My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 早起きして阪神キャンプ地安芸市でウオーキング。雨がやむとよいのだが。 | main | ビデオテープ再生時に画面が波打つ&ピー音 >>

天命つきるその日まで やなせたかし



やなせたかし先生が亡くなられた数日後、偶然目に飛び込んできた一冊。

刊行されたのはちょうど1年前のエッセイ集である。

ここ数年は、視力低下により本当に苦労しながら創作を続けていたことなどが中心に書かれている。

90を越えて以降、どんな思いで先生が過ごされていたかが淡々としたタッチで綴られている。
あまり内容を書いても何なのでこのへんで。

先生と関わりを持った人の一人でも多くに読んでいただきたい。



アスキー・メディアワークス刊

書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Link

Profile

QRコード