My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 「トルコによるイラン在住日本人救出(下)」 (国際派日本人養成講座から) | main | カマスうめぇ >>

古事記



「大学」と「論語」に続く 「若い頃よく読んでたシリーズ」(笑)

「中庸」は、ネーミング的にちっちゃくまとまりそうなイメージがあって、ほとんど読んでいない。
「え、持ってたのか?」
と思ったくらい。
まあ年も年だしそろそろ読んでもいいかな。

講談社版より、現代向けにもう少しわかりやすくてもいいかもしれない。
PHPとかのやつは解説が丁寧だったかも。


「古事記」は、上つ巻しか読んでない。
文庫で言えば60ページくらい。
この厚さの5分の1くらいか。

内容は、神様がいっぱい出てくる物語。
神々様は、日本のあちこちの神社のご祭神。

伊勢神宮の天照らす大神(原文どおり アマテラスオオミカミ)を始めとして、挙げるときりがないです。
神社に行くと、功徳とか御利益がそれぞれあるが、これを読めばなるほどと。

外国の神話は、結構相手を殺してしまったり、何かに変えてしまったりと読んでいてうんざりするが、日本のは面白い。
日本人の生活習慣そのままというか、遙か昔も今も似たようなもんだ。

この物語は、私にとってIL GARAGEというかGARAGE WONDERLANDというかGARAGELANDというか、まあここが原点みたいな理屈抜きに好きな世界。

これ大河ドラマでやると面白いんだろうけどなあ。
猿田彦とか役的にかっこいいし。
宗教的だから無理か。


○古事記(角川日本古典文庫)
○中庸(講談社学術文庫)

書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Link

Profile

QRコード