My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


水木しげる先生




水木作品の最新の思い出と言えば、もう7,8年前になるだろうか、アニマックスで墓場鬼太郎をやっていたときのもので、
「うわー暗いなー。これは子どもにはうけないだろうな」
という感想であった。

今回、氏の仕事についての解説をいろいろ読んで、
「白黒でもこんなに細かい作業をしてたんだ」
「そういえばカラーはものすごく色鮮やか。こんな技法だったんだ」
といろいろ気づかされた。

ものをただ鑑賞するだけでなく、そういった情報も必要なのだと認識させられた。


ひとつの断片であるコミック「水木しげるの戦場」。
こんこと以外にも、いろいろあった人生だと察するが、晩年の写真ではいい顔をなさっている。

やはり、名を残す人はどこか違う。




書いた人 nippon | comments(0) | - |




ファミスタ初期

ふと目にした昔のファミスタ動画。

1985阪神優勝付近かな。

あんまり言うとつまんないからまず見てください(youtube)。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




高校野球ほか応援歌 「Sunny Day Sunday」

高校野球で応援時にたまに演奏される曲。

ビリケーンズだったかなあ、大人の野球の試合でも超超アナログで聴いたことがある。

で、本日本格的に調べたら、センチメンタル・バスの「Sunny Day Sunday」と判明。

元がきちんとした楽曲とは知らなかったよ。
しかもポカリのCM曲。
一般の人でも知ってたのか。

発売時の1999年と言えば、私が今以上にテレビを観なかった時代。
部屋にテレビも置いてなかったんじゃないかな。


PV(youtube)を観るとなかなかこれがいい。
演奏が潔く3分弱で終了、かつこの出で立ちやスタイルってもしかしてと思ったら、
仮タイトルが「野球ぱんく」

オレのことか?!


この楽曲の演奏は、いろいろエッセンスが詰まってていい。

うーん、もう少し早く知っておきたかったなあ。



参考(youtube) 済美高校(愛媛) ※きれいめ



社会人野球版(チアが恐ろしいほどかっこいい件)








書いた人 nippon | comments(0) | - |




香り探訪4

ネットカフェではパソコンが電源を切って再度入れる、あるいは再起動すると前回の設定その他がリセットされるようになっている。

自宅のパソコンなら、たとえばYoutubeであれば、前回までの履歴を勝手に参考にして、あなたへのおすすめとかこれまで見た系統の動画のミックスリストとか、もう一度これ見るかいとかいろいろやってくれるのだが、ネカフェの場合、これがまったくないのである。

これって、映画とかである「これやっちゃうと、来世生まれ変わってもお互い記憶がないので、どこかですれ違っても、これだけ愛し合ってたことも覚えてないんだよ」的な話と似てるよなと最近思う。


でもって今回はカルバンクラインシーケーワンオードトワレ
こいつもメンズ香水ランキングでしょっちゅう上位のような。

万人にうけかつ嫌われにくい感じも前回のニコススカルプチャーオムオードトワレ同様。
違う部分と言えば、私の好きなラッシュ2に若干似てるので好感を持たなくもないが、それなら少々他人の好き嫌いはあってもラッシュ2つければいじゃんって気になる。
あと、私のよく行く店の芳香剤によく似てる。

まあそれを置いても人気があるのもうなずける。






香り探訪3

書いた人 nippon | comments(0) | - |




香り探訪3

かつては祖母と二人で、10年前に祖母が他界してからは私一人で、5年前まで暮らしていた家に
「お盆ごろに娘夫婦と孫とで帰省したいんだが」
と、相続者である叔父から連絡があった。

引っ越し直後は、自転車修理や小野式製麺機レストアなどかなりの頻度で通っていたので通常の人が住んでいる状態と大差なかったのだが、ここ2年ほど仕事で土日出勤が多くなってからはほとんど行くことができなくなっていて、夏場はかなりの湿気に加え、ダニもよくいたりして、さらに行きづらさが増していくという悪循環。

残してきている本を中心とした私の荷物もいつかは片付けねばと以前からかねがね思っており、また義父の他会後、物品整理をしたい欲求も高まっていることとホスト意識もあいまって、この土日はその作業に費やした。

家全体を作業スペースとしていたので、とりあえずエアコンの無い部屋にガラクタを収納し、残りの部屋は家具と机程度とした。
カビ臭の付いたシーツやタオル類を大量に洗濯。
布団は2日にわたって干した。
さすがに掃除に関してはすべての場所に手が回らず、数日前乗りしてくるという叔父に一部は任せることとした。

物品移動の際にあふれてきたものは、エイヤッとかなり捨てることができたので、こういうところで意識が変わればまた一段と捨てることも進むだろう。



少々前置きが長くなったが、今回はニコススカルプチャーオムオードトワレである。
いつもメンズフレグランス部門で上位にランキングされているような気がする。

で、感想 →→→ こいつはスゴイ!
この万人ウケするというか、甘すぎず酸っぱすぎず、万人に嫌われないような超無難路線は秀逸。

難点は人とかぶりそうなこと。




香り探訪2

書いた人 nippon | comments(0) | - |




0001 カツオのあら炊き

今日の材料は庶民らしく、150円(税抜)の「かつおダシ用」である。

すき身的な部分で、骨は一切無い。

お手軽にあら炊きにしてみる。

あら 画像の小パック分
酒 180cc
砂糖 3/10カップをベースに好み増減し調整
しょう油 60ccをベースに好みで増減し調整
みりん 大さじ2〜3
しょうが 適量(にんにく2片分くらい)

<手順>
あらの身は、ざるに並べて熱湯をかける
身が厚いものは裏表

鍋で日本酒をわかす
わいてきたら砂糖を入れあらとしょうがも投入
しょうがはおろすのかスライスかは好みで
※私は小さめかつ多少深さのあるフライパンで落としぶたをして調理

火が通ったらしょう油を追加
5分程度煮る

最後にみりんを加えてできあがり



日本酒に合いそうな味。
もちろん、ご飯のおかずにもいけます。

完成時に臭みがないかどうかが大きなポイント。


味は素材の鮮度の影響が大きいので血合いはともかく、身の部分がまだ赤いうちのものが入手できた場合に限る。







書いた人 nippon | comments(0) | - |




香り探訪2





今回は、「バーバリーブリットフォーメンオードトワレ」。

今もあるかどうか知らんが、ギャッツビーに似た感じのがあったなあ。
そっちは若向きでもう少しシャープだったが、こっちは少し甘い感じで全体のグレード感も上。

個人的には嫌いな部類ではなく、可もなく不可もなくといったところ。
しかしながら、KENZOに比べたら甘いから後続にはしがたい。


香り探訪1


書いた人 nippon | comments(0) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Link

Profile

QRコード