My First T-Blog

虎式ブログサービス
最近のエントリー

最近のコメント

カテゴリー

バックナンバー

<< 愛国心で経済再生(国際派日本人養成講座582) | main | 日本は小さな政府なのに(1) >>

日曜の夜に思うこと

毎日毎日持病でロクに眠れない中、先週金曜日はわけあって早い時間から飲んでいたのだが、当然といえば当然のごとく体にこたえて、携帯の履歴から見ると午後9時には帰宅したらしい。
土曜日は朝10時頃起きたので、12時間くらいは「寝だめ」ができたってことか。
しかし土曜日は「O−157」に冒されたかと思うくらいにトイレに何度も通い、やっと収まってから3時間ほど夕寝。
再度午前4時に寝付いたが、朝7時前起床で16キロのウオーキングに参加。
そのまま今に至っている。

「運動すれば眠れる」とか言うけどさ、個人的にはウオーキングだったら30とか40とか歩かないと無理みたい。


学生の頃、ビデオ店でアルバイトをしていた友人が何本かのビデオを撮って送ってくれた。
その中に、「再会の街/ブライトライツ・ビッグシティ」(1988)があった。
今となってはストーリーの詳細は覚えてはいないが、オープニングでマイケル・J・フォックス演じる主人公が、明け始めた繁華街で「日曜日の午前5時、僕はここにいる」みたいなことを語っているシーンが印象的だった。
要するに主人公は失恋だなんだで堕落していたワケだが、日本のバブル期とあいまって、何とも・・・ って感じだった。
(この映画は、現在でもネット上の評判はよくない。24で有名になったあの人が出てたりするが)


昔、どっかの本で「日曜日に夜遅くまで遊ぶこと恐れてはいけない」みたいなことを読んだ記憶があって、別に日曜日の夜更かしをどうこうは思わない。
私の場合、これが月曜からも続くことが問題なんだよなあ。
書いた人 nippon | comments(0) | - |




コメント


コメントを投稿する













カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< March 2021 >>

Link

Profile

QRコード