My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 小野式此episode1 | main | とある歌詞 >>

小野式此episode2

経験値にものを言わせてマッハで仕上げた。
並行ピンは元の4mmのものは大半がサビのため金づち&ポンチで押し出したため、ゆがみでほとんど使えず、3mmが大半。
組み立て時にすぐ抜け落ちるので大変だった。
組み立てやすいのはいいが、遊びが大きくなるという欠点がある。
4mmの新品を通販で注文しているので、それが来たら順次交換する予定。

元から無かった片方の脚とハンドル小野式から流用した。

これハンドルが幅広とノーマル(切り刃の幅です)で微妙に違ってジャストフィットしない。
「妙なとこで差別化してるのか?」
と思いきや、深く入るようにはめる部分の奥のバリを取ったら問題無く使えるようになった。


今回は切り刃のサビ落としを一度した後に再度サビが発生。
使用前にこれは珍しい。
「緑青って毒だったような。このまま使って大丈夫か?」
と思って調べたら、研究の結果、毒性は全くないらしくひと安心。
極度のサビつきのためいつもよりシャリバナーレ(潤滑オイル)を大量に使ったからか。


刃の清掃を兼ねた麺体通しをしてみた。
どうもクシ刃を逆に入れてしまったようで、大きい刃には麺体が残りすぎてる(というかまったくそのまま)。
直角に曲がっているタイプのドライバーを実家に置いてきたので、明日再調整。

あとローラー用の丸木だが、ノーマルよりひと回り大きい。
いつもの直径が違うものを購入したが、材質が違うのかキリで穴もあけにくかったし、結果的に釘の食いつきも悪い。
先だけネジになっている細長いボルトに交換が必要だ。

ホッパーの座りもおかしいし、いつもと勝手が違う。







前の記事
書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Link

Profile

QRコード