My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< ウオーキング大会の運営(1) | main | お酒のない国に行きたい >>

ウオーキング大会の運営(2)

2.予算について
収入・・・参加料、行政の助成金、スポンサー助成など
支出・・・印刷費、スタッフ経費(弁当代など)、参加賞、消耗品費(完歩証作成費用、ゴミ袋、各種文具、給水用お茶・水、アメなど)、保険料

参加料はこれらの収支を考慮して設定します。

給水やアメの配布はあくまでもサービスです。
「ウオーカー自身が準備すべき」と考えている大会主催者もありますので、必ずしも必要ということではありません。
購入・運搬等でスタッフに負担もかかります。どちらかと言えばこれらを行う大会が多いので、給水を行わない場合はその旨(「水分は各自で準備を」など)をチラシに挿入しておいてもいいかもしれません。
スタッフがすべてボランティア参加、給水無しであれば保険料のみ(通常50円/人程度)を大会参加費としてもかまいません。

定期的に開催する場合や、近い時期に他のイベントを行う場合は参加賞、ドリンク類を支障のない範囲で使い回すことも可能です。


<関連して募集方法別のメリット・デメリット>
(1) 事前受付のみ 
→ 準備がやりやすい反面、直前に開催を知った方の当日参加を制限してしまう

(2) 当日申し込み可能 
→ 当日受け入れが可能である(突発的な参加を期待できる)反面、見込みがたちにくい。
台風等で中止の場合でも、当日誰かが現場に行かないといけない。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Link

Profile

QRコード