My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 機雷除去に命をかけた男たち(下)(国際派日本人養成講座から) | main | 自転車いじり >>

願わくば

昨日日曜日は、某酒場の関係者恒例の花見だったのだが、土日は風邪とも花粉症ともつかない状態で、果てしない頭痛とそれ相応の症状に悩まされ、行くことがかなわなかった。

例年、遅い日の設定で、あちこちから文句を言われ、今年は一週間早めた結果、絶頂期だったようであるから、なおさら口惜しかった。


まあ、今日の情報によると、過日の酒席で
「さっき、私のこと触ったよね」
「は? 触ってないよ」
「絶対触ったってば、何考えてんの!」
みたいなやりとりをした女性が、同じ会場に別組で来てたようであるから、神様が行かせなかったのだと好意的に解釈することにした。

ここで一句
願はくは花の下にて春死なん そのきさらぎの望月のころ
宴席の主催者が好んでいる西行の歌である。


草野マサムネのダウンをチケットを買ってる周囲の連中も。そろそろ心配している。

同じパンクルーツの同級生世代として、今の年齢で個人的に置かれている環境のキツさは理解できる。
「揺るがないベースはあるんだけれども、じゃあ何なんだ」みたいな。

個人的に好きな曲は、「空も飛べるはず」「ロビンソン」「チェリー」「スターゲイザー」の4曲。

こと「スターゲイザー」は、TV番組の主題歌だったから、軽く見られがちだけど、本物だよ。羊にとってはね。

書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Link

Profile

QRコード