My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< ○| ̄|_ | main | オイルヒーター >>

市町村合併ファイナル

 言うまでもなく、「本年3月31日までに、知事への申請を行う」ことが、今回の合併の最終期限である。

 ここにきて、駆け込みが予想外に多い状況となっている。
 そのほとんどが、以前の枠組みから、合併に反対した市町村を除いたかたちで行われているが、中にはまったく同じ組み合わせのものもあり、首長・議会の危機感が感じられる。

 地方交付税は、固定された額を配分する性質のものである。
 今後は、合併特例債をはじめ様々なかたちで、合併市町村に優先的に配分されるので、当然残りは今までより少ないこととなり、それを合併しない市町村で分け合うこととなる。
「交付税で財源補償されるので、合併しなくても大丈夫」という人がいるが、これは大いなる勘違い。
 これで大丈夫というなら、過去、赤字に陥った自治体が存在したことが説明がつかない。
 ましてや、財政危機に陥った場合、合併したところとしなかったところとで、国が後者に手をさしのべるとは考えがたい。

 合併したからといって、即座に裕福になれるわけではない。
 当面は、合併しない場合と同様、効率化との戦いである。
例えは悪いが、合併すれば地獄の上のほう、しなければ地獄の下のほうといった感じだろう。
 少しでも上にいたほうが、多少の光が射し込むことにより、道も見つけやすいのである。

 合併しない、または、できない自治体にとっては、全国の市町村数が4割減となっても、まだ数多くの同士(行く末は分からないが)が、いることだけが救いとなるであろう。
書いた人 nippon | comments(0) | trackbacks(0) |




コメント


コメントを投稿する














この記事のトラックバックURL

http://nippon.tblog.jp/trackback/14686
トラックバック




カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
<< February 2021 >>

Link

Profile

QRコード