My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< にんにく出始めた | main | テレビのない連休 >>

自家製うどん地獄!?



連休前半にやり始めて以来、完全にのめり込んでいて、ずっと昨日からうどんばっか。

5月3〜6日ずっとの予感・・・・・

しかしなあ、一般的に書かれているレシピとかは、手打ちうどん作りを難しく言い過ぎだろ。
家で作るんだから、別に一定の品質である必要もないし、「簡単にできます」とか言いながら、夏と冬で塩分がどうのこうのとか、ねかせるときはこたつとか布団に入れろとかさ。
こういうのに影響されて、長らくトライできなかったわ。
まあ、冬場は玉を暖かくしたほうがいいみたいだけど。


<邪道なレシピ>

○ボールに中力粉と強力粉と塩を投入。
 粉を飛ばさないように軽く混ぜ合わせる。
 比率は、中力粉7(g):強力粉3(g):水5〜6(cc)
 これに塩
 例)中力粉210g:強力粉90g:水150〜180cc
   塩1〜2つまみ

 小麦粉重量は、水の約55%です。例えば200gなら360cc付近。


○水を徐々に投入。
 箸で混ぜていく。金属製など固い箸がベスト。
 ある程度玉になりかけたら、今度はラップを使って手で押しながら
 形をまとめる。
 ある程度手につきににくそうになってから、素手で揉んでいく。

○30分以上放置する
 玉をボールに入れ、キッチンペーパーかふきんを「30分放置して
 も乾かない程度に」湿らせてかけておく。

○放置後、再度揉み込む。再び30分以上放置する。

○すりこぎなどで延ばしていく。
 両面に打ち粉をすることに気を配る。
 (延ばすと水分の多い部分が表面に出てくるのでくっつく)
 重ね合わせていく部分も注意。
 ※打ち粉は小麦粉でOK。容器に取りやすいように打ち粉用として
  キープを。

○切る&すぐゆでる
 切るときには湯をスタンバイ。
 切ったそばから、切った面同士がくっつくので注意。
 (打ち粉をおいたバットにとってもいってもよい)
 左手をあまり押しつけないこと。
 ゆでると2倍くらいになることも計算に入れて切ること。


書いた人 nippon | comments(1) | - |




コメント

おいしそうじゃないですか
ねぃちゃん | 2012/05/04 2:12 PM


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Link

Profile

QRコード