My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< ウオーキング指導員認定講習会情報(四国・高知県) | main | 新社会人の皆さんへ(6) >>

高知ファイティングドッグスを残そう!

注)以下の文章は月刊「犬づくし」(2007年10月特別号)から、作者の許可を得て引用しております。

−(引用開始)−

四国アイランドリーグから、高知FDが消える…?!

高知ファイティングドッグスは今年限りでなくなるの?

高知は小さな野球チームをひとつ維持することすらできないのか…? そんな気分にさせられる発表がありました。高知FDの経営者公募のニュースです。今年10月中旬までに経営者が見つからない場合、高知FDの活動が今年限りで休止に追い込まれる可能性が出てきました。

鍵山誠IBLJ社長の記者会見(9/18)によると、チームの運営費は年間で約1億円。収入は3,000万円程度で、残り約7,000万円の不足分は現在リーグが負担しています。新しい経営者には、リーグからの分配金の補填もあり、このうちの3,000万円程度を負担してもらいたい考え。高知以外の3県のチームは、既にそれぞれの地元企業が経営しており、いまだに経営者が見つかっていないのは高知FDだけ。リーグ側はこの2年間、高知県内企業を中心に10社近くと交渉してきましたが、見つからないまま今に至っています。会見中にあげられた「経営者が見つからない主な理由」は次の2点です。

経営者が見つからない理由・その1
インフラ <球場設備の劣悪さ>
プロ野球のキャンプ地を名乗りながら、野球場設備は全国でも最低レベルの高知県。ナイター設備のある球場がひとつもなく、ほとんどの球場に屋根がなく、観客席はボロボロ。条例によって定められているため、球場内でビールを売ることすらできません。球場内での飲食物販売は、球団にとって利益を得やすい分野ですが、高知の場合はその収入の道も閉ざされています。
平日もデーゲームしかできず、観客を集めようにも思うようにはいかない状況。そして屋根のない球場では、真夏の炎天下も、小雨が降る梅雨時も、観客は野ざらしのスタンドにいなければなりません。その上、ビールも軽食も買えない。本来楽しいはずのブロ野球観戦が、高知の場合、観客にまるで苦行を強いているような球場がほとんどです。(そんな環境下でも観戦に来てくださっているファンの皆さん、本当にありがとうございます!)そうした状況では観客数におのずと限界があり、それがスポンサー不足につながっているようです。

経営者が見つからない理由・その2
高知の経済状況
高知県は四国4県の中で経済状況が最も厳しいと言われています。それが、経営者が見つからない原因の1つだと、鍵山社長も会見で指摘しています。確かに、年間3,000万円を1社が一手に引き受けるのは困難かもしれません。そこでリーグでは何社かの共同経営やリーグとの共同経営の形も考えています。

以上の2点の理由は、9月18日に高知県庁内で開かれた
鍵山誠社長の会見で明らかにされたものです。

=========================

四国アイランドリーグ2007
公式戦・交流戦 観客動員数


前・後期(〜9/17まで) 公式戦・交流戦[全174試合]
4県来場者総数 186,634人
1試合平均    1,073人

2007前後期・交流戦 来場者総数 1試合平均人数
 愛媛[44試合]    48,382人   1,100人
 香川[41試合]    65,433人   1,596人
 徳島[44試合]    43,124人    980人
 高知[45試合]    28,790人    640人
※2007年9月18日の記者会見場(高知県庁2F)で配布された
資料より抜粋。

=========================

経営者 公募!
条件は…?

経営者公募の条件は、特にありません。個人、法人は不問。単独でも共同経営でも問題ありません。県外在住でも構いません。リーグ側は「高知という土地に愛着を持ち、野球を愛する人なら誰でも歓迎」としています。
ただ、なるべくなら県内に活動拠点を特っている方のほうが、地域密着の意味でのぞましい、としています。

もし休止になったら…
一時的な休止、という見方も一部で報道されていますが、おそらく一度休止になれば再び動き出すのは至難でしょう。四国ILの中で高知FDだけが活動休止となれば、全国に報道され、「高知=スポーツ後進県」のレッテルを貼られる事態は避けられないと思われます。そして今後、野球以外のあらゆるスポーツ(例えばサッカーなど)が高知県に根付くことも難しくなるかもしれません。高知FD休止の影響は、野球だけにとどまらない多くの問題をはらんでいます。 

現段階では、10月中旬の公募締め切りを待つ意外ありません。経営者が見つからない場合、即休止となるのか、せめてもう一年探すことになるのか未定です。

・・・そこで!
地元の有志の皆さんが、高知ファイティングドックス球団存続のために立ち上がりました。その名も
『高知ファインティングドックスを残そう会』実行委員会!
9月26日(水)18時に高知市はりまや橋商店街で決起集会が開かれました。

高知ファインティングドッグスを残そう会
代表 山本良喜(はりまや橋商店街振興組合事務局長)


高知の誇るべき野球チーム「高知ファインティングドッグス」を守るために立ち上がった、高知県人による会です。会の主旨をご理解いただき、ご協力をお願いいたします。

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

高知FD支援金 ご協力のお願い。
高知県内をはじめ、全国からも広く義援金を募集しています。
寄付された浄財は、高知FDの運営資金に充てられます。ご協力をよろしく
お願いします。

支援金口座番号は
四国銀行 本店 普通預金 1707571
高知ファイティングドッグスを残そう会
代表 山本良喜 (はりまや橋商店街振興組合事務局長)

この募金についてのお問い合わせ
TEL 088−882-4174(はりまや橋商店街振興組合)
TEL 090−8283−3956(キャサリン甲藤/ファイティング娘。代表)

☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆

−(引用終わり)−
書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< March 2021 >>

Link

Profile

QRコード