My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< まただよ | main | 歓送迎会 >>

レザーの誘惑

 私は、革製品オタクである。

 革のコート・ジャンパーにはじまり、システム手帳、小銭入れ、デイリーユースのカバンと、多くのレザーグッズに囲まれて暮らしている。
 「ひとつで十分でしょ」と、多くの人におしかりを受けそうだが、中には複数持っているものがある。

 小銭入れは、現在4つ。
 最初に買ったものが、長年の使用により、非常にみすぼらしくなってきて、新品を購入。
 しかし、これが、一流ブランド品なのに、コインが抜け落ちてしまう不良品。さらにひとつ購入したが、これが早々に故障。ボンドでくっつけているが、デイリーユースには心もとない。
 で、さらにひとつ購入。これは、ヘルツというブランドのもので、全幅の信頼をおいており、一生使えるかもしれない。
 不良品と故障品は、仕事場のデスクの中で、財布がふくれすぎたときに、コインを保管している。
 最初に買った物は、部屋でポケットに入れておいたコインを一時的に保管したり、時には1円玉、5円玉専用にしたりしている。

 次にカバンである。
 前出のヘルツのものを購入し使用していたが、サイズが今ひとつ小さく、外国製の少し大きめの物を購入。
 こちらは数年使っているが、かぶせの部分の長さが中途半端で、非常に使い勝手が悪い。
 ということで、数ヶ月前に別の品を購入し、ヌメ革なので日の当たる場所に置いておいて、色が変わるのを待っているところであった。
 しかし、先週、とあるHPで運命的(?)な出会い。
 私が長年探していたデザインのものが、数量限定で販売されていた。
 1日目、残り36個。
 自分の中で、購入する言い訳を探すが、見つからない。
 2日目、残り数が激減し、12個!
 「モノとの出会いは運の問題。その時を逃すと2度と会えない」という時計コレクターの言葉が脳裏に。
 思わず、注文。
 「現在、色を焼いているものは、安く入手したので、ヤフオクで元は取れるだろう」というのが、今の言い訳。
 残り2つも、小銭入れ同様、用途を分けて使っていくつもりである。

 しかし、革のカバンというモノ、決して使い勝手はよくない。
 私は人によく「そんな大きなカバンに何を入れているの」ときかれるが、伸縮性が全くないため、見た目ほど物は入らないのである。
 少し大きめの物を入れたら、変な形にふくらんでしまい、これまた見た目が悪い。
 にも関わらず、私が革製にこだわる理由は、とことん使い込んでみたいからである。
 数年後、「だんだんいい感じ」になったのを、一人でこっそり楽しみたいという、密かなたくらみなのだ。
書いた人 nippon | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://nippon.tblog.jp/trackback/16663
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
<< February 2021 >>

Link

Profile

QRコード