My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< やはり砂上の楼閣 | main | 硬式用の金属ノックバット >>

スポーツウェアの選び方(もう1回)

中途半端になりつつあるが、継続してみる。
とりあえず、アウター上下をベースにしている。

<ブランド>
人それぞれ好みはあるだろうが、同じブランドのほうが作りが似ていることが多く、あまりあちこち買わない方がいい。
私は、最近はミズノを基本にし、数が必要なものは若干価格設定が安め(というか安売りされることが多い)のSSKなどを購入している。
ただ、パンツのシルエットやウエストゴムのしまり具合は、同じブランドでも異なるので、通販の場合は部分サイズやシルエットを十分確認したい。

パンツについては、裾のカットできるものとできないもの(ジッパーやヒモ付き)とがある。
丈は靴を脱いで室内で多少ウエストがズリ落ちても(ここでウエストゴムの程度が大きく影響する)、かかとに引っかからない程度がベスト。
長すぎて困ることはあっても、短くて困ることは少ないゆえ、どっちかといえば短いほうがいいが、スーツと違い、カット後は折り返しが少ないため再び長くすることはできないので短くしすぎには注意。

<生地>
また書くが、スポーツウェアには、大きく2種類ある。
○ジャージ系
○ナイロン系
生地については、「(プランド料を加味した)値段どおりの性能」と考えればいい。
同じナイロン系でも、いいものは保温性・通気性に優れ、一年のうち割合長い期間着られるが、安物は着てるだけで性格が悪くなりそうなモノもある。
某テニス&タイヤブランドD社のマイクロファイバー素材なるものの上下を超格安で購入したが、サウナウェアのようで、裏地にメッシュは付いているものの、肌へのヒッツキ感がすさまじく、二度とスポーツ時には着たくない(笑

以下、ナイロン系限定
○裏地なしの一枚もの
 メッシュも付いてない一枚生地。
 温暖化の進む昨今では寒い時期以外はOK。
 生地素材が悪くなければ快適。
 白でも不思議と下着は透けない(笑
○裏地あり(メッシュが多い)
 メッシュがあるからといって、暖かい(暑い)わけではない。
 着心地の問題だろう。
○裏地あり(全体的にある程度は薄い、保温機能のある生地など)
 裏地はトリコット素材やブレスサーモなど。
 動きを妨げない程度の厚さなので、冬場に着用する。
 気温が15度を超えると内側の着込み方にもよるが、着ていて暑くなる。
○裏地あり中綿入り(そこそこ薄いモノ)
 運動にはOKだが、上着は結構運動時の負担に感じるので、厳寒時のウオームアップ時のみ着用し、それ以外はフリースなどを内側に着て、上着は厚くないものを着たほうがいい。
 パンツについても、厚いアウターを1枚買い増すより、防寒インナーを数枚買ったほうが着用の調整がしやすい。
○裏地あり中綿入り(厚いモノ)
 スポーツ着というより防寒服系の厚めのものは、冬場の競技会場のスタッフ用にはいいが、運動には向かない。

また、フリースはアウターにもインナーにも防寒用には適した素材である。
その保温性ゆえ、日中の気温の上がり具合によっては、逆に暑くなることがあるので、アウターまたはインナーで調整できるような着方にすること。


<カラー>
ざっと、白・赤・紺・黒・灰色系に分かれる。
白は泥汚れが目立つ(意外と落ちない生地あり)ので、土に触れる競技にはオススメしない。
赤は黒にも紺にもあわせやすく、つぶしがきく。
黒と紺はあわない。
上下や、アウター、インナーで色がばらつくことのないよう、コーディネートを意識して買うこと。
上下セットで安い場合、上下セットの品でも「上だけ販売」あるいは「下だけ販売」のため安い場合とがある。
私は、どちらかといえば別々に買っている。

<シルエット>
試着や画像でよく確認すること。
自身へのフィット感と自分の競技がやりやすいかどうかが重要。
水泳・陸上競技用に作られたものは、タイトな感じのものが比較的多いので、ガタイのいい人は避けた方が無難。

<インナー>
暖かくかつ通気性のよいブレスサーモ製品が最強。
あとはグンゼBODYWILDとか。
その他のもので代用してもいいが、シャツにしてもアンダータイツにしても通気性がいいものでないと日中気温が高くなった場合や室内では、暑いだけで着心地最悪なので注意。

<最後に>
ジャージ類はピカピカより、ちょっと色あせている程度に着込まれているほうが個人的に好きだ。
着慣れてくると、翌日の気温を見てどういうコーディネイトをすればよいかわかるようになってくる。


※補足 NIKE(ナイキ)などのサイズについて
ナイキジャパンのものでもUSサイズの場合がある。
「Lサイズを買ったが、日本製のLL〜3Lくらいのサイズだった」ということがありがち。
試着・サイズ確認をきちんとすべし。
アンダーアーマーもしかり。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Link

Profile

QRコード