My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< そもそも論点がおかしい | main | 全粒粉30%混ぜパン >>

2015土佐センチュリーライド嶺北・いのを振り返って(3)

○新大森トンネル〜道の駅木の香
全体的に下り基調かつアップダウンといった道。
下って上るのが目に見えている場所では、「めいっぱい踏んで次のアップで楽しようとする」姿勢は参加者中かなり上のほうだとここを進んでいて知った。

そこでいったん抜いても、平地が続けばすぐに追い抜かされるので、限りなく前方車の後ろに近づいて徐々に遠ざかっていく感じ。

この路線は路側が割と広いので、この走り方が可能だが、横浪半島は場所によっては危なくてこれができず、泣く泣く上りを自力のみで上がらないといけなかったりする。

90キロコースではここまで来れば、あとはキツイ箇所がないので、気分的にもかなり楽になる。

木の香では、まず通過チェックを受けた後、ゆっくり派の我々は道路反対側の温泉施設のあるほうへ。
ちょうどお昼時で温泉建物内の食堂兼売店は大混雑大行列。
回避して、奥の屋台っぽいところで、おにぎり2個パックを購入し栄養補給。
少しだけおかずとして入っているイタドリの炒め物がウマイ。
その後、数人のグループでオートバイで県外からやってきた方々と談笑。
トイレと飲み物補給終了後出発。


○道の駅木の香〜ゴール
早明浦ダム上流〜ダム湖沿いの道へ
ここは景色もよく大好きな道
大会以外で来て、ゆっくり写真でも撮りながら走ってみたい場所だ。

大川村役場を過ぎると、楽しい時間も終了。
行けども行けども見えてこない赤鉄橋(上吉野川橋)までの道を走る。
もう少しダム湖とかが見えればいいのだが、ほぼ林の中に近い。
太陽は相変わらずギラギラ。
途中のトンネルが涼しすぎて、出たくなくなる。

あまり進まないうちに、赤い橋が見えてくるが、実はこれはフェイク。
続いて青だったりエメラルドだったり。。。
まあ、予習してサイコン見てればキロ数で大体わかるんだろうけどね。

いつものことだが、ここ付近では徐々にダンシングの回数が多くなっていく。
アップダウンが多いのに加え、もう距離もないしで力まかせに近い。
すがすがしく赤鉄橋を渡った後は、あずまやで最終チェック。
その後は、南越トンネルを抜けて坂を下って国道を少し走って終了。
さほどの距離はないが、トンネルの後の下り坂は結構Rがキツイ。

ほどなくして、道の駅土佐さめうらにゴール。
A君が言うには、手元の時計でおおむね5時間。
二人がばらけない分、新大森坂や、各道の駅での休憩時間が比較的短かったので、前回より30分ほど短縮でした。

上吉野川橋で折り返して、633美までだったらまだできそうだけど、それ以降は制限時間伸ばしてもらっても無理っぽい。
挑戦するなら、あと2,3年以内か。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Link

Profile

QRコード