My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 四方竹 | main | 自由の鐘が鳴ってる >>

シャープペンの芯について

先週発生した仕事上の大問題はいったん下火になりつつある。
悪いほうに進展して再燃しないことを祈っている。

日・月・火と3日間、朝から深夜まで、久しぶりにこんなに働いたという状況であった。
水曜日夜は祝いごとに出席したのだが、珍しく数杯で酔っ払ってしまうほどの体調であった。
通常業務が滞ったおかげで週末も出勤となるが、ここ数日間よりはましだろうから、3連休に救われた感じがある。


シャープペンの芯は、社会人になったときの最初の上司が使っていたので、ずっと0.5ミリは2Bを使っている。
パソコンの普及によりどんどん手書きすることは少なくなっているが、そこそこ書いていた時代は0.3ミリをメインに使っていた。
こちらは2Bはあまり売られてなかったので、ずっとBである。
もっとも、2Bが手に入ったとしても、細かいスペースに書くために使っていた部分もあるので、Bにしたのではないかと思う。

現在使っている0.5の2Bはゼブラ製。
「これほんとに2B? 間違ってほかの芯混ぜたか」
と思うくらい書き味が固い。

調べてみると、メーカーによってそれぞれ特徴があるとのことである。
説明を見てみたが、次に買うとしたら、ハイユニか。





「間違ってほかの芯を混ぜたか」の話だが、通常は取り出すいっぽうなのでこんなことはないが、初めての人事異動で職場を移った際に、デスクに残っていた芯をそのまま使っていたところ、書いたり消したりしているうちに
「妙に違うなこれ。Bにしては薄すぎる」
と思って、数本芯を取りだして試してみたところ、B程度のものもあったが、H程度のかなり薄いものも混在していて、
「捨てるシャーペンから取り出して入れたにしてもセンス悪すぎだろ!(怒)」
と、年度初めで新しい仕事でと忙しい時期だったこともあり、かなり不愉快になったことがあった。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Link

Profile

QRコード