My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< ファミスタ初期 | main | 夏風邪一歩手前 >>

水木しげる先生




水木作品の最新の思い出と言えば、もう7,8年前になるだろうか、アニマックスで墓場鬼太郎をやっていたときのもので、
「うわー暗いなー。これは子どもにはうけないだろうな」
という感想であった。

今回、氏の仕事についての解説をいろいろ読んで、
「白黒でもこんなに細かい作業をしてたんだ」
「そういえばカラーはものすごく色鮮やか。こんな技法だったんだ」
といろいろ気づかされた。

ものをただ鑑賞するだけでなく、そういった情報も必要なのだと認識させられた。


ひとつの断片であるコミック「水木しげるの戦場」。
こんこと以外にも、いろいろあった人生だと察するが、晩年の写真ではいい顔をなさっている。

やはり、名を残す人はどこか違う。




書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Link

Profile

QRコード