My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 伊勢うどんでも赤福でもなく | main | カクテルに柑橘類を入れ始めた人はいいセンス >>

解説入りの本のほうがよい(私には)




岩波文庫版の「自省録」は、少し前に買った。

四書五経とかこういった哲学書は一読すると言うよりは、何度も何度も見返すものだと思っている。

文庫版の大学とか論語、六祖壇経などワンセンテンスごと解説が入っているほうが読みやすいし区切りもつけやすく慣れているし好みでもある。

で、前述の岩波文庫版の「自省録」は、原文訳のみなので、ボリューム的にかなり多いうえに、一つ一つを自分で解さなければならないので、時間のある学生から二十代の頃ならいいが、それは今は難しい。

こういった訳のついたものは、多少訳した個人の好みも入るかもしれないが、感じ取るのはこの手の本を読みつくした読者が多いだろうから、それはまあいいだろう。

本編が長いゆえ、ある程度ピックアップされたものに限られているが、これがなかなかいい。

個人的には本編をさっと読んだうえで、こちらを読むことをオススメする。


書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< March 2021 >>

Link

Profile

QRコード