My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 生きる場所と死に場所と | main | ドクターヒーレスがなんか安い >>

映画「月の下まで」の感想

先の土曜日「月の下まで」を観てきました。

主役の明神さん。(名前がベタですねーw)
幡多にこうゆうおんちゃんおりそうです。
いや、絶対います!

息子雄介役の松澤さん。
すごい名演。

雄介の幼なじみ矢野恵理役の富田理生さん。
実年齢より若い役だったけど、違和感がない。
ブレイクしてほしいなあ。


絵的には、それぞれの家の雰囲気がリアル。
酒場とか、漁協とか港とかも実にリアル。
少しだけ顔を出す役の人たちも、幡多の港町にいそうな感じでリアル。

方言の塩梅もGood。
いまどき使わない言葉が出てくると、地元民としては興ざめだし、逆に100%になりすぎてもちょっとなあと思うし、そのへんのバランスは最高でした。
あと、鹿島にあんな神社あるの初めて知りました。

逆に、少し気になったのは、学校の先生と雄介の母親美砂子のキャラがかぶって いて、夜家の前に立っていたのが先生かと思ったこと。
あと、EDもよくわかんなかったなあ。
人それぞれの取りようってことかもしれないけど。

県民気質として、地元のものを素直に応援できなかったりするんですが、
これは自然に入れるんじゃないでしょうか。
逆に監督さんが岡山の方だったので、うまいこと高知を表現できたんじゃないかとも思います。


胸の一部をキュっと締め付けられるような映画でした。


公式HP
書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Link

Profile

QRコード