My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー


ロードバイクのフロントブレーキのナット固着

shimano105(5600)のフロントブレーキを外そうとしたのだが、フォーク裏の受け側の六角レンチで回すナットが微動だにしない。
金づちを使うと、六角レンチが曲がってしまうレベル(大汗)。
これはすでにロックタイトレベルじゃない。

ネットで解決策を探したがいつものように何の解決策も無し。
過去何十回もそうしてきたが、どうして私はいつもパイオニアとして取り組まねばならないのか。。。

ブレーキの心棒切断覚悟で作業を進めてみた。
とりあえず分解したほうが切断しやすそうなので、手前部分を外す。
そしたらトルクスネジ(6つギザがある星形)出現で工具が無く作業が前に進まない・・・・・・

仕方なく対応しているレンチを買ってきた。
ついでにステン用の金のこの刃も補充。

このトルクスネジが結構固くて、こん身の力でレンチを回すと、おおなんだかブレーキ本体に動きがあったみたい。
本体をグルグルまわして除去に成功。

が、なんで取付ナットが残るんだよおおおおお。
ブレーキ本体側から付き出したいがとっかかりが全くない。

ひと晩考えて出した結論が
「反対側からボルトをねじ込んで力業で押し出す。無理ならフォーク廃棄覚悟でドリルしちゃおう」

結果、ボトルねじ込み金づちこんこん押し出しが安直に成功した。

まあ「固着」でもあるんだが、元々のフォークの穴に対して決して小さくない部品が押し込まれてたってことかな。


キャリパーの片方を外した時点で工具のないネジ登場


レンチ購入で固着から何とか脱出


ブレーキ本体は外れるも取付ナットが残る


ホムセンでネジサイズを調べて合うボルトを購入


<ボルトをねじ込んでコンコン>


<真ん中がやっと外れた105 右が新たに取り付けるDURAでこっちはすっぽり入った>

書いた人 nippon | comments(0) | - |




とある歌詞


「おじいさんはおばあさんと目を合わせあまり喋らない」

この歌詞酷いよな

「おじいさんはおばあさんとあまり目を合わせ喋らない」

だろ?


いくらメロディーラインに乗らないからってそれはないわ
ってゆうかそんな曲が話題ってのも寒いな

まあ、「今話題の」「注目されてます」は、今や当たり前の枕詞だが。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




小野式此episode2

経験値にものを言わせてマッハで仕上げた。
並行ピンは元の4mmのものは大半がサビのため金づち&ポンチで押し出したため、ゆがみでほとんど使えず、3mmが大半。
組み立て時にすぐ抜け落ちるので大変だった。
組み立てやすいのはいいが、遊びが大きくなるという欠点がある。
4mmの新品を通販で注文しているので、それが来たら順次交換する予定。

元から無かった片方の脚とハンドル小野式から流用した。

これハンドルが幅広とノーマル(切り刃の幅です)で微妙に違ってジャストフィットしない。
「妙なとこで差別化してるのか?」
と思いきや、深く入るようにはめる部分の奥のバリを取ったら問題無く使えるようになった。


今回は切り刃のサビ落としを一度した後に再度サビが発生。
使用前にこれは珍しい。
「緑青って毒だったような。このまま使って大丈夫か?」
と思って調べたら、研究の結果、毒性は全くないらしくひと安心。
極度のサビつきのためいつもよりシャリバナーレ(潤滑オイル)を大量に使ったからか。


刃の清掃を兼ねた麺体通しをしてみた。
どうもクシ刃を逆に入れてしまったようで、大きい刃には麺体が残りすぎてる(というかまったくそのまま)。
直角に曲がっているタイプのドライバーを実家に置いてきたので、明日再調整。

あとローラー用の丸木だが、ノーマルよりひと回り大きい。
いつもの直径が違うものを購入したが、材質が違うのかキリで穴もあけにくかったし、結果的に釘の食いつきも悪い。
先だけネジになっている細長いボルトに交換が必要だ。

ホッパーの座りもおかしいし、いつもと勝手が違う。







前の記事
書いた人 nippon | comments(0) | - |




小野式此episode1

もう混沌としてまいりました。
シーズン5がネジの固着で思うように進まない中、並行してシーズン6に突入(笑)

こいつもサビが酷い・・・・・・
が、念願のロングタイプ(刃とローラーの幅ね)
何とかして仕上げてこいつを手元に置いておくようにしたい

てゆうかこれ片方の脚が無いので、5と合作にしないとどうしようもない。
5は特に上側の両サイドの状態がかなり悪いのでいい組合せではある。

本日はとりあえずバラしてみた。
ローラー用の刃を留めているネジが一時抵抗したものの、CRC液漬けこうげきで安易に攻略。
結構余裕かと思ったのもつかの間、心棒系のサビが思ったより酷く普通に抜ける平行ピンはほとんど無かった。
おまけに歯車もなかなか抜けず。
そこいらは経験値でクリアしたものの、時間がかなりかかった。

明日にでも組み上げたいが、平行ピンは半分ほどが使えそうにない。
大量に仕入れてあるM3(オリジナルはM4)で代用は可能だがどうなることか。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




2台目を10速化

10速と9速各1台の状態で1年くらい経過したが、互換性がないと不便だし精神的にもよくないと理由をつけて、10速に統一を図っている。

InterMaxはDURAの7800なので、互換性のあるアルテ6600で統一しようとしているところ。

今日、注文していたパーツが到着。
釣りのリールと同じで、こういうメカニカルな感じの物体は男子をくすぐる。


RDは中古ながらキズも無くプーリーも綺麗だ。
ブレーキはセットより単品が安いので、フロントは7800の中古、リアは6600の新品にした。
組み付けるヒマが無いのがちょっとな。

てゆうか、入れ替えて売却する予定の105がどこまでいってくれるのかが気になっている。






書いた人 nippon | comments(0) | - |




小野式后episode1

しょーこりもなくまだやってるよ。

今年は異常に忙しくて、とにかく時間がなかったんだけど、原因の半分はこのシリーズのような気がしてきた。


こいつは5台目にしてボスキャラ登場的な感じ。
とにかく内部のさび付き固着が酷い。

底板を留めているのネジさえ4本のうち2本が外れず、板を切断することに。
すみずみまで計算されている感のある小野式だが、ここのネジが固着することは想定してなかったのか、鉄製の足の最下部のボルトのあるスペースが狭く、スパナが思うように差し込めない。

ローラーとクシ刃の留めネジ計12本のうち、初日外れたのはわずか3本。
潤滑措置をして2日後4本外れたがまだ5本残ってる。

ローラーの麺生地厚さ調整ネジも独特の丸いボルト状で、ペンチを全力で握りこんでやっと回せたって感じ。

歯車はもとよりローラーまで心棒に固着しているというありえないというか初体験の状況。

これはちょっと無理かもしれんね。







前シーズン最終話

書いた人 nippon | comments(0) | - |




小野式検episode5

完了しました





前のん
書いた人 nippon | comments(0) | - |




スプロケットの清掃

これを含め計2つを。

自分でずっと使ってた分は、雨が降ったらラスペネしてるのでドロドロで真っ黒になってはいるもののパーツクリーナーでピカピカに。

画像の中古で仕入れたヤツは、あまりに長期間手入れがされていないために、クリーニングしてもかなり沈着している感じ。

やった感はあるんだが、かなり座りっぱなしだったんで腰が痛い。。。






書いた人 nippon | comments(0) | - |




yum yum gimme some


部屋にいるとき結構付けっぱなしにしているNHKが最近流すことさえいやなくらい劣化してきたので、音楽を聴くようになった。

このMODSのアルバムを聴こうとしたら盤面が割れていて、そう言えばずいぶん前に踏み割ったなと思い出し、中古版を取り寄せておいたのが今日届いた。

前のはもう捨てようと思って取り出したら当時にはあり得ない黒のラベル・・・・・・

もしかして、すでに一度新品を買い直してたのかオレ?!








書いた人 nippon | comments(0) | - |




赤い山椒

山椒の実を1パック100円少々で売っていたので買ってみた。
25グラム目安である。

買った後で知ったが、

 青山椒=若い実
 赤山椒=熟した実

ということらしい。

板前さんが手のひらで叩いて香りを出す木の葉も山椒である。


清冽(せいれつ ※通常水に対して使う)とか辛辣(しんらつ)といった言葉は、この植物のためにあるのかもしれない。
何しろ塗香を思い出すような香りがすばらしい。

しかしながら、ミルサーのカッター付きキャップがヤバイ気がしてる。





書いた人 nippon | comments(0) | - |




ベイブリッジテープ

寒波により、全国的に、寒い日が続いている。

夜中に素面で屋外で寒さで耳が痛くなるような状況にいると、
「あの少年の体験した寒さはこれと比べてどうだったのだろう」
と、今でもしばしば考えることがある。

その少年は、小説「D・ブリッジ・テープ」の主人公。
屋外生活で暖房器具が何一つなく、廃車の中で寒さを防ぎ、やっと生きていける程度。
迷い込んできた目の見えない少女もやがて死んでしまった。
という風に記憶している。

文章から伝わってくるのは圧倒的な寒さ。
ドクトルジバゴの全編に漂う、あのサウンドトラックとは裏腹の、辛辣なトーンに似ているイメージだった。


調べてみたら1997年頃の作品なので結構古い。
数行前の内容に加えて私が好きじゃないグロな描写も少し入っているので苦手な人は読まないほうが



書いた人 nippon | comments(0) | - |




選挙の日


・みんながみんないい結果じゃないから見る気分も複雑。

・前回から2年もあっという間だった。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




高知城冬のお城まつりなう。唄うほうも飲むほうもガチアウトドア寒い。。。



書いた人 nippon | comments(0) | - |




小野式検episode4

9割以上パーツの準備が終了した。

木製スペーサー仕上げ用のニスがわずかに不足していることや、多少塗装の甘かった箇所を修正したため乾ききってから作業したいこともあり、組み立ては次回に。


今回のブツは塗装の痛みが比較的少なかったので、「小野式」の文字部分をそのまま残してみた。

前回鋳物の穴をふさがずに塗装したら、心棒に付けた潤滑用オイルで塗装が溶け出してきて修正に難儀したので今回はマスキングした。

木製スペーサーは、ニスの乾くのを待っていた際に次々と作ってみた。
慣れれば意外に簡単。
素材はくるみ、いちい、えんじゅなど。

ローラーと切り刃の錆びがひどかったので、どうなることかと思っていたが、予想外に綺麗になった。
元々それ以外はいいコンディションのものだったので、組み上がりが楽しみ。









前の記事

次の記事

書いた人 nippon | comments(0) | - |




やげん堀 七味 大辛



先日、浅草で買ってきた。

桜花漬は、この春に初めて地元で買ってその味が忘れられず、即買った。
さすがにこの時期なので、それとは違ってかなり塩漬け度が高く、そのままでは酒のあてにもきびしい。
細かく切ってなんとかって感じ。
生野菜を使うメニューに混ぜればいい味を出しそうだ。
お店では炊き込みご飯を薦めてるみたい。

七味は、大半の人のレビューどおり、”七味的に”いろいろ香る。
しかし、この大辛はかなり唐辛子の含有量が高いので気をつけて。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




目に余る

MSN日本のホームページが少し前にリニューアルされて、目に入る部分の大半がニュースほかの項目になっている。
少し前にも書いたが、記事のうち約半数(感覚的に)の内容のひどいことひどいこと。
モラルハザードもいいところ。

記事として、内容がくだらない点はまあ目をつぶろう。
次から次へとHPは更新されるわけなので、そうそうすべてのネタが面白いはずがない。
ひとこと言いたいのは、作文もロクにできないヤツらに書かすんじゃねえよってこと。

結構名の通ったゴシップ雑誌(笑)経由の記事でも、まったく文になっていないものが多々あって、内容のほうも単に反原発とか公務員制度改革とか表題で興味を引きたいだけで記事を書いているだけの輩がなんと多いことか。
特定の芸能人や政治家にすり寄る記事もしかり。

こういうやつらは、きちんとした文章は書けないが、内容のチェックはきちっとするらしく、意外に誤字が少ないのは笑える。

悲しいけど、これってもう止まらない流れなんだろうな。




書いた人 nippon | comments(0) | - |




小野式検episode3



小野式で一番困るのがこの木製スペーサー。

それほど強度は必要無いが、バルサでは細かい加工ができず無理だった。

今回、いくつかの種類の木を仕入れて、どれかに統一しようと考えている。
杉あたりがよさそうな感触はあるが、木材の特質を知るのも面白いので。


ドリルで穴を開けてそこを中心に2枚作ればよいのだろうが、ちょうどよい大きさのを持っていないので、現在はすべてカッターで行っている。


前の記事


次の
書いた人 nippon | comments(0) | - |




佐川・酒蔵ロード劇場

折からの寒波でみぞれとか降ってて寒かった。。。






書いた人 nippon | comments(0) | - |




くたばるまでPUNK




ここ数年精力的に着てるライダース。

年を取るってことはいろんなことが永遠じゃなくなるってことだしな。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




菜切り包丁

水屋の奥にあったのを引っ張り出してきて数年間使っていた古い菜切り包丁の一番刃に近い側の留め金が緩んできて、ほかの2点でも留まっているし切ることに支障はなくすぐにどうこうということはなさそうだが、カタカタ音がするのはさすがに気になるので、この際新調することにした。

購入したのは、長谷川化学のMNK−160。
結構高いぞ(笑)

もったいないので、使わず置いておくことにしよう。







書いた人 nippon | comments(0) | - |




A4ワンペーパーの罪

例えば会議資料などを
「A4ワンペーパーにまとめて」
といった話はままある。

元々は複数枚にすると要点がぼやけるしあっちこっち見ないといけないしテーマが多いと資料もかさばるしといった理由で始まったのだろう。

しかしながら、最近やたらと目につくのは、
「とりあえず何でもかんでもワンペーパー」
といった風潮。

最悪だと感じるのが資料作成依頼文書で、依頼する目的、記載要領、提出方法や締切といったことを無理やり1枚に押し込めているもの。
例えば2枚にして、記載要領は2枚目に表形式にしてまとめてくれればスッキリするのだが、1枚だと表にするスペースがないため文章にせざるをえず、細かい字でビッシリ書いているので見る気もしない。
作らされる側から見れば、記載要領は見やすく2枚目にまとめてもらって、さらに3枚目に記載例をつけてくれたほうがありがたいのである。

こういった文書はA4ワンペーパーにまとめる必要性はまったくないのにくだらない先入観にとらわれてしまっている人が多すぎる。
自在性を失ってはいけない。


書いた人 nippon | comments(0) | - |



カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< December 2014 >>

Link

Profile

QRコード