My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 今日のヒルクラ20170618 | main | ヒルクラまらない日々に突入か >>

いわゆるカイゼン

過日仕事関係で
「その処理の仕方は間違ってますよ。今回はまあいいけど」
みたいなことがあった。

私から見れば内容的に本当にどうでもいいことで、
「A・B大した差はないのになんでAとBでやり方が違うんだよ?!」
というくらい。



私はイベント主催者として過去多数の方から問い合わせやクレーム的なことをいただいてきた。
イベントの最中、これらの内容や現場で気づいたことはすぐにEメールで自分のPCのアドレスに送っている。
そして当日夜か翌日にはそれらを見返しつつ、来年用の募集要項に手を入れるなどの作業をする。
また、数日後の反省会ではスタッフでこれらを共有し、毎年毎年改善を図っている。
さらに念を入れて、反省点としてあげた項目は、過去のものもすべて列記しているのでスタッフが入れ替わっても同じ失敗を繰り返すことはない。

こういった手法が体に染みついているので、今回のようなことに出くわすと、
「なんで20年以上働いている人間に伝わりもしない方法とってんだよ(怒)」
と逆に言いたくなる。
逆に相手からすれば
「長いこと働いてんのにそんなことも知らないのか」
となるのだろうが。

例えば様式の隅や枠外に
「こういった場合はこう処理してください」
と注意書きを添えるだけで何の問題もなくスムーズに事は運ぶのである。


上からの表現になってしまうが、
「やってみせて、言って聞かせて・・・・・・」
というスタイルが私のやり方。

『「説明がないから(わかりにくいから)書類の作り方がよくわかりません」
とは絶対言わせないぞ』
という小人のつまらない意地とも言えるのだが。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< January 2021 >>

Link

Profile

QRコード