My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


深夜のロックはよくない

昨日は、二か月に一度の血液検査の日であった。

昨年末に二日間酒を抜いて以来、元日から一日も欠かすことなく飲んできた。

せめてということで、前日は酒を抜いたが、中性脂肪のみいつものように大幅にオーバー。
毎日飲んでいるオルニチンのおかげか、ガンマはここ数年間大丈夫である。

ほかには、腎臓に関係する数値から
「積極的に水を飲むように」
と言われた。

いつも2リットルの水のペットボトルをデスク近くに置いているが、このところ減りが遅い。

働き方改革のおかげで残業も制限されているため、仕事している間はひと息入れる時間がないくらいやらないといけないことが大いに影響している。


酒を抜いた反動で飲みたいこともあり、ほぼ一年前のコロナ第一波の前に行って以来ご無沙汰している店が気になっていたこともあり、久しぶりに街に出た。

仕事帰りに繁華街を遠目に見て、人がいないとは感じていたが、お目当ての店が開くまでに立ち寄った店では終始私一人、お目当ての店では、先客二人組と私だけといわゆる密ではないのはよかったが、本当に飲食業は厳しい。

久しぶりに話すことができたマスターから、この一年間の状況や業界の話をいろいろ聞いた。
店にいる時間の半分以上は二人だけであったので、最期は二人で飲んでいるような感じになってしまった。
酔っ払って、図に乗って、過去何度も何度も失敗をおかしている禁断の真夜中バーボンロックに手を出してしまい、今朝は非常に苦しい状況に。

昨日行く前に、今日か明日かと少し迷ったが、仕事が午前中休みの日の前日に行っておいてよかった。
今日行って同じ飲み方をしていたら、明日金曜日は最悪だったろう。




SDGs(=エスディージーズ Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標))」という言葉が最近不自然なほど急にはやり始めた。

2015年の国連総会で採択され、2030年までにここまでやりましょうって話なんだが、なんで4、5経って急にという感じがしている。
なんかビジネスチャンスでもあるのかな。

会議などでも
「SDGsという視点も入れないといけないね」
という話を聞くことも多い。

LGBTという言葉が広く一般に知れ渡ったように、今年の終わり頃にはこの言葉もそうなっているのだろうな。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




某売り買いサイトでの出来事(2)

※私はヤフオクはほぼ創設期から利用しており取引は軽く千回を超えている。一方メル仮はスタートした当初評判が悪かったので様子見していて、昨年秋から利用を始めたばかり。

某売り買いサイトでの出来事(1)の続き

 ◆ ◆ ◆

先方が購入した翌日コンビニから発送。
次の日には先方への到着を確認した。

しかしながら、またもやノーリアクション。
腹も立ったが、8日が経過すれば自動的に入金されるらしいので、放置することに。

そしたら、3日後に到着確認が入り、メッセージには切々と反省の弁が。
「これ全額弁償してくれたんじゃね!?」
とも思ったが、あくまで結果論と割り切った。


ヤフ奥を長くやっているとわかるが、まともな人間なら個人であろうがストアであろうが自分の信用というものを大事にする。
不備を詫び、妥協点を協議するのが当然のやり方だ。
損得に固執してそれができないなら退場してもらうべきで、だから私は評価が99%を切る出品者とは取引しないようにしている。


この不良品の件と並行して同じメル仮で新品の衣料品を購入していたが、
「間違って発送前に洗濯してしまいました。お気に召さないなら到着後返品手続きをどうぞ」
と。
不良品でなければいいので返品はしなかった。

「メル仮はバカしかいないのか」と数日間思っていたが、考えが変わった。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




SSD




で、生涯何個めかもわからないSSDをまた購入。

仕事でサブで主に持ち運ぶ用に使っているパナソニックのCF−SX1という機種のSSDの容量がいっぱいになってきて、使用容量が赤で表示されるようになった。

編集している動画を次から次へと過程段階の物も含め保存しているので、すぐに整理というわけにはいかないので、SSDを128GBから240GBに入れ替えすることに。

「いや、なんか、以前入れ替えた気もするが・・・」
と思いつつ容量を再度見てみたら未使用領域が丸々120GBほど。
入れ替えたのはいいが、その後何も処置してなかったのねん。

で、この空き部分領域を現在いっぱいになっているCドライブに結合しようとしたら、これがなかなか嫌がる。

EaseUS Partition Masterをインスコして、この作業を行おうとしたが、「そこから先は有料ですぜ旦那」メッセージ。
相変わらず使えねーな。


いろいろやっているうちにパーティションが隣り合っていないので結合できないということが分かってきた。

結合させようとしている2つのドライブの間にあるのは866MBという小さい意味不明の領域。
最初は消去するとマズイんじゃねと思っていたが、中は空。
さすがにぶっ飛ばすのは怖いので、空いていたHDDでいったんクローンを作成。
その後866MBこの領域を削除し、システムで予約済みを除く部分をすべてCドライブとすることに成功。
ちょっとドキドキしながら再起動したところ成功。

さて、この240GBのSSDをどうしようか。

※作業は自己責任で
書いた人 nippon | comments(0) | - |




まぐろホホ肉

二十年近くになると思うが、毎月一日は一宮に参拝をしている。

仕事その他で厳しい場合もあるので代替日は十五日としていて、今月は今日であった。

鳥居の前にものすごく大きい門松があったり、お賽銭入れが巨大なものに置き換えられていたり、古札納所のテントが設けられるなど、お正月独特の感じがいろいろあってよい感じ。

月に一度ではあるが、天下国家について、また少しだけ自分周辺のことを祈る機会は大事だと思って続けている。







参拝の後は当然直会である。

魚屋さんで買った、タラの白子と初体験の鮪のほほの肉。

白子は当然ながら、ほほ肉も絶品。

塩コショーでグリルで焼いてみたが、たとえるなら、トリハツやボラの臼に共通するような旨みがある。

次回どこかで遭遇すればまた買うこと間違いなし。


あとは初めて見た新酒のパック。
昔一升瓶でノーマルとそれぞれの味を比較していた頃は新酒いいなあと思ったけど、今回はそれほどでもなかったな・・・。
※あくまで個人の感想です
書いた人 nippon | comments(0) | - |




下克上トレーナー

1月11日までの20時まで営業短縮が終了し、昨日は久しぶりに炭で焼いた焼き鳥にありつくことができた。

元々18時開店の店は営業時間が短すぎることから1か月間すっぱり休業していた店も多い。

暮れも正月明けも、コロナが心配だったのと、行きつけの店をのぞいてみてちょっと人が多いからよそうということもあったので、二週間ぶりに外で飲んだ。

あまり恐れていても仕方ないので、きちんと対策を考えている店には、今後積極的に出かけようと思っている。




序盤は、単なる昔ブイブイ言わせてた輩の生い立ち武勇伝の本かと思いきや、それは一部だけで、全体的にはきちんとした考えに基づく格闘技、いやスポーツ全般に関する指導方法の書。

ところどころキツイ言い方をしている部分もあるが、これは「そうじゃないんだよ」ということを相手方にしっかりと伝えたいときの筆者なりの手法だろう。

こういった「気づき」を繰り返すような人は、人に物事を教え伝えるのに向いている。

私もその部分は共通しているが、過去、“死ぬまで”練習したことはない。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




某売り買いサイトでの出来事(1)

昨年末に某メル仮で新品の製品を購入。
元日に到着したのだが、さすがに正月休みだし新品だしってことで、とりあえず先方にお金が入るように確認・評価をしておいた。

で、正月休み明けに中を見てみたら、欠陥が・・・。
さっそく相手方に連絡したところ、
「目視で確認できないような小さい内容は対処できかねる。購入時とほぼ変わらない価格またはそれ以上の価格で購入されるかもしれないので出品しては」
というわけのわからない回答が来た。
しかも数日後に。

写真撮影時は気づかなかったのかもしれないが、不良品を売りつけておきながら意味不明な回答をしてくるところ、まともな人間ではない。

しかしながら、このまま不良品を引き取るのは、ちょっと授業料にしては高すぎるので、欠陥部分を拡大し出品して購入を依頼した。
金額は落としてあるので、先方はほぼプラマイゼロで、こちらは三千円近いマイナスだが、まともでない人物とはさっさと話を終わらせるに越したことはないので、やむなしだ。


しかしながら、また返事がすぐ来ない。

補償交渉中なのに、メッセージを確認しない、返事をしないという態度。
さすがにこれにはキレた。


24時間待って返事がないので、この欠陥商品ではなく、先方が出品している他の品のコメント欄に
「どうすんだコノヤロー!」
的な内容を書き込んだところ、やっと先方が購入した。


<つづく>
書いた人 nippon | comments(0) | - |




邦人奪還

ここ数日当地でも5℃前後の日が続いていて、朝晩の通勤時も寒いし、夜は外に出る気も失せるほどである。
水曜日あたりから平年並みに戻りそうなので、本年の酒場巡り初めはそれからか。

寒波初日は相当ビビっていたので、手持ちのスーツのうち一番生地の厚い総裏のものを着用していったので、大して寒いということもなかったが、困ったのは二日目。
私の頭の中では、
「背抜きではあるもののそこそこ生地は厚く春秋用」
と思っていたのだが、日中寒い寒い。
節電もあって、午前中はコートをずっと羽織っていた。
帰宅後によく観察してみたら、背中やスラックスの生地は透け透けで、
「どう見てもほぼ夏用やんこれ」
と。
思い込みは恐ろしいものである。

とは言え、今回のように厳寒の日に薄手のスーツというのは問題外だが、ある程度空調設備が機能している場所なら合服で十分ということが多く、私も生地がフカフカ系のスーツは、一着しかもっていない。
休日に自転車に乗ること場合も含めて、気温は二桁はあってほしい。




沈黙の艦隊みたいなと表現すれば失礼かもしれないが、その方面にかなり詳しい方が書いた小説。

この領土問題は存在しないが、こういった内容好きだ。





書いた人 nippon | comments(0) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< January 2021 >>

Link

Profile

QRコード