My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< ウオーキング前にはストレッチをしましょう | main | おおっ!デジカメ水没から復活 >>

携帯 デジカメ  水没  応急処置

先々週末、ウオーキング中に急にスーパー豪雨状態となり、手持ちの電化製品である携帯とデジカメを即バッグにしまった。
「ポリ袋に入れた方がいいかな」と思いつつ、一応バッグに防水効果はありそうだった(内側がビニールっぽいやつ)ので、そのままで。
しかし、雨が本当にバケツをひっくり返したように30分ほど降り続き、小雨になったところでバッグをのぞいたら、なんと底のほうが池状態!!

避難させたが、すでにデジカメは液晶部分がフラッシュのように点滅中・・・

さらに1時間歩いてウオーキング終了後、帰りの車中で電池を外し乾燥させることに。
帰宅後、除湿器のそばに数日設置した後、電池を入れてスイッチオン!
携帯は、ノーリアクション。
デジカメは、電源ランプが点滅するがレンズ・液晶とも機能せず。
見事なまでに両方シボーでした。
携帯依存度は低いのでデータはどうでもいい(というかFOMAなんで旧使用機にほぼデータが残っている)が、まだ新品に交換してひと月なんだよなあ 。・゚・(ノД`)・゚・。


<私の間違った点(推定含む)>
・電池をすぐに抜かなかった
 →電化製品ゆえ、ぬれた電池は当然よくないらしい

・対応が遅かった
 →一般的には、即時対応が推奨されている。
  数日置くと内部のサビが広がるのでよくないのである。
  帰路途中、ショップに立ち寄り相談する方法もあった。
  帰宅後すぐエタノールで機械内部を洗浄後、乾かす方法もあった。
  (エタノール袋フリフリ洗浄は、正しい方法かどうかは不明)


・前段として、雨からのガードが甘かった
 →今回は手違いでいつものバッグを忘れていたのも災いした。
  ついてないな。私の人生と同じだ。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Link

Profile

QRコード