今日は、なかなかクランクから外れず、CRCを吹きこんでおいた、ペダルをやってました。

【現在の価格 1万4888円】



書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(16日目)

 ここのところ、私の心をとらえて離さないものがある。
 それは、「磨く快感

 私は、物事にはまりやすい。
 金曜日に飲んだ後、泊まらせてもらった友人宅で、日曜日深夜まで延々とTVゲームに興じたことは、一度や二度ではない。(あ、自分では持たないようにしてます)

 ここ数日の、私の昼間の状態は、授業中に「早く帰ってゲームの続きがしたい」とばかり考える小中学生と、そう変わらないのではないか。

 が、今日は、南関ナイター。
 川崎スパーキングなので、柳沼淳子タンは見られないが、それはそれで置いておこう。
 オリンピック同様、参加することに意義があるのだ。

 結果、「おお、ウチパクよくぞこけてくれた。森下もよくやった。これでタイヤ2本と、チェーンが買える」と思いつつも、実は一方で、もう1台、適度に錆びた車体が欲しくなってきたりしているのである。

 で、今日は遅くなるので少しだけ。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




ビアンキ再生(第15日目)

 今日は、少し遅い夏休みだったので、パーツのサビ取りをしていた。
 なんかサビシイ感じもするが、外は大雨なので、仕方ないということに。

 フロントの左側のカンティをやったところで、インパクトドライバが電池切れで作業終了。

 で、雨も上がったので、初めて乗ってみた。
 フレームサイズが小さいので、かなり扱いやすい。

 気になった点。

1)泥よけ、スタンドがないと、非常に不便だ
 省略

2)力入れてこぐと「ギシッ」と異音が
 クランクの位置が異なるところで音がするので、BBではなさそう。
 チェーンが最もあやしい。また、ハブのグリスアップをまだしていないので、そのあたりが原因か。

3)リヤディレーラー
 普通、「スプロケット − 上のプーリー − 下のプーリー」が、ほぼ一直線にあるはずだが、下へ行くほど車輪側に傾いている。
 原因が、フレームなのか、ディレーラーなのかは不明。
 生まれて初めて「サムシフト」使ったが、あまりの楽さに感激。


 毎日見てると変化には気付かないが、写真比較すると見違えている。
 タッチアップは、はっきり言って「雑」だが(だからアップできなかったりする)、やるとやらないとじゃ大違い。
 ハンドル&ステムも、サビ落とししたので、そこそこ見られる感じ。

 しかし、タイヤはミスマッチだよなあ。(主観的に)



書いた人 nippon | comments(2) | trackbacks(0) |




ビアンキ再生(第6〜12日目)

 タッチアップが終了し、次はパーツをそろえなければいけない。

1)フロントディレーラー
 分解中に部品消失(泣
 よいこは、トレーにきちんと入れましょう。
2)チェーン
 灯油で洗浄したのはよいが、動きが異常に悪い
3)スタンド
 とりあえず安物を買うつもり

 1)2)は、オークションか通販になるので、多少時間がかかる。
 で、サビ落としをすることにした。

 ネジ類はすべて、鉄は赤錆、アルミは塩分で白っぽく変化しており、マジメにやると、結構時間がかかりそう。
 そこで、ヘアラインは気にせず、ドリルに軸付きスチールブラシという組み合わせで、力わざオンリー。
 仕上げは、ピカールなど。

 ブレーキワイヤー(アウター付き)×2、変速インナーワイヤーを購入。
 計881円

【現在の価格 1万3211円】





書いた人 nippon | - | - |




ビアンキ再生(第4、5日目)

 とりあえず、塗装準備品を購入。


○ホームセンター(1490円)

・ペンキ(アサヒペン油性スーパーコート 白&緑)
 チェレステっぽい色があったが、塗ってみて薄ければどうしようもないので、白と緑でやってみることに。
 が、実際白と緑を混ぜても、なぜかチェレステの色が出ず(青みがかった色になります)、結局「チェレステっぽい色(製品色:ライトグリーン)」を再度購入するハメに orz

・ナイロンたわし
 こするのに、楽したくて

・耐水サンドペーパーセット、あて木
 家に何枚かあったが、妙に気になって


○100円ショップ(840円)

・インパクトドライバに付ける「削る」もの

・塗装用の筆、パレット代わりの皿、塗料用スプーン

・ダイヤヤスリ

 【現在の価格 1万2330円】


書いた人 nippon | comments(0) | trackbacks(0) |




ビアンキ再生(第2、3日目)

 この自転車の特徴は、次のとおり。

1)サビが異常に多い (TT)
  元オーナーはシーサイドの住人。
  かつ、長期倉庫保管なので仕方ないか。

2)チェーン、スプロケットの汚れがスゴイ
  油分+ホコリ、泥で、固形化。
  清掃のしがいがあるといえばあるが。

3)装備品が最低限
  スタンドがない。
  ライトもない。
  泥よけもない。
  街乗り用にしたいので、最低限これらは必要である。


 とりあえず、リヤスプロケットの清掃をしてみる。
 今回は、台所用クリームクレンザー、オレンジ系洗剤で、ウエスで根気よく。
 軽く1時間以上かかった。
 裏面は、少し錆びている。





書いた人 nippon | comments(0) | trackbacks(0) |




ビアンキ再生

 8月23日、ビアンキが家に。

 と言っても、レストア用なのでボロボロである。

 雨が降ってたこともあり、早速家に。
 「なぜ家の中か?」というと、我が家の隣は藪。
 真夏のこの時期に、帰宅後、屋外で作業するのは自殺行為に等しいので、普段使ってない物置兼用の部屋に。

 ビアンキ再生の始まりである。【現在の価格 1万円】

ビアンキ車体
書いた人 nippon | comments(0) | trackbacks(0) |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< September 2014 >>

Link

Profile

QRコード