My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< ビアンキ再生(第25日目) | main | ビアンキ再生(第27日目) >>

ビアンキ再生(第26日目)

 私の人生の中で、BBに手を付ける予定はなかった(笑)のだが、快適なペダリングには避けては通れない。
 チェーン交換の際に、クランクを空回ししてみたが、少し異音がして、どうしても気になり、こちらのページを参考にやってみた。

 結果、非常にイージーだった。
 専用工具があれば、本当に簡単(右側外すときは逆ネジ)。
 得体の知れない部品とかが出てきて、後戻りできなくなくなるのではないかという不安もあったが、そういう面でも単純だった。
 クランクは、固く差し込まれた釣り竿の継ぎ竿のような感じなので、コッタレスクランク抜き工具でグリグリっと外すのである。

 クランクを抜いて空回ししてみると、クランクの重みが加わらない分、かなりの抵抗感が伝わってくる。
 外してみたら、画像の通り。
 前後ディレーラー、チェーン、前後のスプロケット、前後のハブと、これまでさんざん「油&泥&ホコリの真っ黒な固まり(=カケラを室内で踏もむと最悪です)」と名勝負数え歌をやってきて、もう終わったかと思ったら、思わぬ伏兵が。
 最初リテーナー(ベアリングの着いている部分)は、シャフトから外れないのかと思った。
 何か、ゴム上のもので外れないようとめられている... と、思いきや、これは例の「固まり」が層をなしているものだった。恐るべし。

 BB、フレーム内部ともクリーニングして、少しフレーム内を乾燥させるため、一晩おいておくことにした。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Link

Profile

QRコード