My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 自転車トラブル | main | 自転車トラブル(3) >>

自転車トラブル(2)

どうしてこうも、毎年毎年大会直前にバイクトラブルに見まわれるのかと。

高速走行中に車体がどうにかなるよりは、はるかにましってことなんだろうけど精神的にキビシイ。



○メインバイク Eddy Merckx号
正月に手を入れて以来、ここまで半年あまり大した問題なく来ていたが、今週月曜日になって、こいでるとパキパキ異音が。

ペダルにのせてる足に違和感が伝わってくるので、もうチェーンかスプロケか後ろの変速機に箇所は限定。

で、スプロケを外してみたら、フリーボディに結構傷が。。。
「原因は、スプロケの締めが甘かったせいか?
 あれ、そういえばこれスペーサーもついてない・・・・・・」

かなり遅れて10速にしたので、知識不足で、10s時代になっても、10s専用のフリーボディはほとんど無いのを知らず、
「最近の製品だから1mmスペーサーはいらないよな」
と自己判断したのがいけなかったようだ。

走ってみて異常があれば取り付けようとは思っていたが、これまで何もなかったんだもん。
ここ数週間ヒルクラばっかで踏み倒したせいで発症が加速されたか。
なんかスプロケ自体のかしめも緩んできてるし、もしかしてこれも交換か?
とりあえず、明日スペーサーを付けてみて音がおさまれば、乗り慣れたこちらで出場も一考。

ライドの最中にパキパキ鳴られるよりは結果オーライだった。



○スーパーサブ InterMax号
かなり前の話だが、ステムを入れ替えていたときに、インテグラルゆえフォークがスポっと抜けて(当時は抜けることも知らなかった)しまい、ヘッドパーツがあちこちへ。
組み付けたがどうも「あたり」がおかしい。
うまく言えないが、少しロックされてる感じ。
もうショップで見てもらうしかないと思いつつも、Eddy Merckx号が好調だったため、1年間ずっと放置していた。
しっかし、こいつは車体がなかなか軽くて魅惑的だ。

で、追い詰められた本日、ショップに持って行こうとして、状況を説明できるようにいったんバラしてみたら、上下のベアリングが真横から見ると同じ向きに。「ありえねー」
とその場で修正。
取り回しもよくなったので、明日グリスアップして万全ならこっちでGoか。
ただ、タイヤが3年前のものなので、Eddy Merckx号のと交換はしておきたい。


書いた人 nippon | comments(1) | - |




コメント

日頃の整備を怠らないから、ちょっとの不調でもすぐに見つけられるのですよね。
素晴しい事だと思います。



コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Link

Profile

QRコード