My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 嘘つきの最期 | main | 長財布への長い道(ヌメ革の長財布(3)) >>

今日のヒルクラ20190908

9月に入った。

まだ日の暮れもさほど早くはないので、夏のなごりもある感じだが、この先徐々に早まっていくのを思うと、毎年のことだが淋しい感じがしてくる。

社会人である以上、日々の生活にはさほど関係ないが、休日に自転車に乗るとなると、夏場は午後3時からでも走りに出かけられるのがいい。


本日の天気予報はくもりのち午後は晴れ。

割と早く起きたので、まとまった雨にはなりそうにないので早く出るか、午後まで待つかどうか考えたが、午前中を無為に過ごしそうなので早めに出発。

多少の雨は覚悟していたので、ぬかるみ上等のシクロモデルアーサー号で。
ちなみにアーサー号は前日通勤で初雨天走行を体験済み。


出発早々霧雨に遭うが、大したことはなかった。
それより今日は地域の道普請の日で、坂道に何箇所にも分かれて草刈り機を持った人や軽トラがいて、スピードアップを余儀なくされたので、ちょっといつもと違った。

町中は路面は乾いていたが、山に入ると多少の雨がずっと続いているのか完全ウェット。
峠の手前まで登り切ったはいいが、その直後ライド以外では遭遇したことのない強烈な通り雨。
ブレーキの効きが悪くなり、一度側壁に突っ込みそうになりビビった。


<路面はウェット>


<この後大雨>


書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Link

Profile

QRコード